「ハートブレイク・レストラン」松尾由美

Catégories: / /

 [amazon]
まだまだ駆け出しの28歳のフリーライター・寺坂真以が主に仕事場としているのは、近所のファミリーレストラン。ノートパソコンや手帳、携帯電話などをリュックに詰めて出かけていきます。そしてそこで出会った謎を、幸田ハルというおばあさんの助けを借りて解いていくという連作短編集。

いわゆる日常の謎物。ここに登場する幸田ハルというおばあさんは、このファミリーレストランが建つ前に、この辺り一帯の敷地の持ち主だった女性で、20年前に既に亡くなっています。つまり幽霊ということ。この設定が松尾さんらしいところですねー。彼女は生前の暮らしを懐かしんで、時々ファミリーレストランに現れるんですが、みんなに見えるというわけじゃなくて、見える人と見えない人がいるという設定。
で、このおばあちゃんが何とも愛嬌があって可愛いんです。特に冒頭の「ケーキと指輪の問題」で、せっかく解いた謎が仕事の役には立たなかったと分かった時のおばあちゃんの反応といったら...。あまりに可愛らしくて、一気にファンになってしまいました。松尾さんらしさはそれほど強烈ではないので、松尾ファンの私にとってはちょっぴり物足りなさも残るんですが、逆にこういう作品がファン層を広げるかも? ぜひ続編も書いていただきたい作品です~。(光文社)


+既読の松尾由美作品の感想+
「雨恋」松尾由美
「ハートブレイク・レストラン」松尾由美
「いつもの道、ちがう角」松尾由美
「安楽椅子探偵アーチー オランダ水牛の謎」松尾由美
「九月の恋と出会うまで」松尾由美
「人くい鬼モーリス」松尾由美
「フリッツと満月の夜」松尾由美
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(4) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「ハートブレイク・レストラン」松尾由美 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

ハートブレイク・レストラン松尾 由美 光文社 2005-11-19 売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools 幸せな... » Lire la suite

Commentaires(4)

四季さん、こんにちはー。

ハルさんの設定、よくよく考えてみると、かなりヘンですよね(笑)。
でも、最後の最後でぽーんと投げ出され、あっけにとられたまま終わってしまい、
泣くに泣けない作品も多々ある中で、
ここまで読み心地が良い作品も、珍しいんじゃないかと思います。
初心者向け、かしら?
でも、大好きー♪ハルさんがめちゃキュートなんですもん♪
続編をぜひとも執筆していただいて、ハルさんと再会したいです。

七生子さん、こんにちは!
ハルさんの設定には、実は結構無理があると思うんですけど
でも松尾さんの作品だから、なんとはなしに納得させられてしまいます。(笑)
ほんと、読み心地がいい作品ですよねー! ハルさん、大好き!
松尾さんの作品って結構クセが強いのが多いけど、これは人にオススメしやすいかなと思います。
続編もぜひ書いて頂きたいですよね♪

こんばんは。
ハルさんのキャラクターがとっても良かったですよね。
松尾さんの作品って、なんとなくどれも続編ができそうで、ついつい期待しちゃいます。
トラックバックさせていただきました。

藍色さん、こんにちは。
ハルさん、可愛いですよね。大好きです~。
でも私も続きを期待してるんですけどねえ。出てないですねえ。
この1冊で終わらせてしまうなんて、勿体ないですよね。
ぜひ続編を書いていただきたいな。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.