「ゲド戦記」アーシュラ・K・ル=グイン

Catégories: / / /

 [amazon]
「影との戦い」「こわれた腕環」「さいはての島へ」「帰還」「アースシーの風」「ゲド戦記外伝」の6冊。以前4巻まで読んでいて、その「帰還」に「ゲド戦記最後の書」という副題がついてるんですよね。まさかその後5巻と外伝が出るとは! 先日6巻セットを貸してもらったので、いい機会だし最初から全部読み直してみました。

主人公はゲドという魔法使い。1巻の「影との戦い」で登場するゲドはまだ少年です。強い魔法の力を持っているのを見出され、魔法使いたちの学院で正式に魔法について学ぶことになるんですが、自分の力を慢心して、若気の至りでとんでもない事態を引き起こしてしまう... という物語が、この「影との戦い」。そして1巻進むごとに何年も経過していて、最終的に「アースシーの風」の頃のゲドは、なんと70歳ぐらいのおじいさん。(笑)

このゲド戦記、最初は全3巻の作品だったんですよね。最初の3冊は、色々なメッセージを内包してはいるものの、純粋に異世界ファンタジー。でも3巻から16年経って刊行されたという4巻は、どうもフェミニズム論が前面に出すぎていて、初読の時はあまり好きになれなかったんです。ゲドも初老の域に達してるし、3巻の時に力を使い果たしてしまって既に大魔法使いでもなくなってしまってるし、ファンタジーというジャンルを離れてしまったような気がして。4巻であれだったら、5巻では一体どうなるんだろうと思ってあまり期待してなかったんですが... いやー、良かったです。この5巻があって初めて、物語全体が綺麗に閉じたという気がします。それまで当たり前のように受け止めていたこの世界の前提があっさり覆されて、初めて正しい姿がくっきりと見えてきたという感じ。
ゲドが「影との戦い」での失敗のせいですっかり内省的になっちゃうんで、全体的にあまり明るい雰囲気ではないんですが(笑)、でもやっぱりいいです、ゲド戦記。世界の奥行きも抜群。やっぱり今回最初から読んで良かった! 名作ですね。


そして次のジブリは、この「ゲド戦記」なのだそうです。びっくり~。一体どんな感じになるんでしょうね。っていうか、一体どんな風にまとめるつもりなんでしょうね? と思ってたら、ココの記事にありました。3巻を中心にまとめるんですって。ゲド、なんだか脇役になっちゃいそうだなあ。(笑)(岩波書店)


+既読のアーシュラ・K・ル=グウィン作品の感想+
「闇の左手」アーシュラ・K・ル・グイン
「ゲド戦記」アーシュラ・K・ル=グイン
「夜の言葉」アーシュラ・K・ル=グウィン

| | commentaire(7) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「ゲド戦記」アーシュラ・K・ル=グイン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

「影との戦い-ゲド戦記1-」ル・グウィン(1976)☆☆☆☆★ ※[933]、海外、ファンタジー、ハイファンタジー、児童文学、闇、人間 ネタばれあり!と... » Lire la suite

Commentaires(7)

こんにちは~、四季さん。

うわーすごくタイムリーな時に読了されたのですね。
私も「ゲド戦記」は4巻であれれと思ってしまっていたのでその後は未読のままでした。
でも四季さんの日記を読んでやっぱり物語は最後まで読まないと分からないのだなぁと。(^^ゞ

しかし指輪物語、ナルニア、ゲド戦記と名作がどんどん映像化されていってますね。
ちょっと微妙と言えば微妙な気持ちなのですが・・・。
やはり本でしか味わえない良さってあると思うので。(^_^;)

そうなんですよ、もうびっくり!
まだ感想を書いてなかったので、また暇な時にでも…なんて思ってたんですが
あまりにタイムリーなので、慌てて書いてしまいました。(^^ゞ

エルフさんも4巻であれれだったんですね。お仲間~。
でも1度読んで免疫がついてたせいか、今回は割とすんなり読めたし
5巻まで通して読むと、やっぱり必要な流れだったのかなと思いましたよ。
エルフさんも、ぜひぜひもう一度試してみて下さいませ!

でもほんと、どんどん映像化されていきますね。
あ、私も、本でしか味わえない良さって絶対あると思います!
「ロード・オブ・ザ・リング」は好きだけど、でも「指輪物語」はやっぱり別格だし…
ナルニアは、余程評判が良くない限り、見ないような気がします。(^^ゞ
ゲドはどうかなあ。
「指輪物語」や「ナルニア」ほどの思い入れはないので(大人になってから読んだので)
その2作品ほどではないのですが… でもやっぱり複雑ではありますね。(^^ゞ

ずっと前から気になってた「ゲド戦記」。
四季さん読まれないのかなー、って気になってたんです。(大きなお世話ですね。)
そして、四季さんの感想を見るまで待つ私。(笑)
これは読まねば!
とりあえず、母に読ませてー、それからということで。
ジブリの映画化は、すごく嬉しいです。
DVD出たら買おうかなー。気が早すぎ?

あらー、実は期待されてたんですね。(笑)
この6巻セットを借りたのは、ちょっと前なんですけど
積読本消化の方に気が行ってて、読むのが遅くなったんですよ。
と思ったら、ジブリとタイミングがぴったり。びっくりです。

>とりあえず、母に読ませてー、
お母さん、お毒見役ですか?(笑)
うちでも、母が読みたがっていて、私が読むのを待ってましたよ。
母もジブリが好きなので、映画が楽しみだろうなあ。
きっとDVDが回ってくることになると思います。(笑)

久々に再読をしてみたりしてます。再読含め、色んなファンタジーのリーズものを食い散らかしています(苦笑)。ただ、再読したら、思ったより大作ではなかったんだなぁ・・(苦笑)。すごい、大作だったというイメージは、名作の所以でしょうか?

あ、ファンタジーの「リーズ」でなく「シリーズ」でした・・。

んんー、それほど大作ではないですか?(笑)>ゲド戦記
でも、最初に読んだ時のイメージというのは大きいですよね。
それが子供の時の出会いだったら尚更…
私は最初に読んだのが大人になってからだったんで、あまりギャップはなかったんですが
すのさんの中でイメージがどんどんふくらんでたのかもしれないですねー。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.