2005年度マイベスト本

Catégories:

いよいよ年末も押し迫って参りました。私もいつまでも本の感想ばかり書いてるわけにもいかないので(笑)、2005年度のエントリ、そして読了本はこれでもう打ち止めにしてしまおうと思います。ということで、今年最後のエントリは、2005年度のマイベスト本! 先日たらいまわし企画でも出したんですが、それ以降、1位に変更はありませんでした。2005年のマイベスト1は、水村美苗さんの「本格小説」です!

 
これを読んだ時のブログの感想はコチラ。いやー、やっぱり強かった。これは10月に読んだ本です。1月に読んだ本がいくら良くても、やっぱり1年の後半に読んだ作品の方がどうしても印象が強くなっちゃうので、結局順位なんてあってないようなものなんですけど、それでもやっぱり「本格小説」は良かったです。

そして2位から5位は、下記の通りです。
2位 「アナン」(梓河人・飯田譲治)
3位 「自転車少年記」(竹内真)
4位 「レヴォリューションNo.3」(金城一紀)
5位 「最後の願い」(光原百合)


それではみなさま、今年1年本当にお世話になりましてありがとうございました。サイトやブログにお邪魔しても足跡をあまり残してないのは前からなんですが...(ダメダメ)、今年の後半はネット時間にしわ寄せが来て、特に愛想がなくてごめんなさい。来年は祖母の家に通う回数が減る予定なので、もう少し落ち着けるかも? というか、もう少し落ち着いた生活がしたいです。
来年もまたどうぞよろしくお願いいたします。良いお年をお迎え下さいませ。(新年は1月3日か4日から更新の予定です)

 
2005年の総読書数は470冊。去年よりちょっとだけ少ないですが、今年も良く読みましたー。移動が多かったおかげですね。電車の中の読書がやっぱり一番はかどります。(笑)
そして今年こそはベスト20に絞るぞ! と決意していたのですが、結局絞りきれず、苦肉の策で「小説部門ベスト20」と「小説以外ベスト5」にしました(^^;。選び方は例年通り、1作家につき1作品、再読は含まず、というだけで新作旧作関係なく選んでます。ジャンルは年を追うごとにバラバラになってきてますね。ミステリに対する興味は大幅に減少中。5年前にサイトを作った時は、9割方がミステリだったし、今も一応表向きはミステリサイトなのに...。(もちろんこれからもミステリは読みますが) 今年強かったのはファンタジー系でしょうか。石堂藍さんの「ファンタジー・ブックガイド」まで入ってるのがご愛嬌です。(でも絶対入れたかったんだもん!) ここでは表紙の画像を出すだけにしておきますね。(画像が出なかったのもありますが) 尚、画像の順番は順位には関係ありません。詳しくはLivre資料室にアップしましたので、よろしければどうぞ。
でも順位をつけるのって、本当に大変。そもそも選ぶこと自体が大変だし、あれを入れるならこれも選びたかったのに、という作品も色々と。でも迷うほど沢山いい本に出会えたということは、幸せなことだし! 2006年も沢山の素敵な本に出会えるといいな♪


                           
 
積読本は、ようやく60冊を切ったところ。(多分) これだけ読んでもまだ60冊あるっていうのが、一体何なんだって感じなんですが...(^^; しかも今年こそ50冊を切りたかったのに、達成できなくて残念。でも徐々に身軽になってきて嬉しいな。来年こそはもっと身軽になるぞ!
来年の目標は「買った本は旬のうちに読もう」です。読む気満々で買った本も、一旦積んでしまうと意気込みが薄れてしまうので...

| | commentaire(26) | trackback(8)

Trackbacks(8)

2005年度マイベスト本 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

童話物語〈上〉大きなお話の始まり向山 貴彦 Amazonで詳しく見る bk1で詳 » Lire la suite

では、いきなり順位なしベスト3を発表!!! まずはユーモア家族小説の傑作 書評No559 ◎◎「厭世フレーバー」 三羽省吾 これを入れなきゃ始まらない... » Lire la suite

年がかわってしまったけれど、2005年のベストを記録。発行年ではなく私が読んだも » Lire la suite

ベストとか星とかはあまり得意なほうではありません。すべての作品に価値があると思いたいほうなもので。とはいうものの、これだけ観たり読んだりしてくると、なんでもかん... » Lire la suite

2005年に読了の本は目標の300をなんとかクリアと言う所。 その中からMYベストを選んでみました。 条件は例年通り設けました。 ●05年発行もしくは文... » Lire la suite

いつの間にか2006年も8日を過ぎちゃって、な?んか今さらって感じですが、 「2005年これだけ読んだ」年間ベストの披露でございます。 ちなみに2003... » Lire la suite

遅くなりましたが、私が2005年に読んだベスト本の発表です。 オススメできる順位ではなく、あくまで私の好みのみで順位付けしています。 既刊・新刊は問わず、シリー... » Lire la suite

2005年読了本ベスト 1.ナラタージュ【感想】 2.本格小説【感想】 3.オリ » Lire la suite

Commentaires(26)

おはようございます。

待っていました、四季さんのベスト。(^・^)
おぉこれはまた未読の作品が多くて来年はメモして図書館に走らないと(笑)。
とくに2位の「アナン」の感想を読んですごーく読みたくなりました。「ぼくとアナン」も一緒に読んでみようと思います。どちらを先に読むか悩んでしまいますね。
そうそう3位の「自転車少年記」は出版時に購入したのですがそのまま積読本に。(>_<)
読むタイミングって一度失うとなかなか手に取らなくなっちゃうのですよね。
四季さんと同じく私も「買った本は旬のうちに読もう」というのを来年に目標にしたいと思ってます。本当勿体無いですものね。(^^ゞ

それでは今年も色々とありがとうございました。来年もどうぞ宜しくお願いします。
では良いお年を~。(^^)/~~~

四季さん、こんにちはー。
…。470冊!そんだけ読めれば十分かと。ぼそり。
1位の作品、結局、揺るぎませんでしたねー。
ベスト5までの未読の作品『アナン』は、ぜひ来年に読んでみます。
「小説部門ベスト20」と「小説以外ベスト5」もじっくり拝見させていただきますね。
未読の作品は鋭くチェックして、来年のお楽しみに♪

四季さんのおっしゃる通り「買った本は旬のうちに読もう」が
実行できればいいんですが、、、。
私もしっかとこの言葉を、胸に刻みたいです。

今年もいろいろいろお世話になりましたー!
来年もよろしくお願いします。またお世話になります(笑)。
良いお年をお迎えくださいませ~!!!

四季さん、こんにちは。

おおーっ470冊!素晴らしいですね!
ベスト20も見させていただきました。
幅広い読書でうらやましいです。
『オルファクトグラム』は私も大好きです。
最近新刊が出てない井上夢人さんですが
来年の1月に『ザ・チーム 』という新刊が
出るみたいです。楽しみでーす。

今年もいろいろありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
良いお年をお迎えくださいませ♪

TBじゃあ。
10月に発表していたのをTBじゃあ。
じゃあ、そおいうことで。
『告白』町田康と『爆裂都市』吉村萬一は
今年の押さえ本なり。
阿部ちゃんの『シンセミア』トリプル双璧(^^)vの本なり。

四季さんこんばんわ(^^)

す…すげぇ…
私は今年、本を積み上げただけの年になりましたねぇ~

今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

>エルフさん
わあい、見て下さって、ありがとうございますー。
「アナン」いいですよ。これは本当にオススメです!
聖月さんも「読むべしべしべし」とおっしゃってるはずですし。(笑)
そして「ぼくとアナン」もすごくいいので、ぜひどちらも読んでみて下さいね。
こちらは去年のベスト本に選んでます(^^)。
あと「自転車少年記」! もってらっしゃるのならぜひぜひ~。
そうそう、読むタイミングってすごく大事ですよね。
いつも自分のキャパ以上の本を買ってしまうので、後で反省することに…。
読みたい本を読みたい時に読めるだけ買うのが一番ですね。

こちらこそ、今年1年本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたしますね。良いお年を~♪

>七生子さん
見て下さってありがとうございます。
そうなんですよ、結局1位はあのまんまです。
考えてるうちに、もう順位なんて付けられなくなっちゃったんですが(笑)
でもやっぱり「本格小説」を読んでた時の幸せな気分がポイントになりました。
「アナン」、ぜひぜひ。きっと後悔させませんので!

こちらこそ、今年1年もお世話になりありがとうございました~。
引き続き来年もお世話になりますので(笑)、よろしくお願いいたします。
来年も素敵な作品を色々と教えて下さいませ。
ハヤカワFTもひっそりと頑張りましょう♪
あ、私もこれに関してはコレクターになってしまおうかと思ってますし。えへへ。
七生子さんのベスト本も、楽しみにしてますね~。
私も、来年のお楽しみにさせていただこうと思ってます!

>かなめさん
あちらも見て下さってありがとうございます~。
ミステリも新刊本も少ないし、あまり参考にならないくて申し訳ないのですが…(^^ゞ
そうそう、井上夢人さんの新作! もうすぐなんですね。すっごく楽しみです。
恩田さんや朱川さんの新作も、早くリクエストを入れなくちゃ~。(まだなんかぃ!)
あ、「砂漠」借りましたよ。読むのが楽しみです(^^)。

今年も1年お世話になり、本当にありがとうございました。
来年も引き続き、どうぞよろしくお願いいたしますね。
かなめさんのベスト本も出た頃でしょうか。楽しみです!

>聖月さん
TBありがとうございます。読んでない本がいっぱい!
町田康さんも吉村萬一さんも阿部和重さんも、実は1冊も読んでないんですよねえ。
トリプル双璧って、それはものすごく強力そうだ。(笑)
来年はぜひ手にとってみます。
ええと、たしか「クチュクチュバーン」が文庫になってたかと思いますが
これは読まれてましたっけ? いかがでしたか~?

後ほど、こちらからもTBさせていただきますね!

>ねあ。さん
ねあ。さん、こんにちは! 見て下さってありがとうございます。
ねあ。さんは今年、とてもお忙しかったですものね。
ブログが復活してくれただけで、私はとっても嬉しいですよん(^^)。
こちらこそ、今年はお世話になりましてありがとうございます。
来年もどうぞよろしくお願いいたします~。
ブログも無理せず! ねあ。さんのペースを大切になさって下さいね。

おはようございます。大掃除前にご挨拶に参りました。(´∀`)

470冊・・・凄い凄すぎる・・・。私ももっとたくさんの作家さんと会うべく、来年も読んで読んで読みまくります。
「火怨」は上巻は読めたのに・・・下巻はなんとなく最後が予想されるだけになかなか読む勇気が出ず年をこしそうです。

それでは来年もよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください~。

moji茶さん、ありがとうございます~。
読み方が薄いと自ら暴露してるようなものなので
冊数を出すのは本当はやめようと思ってたんですが…。(^^ゞ
でも色んな作家さんや色んな作品に出会えて幸せな1年でした!

>下巻はなんとなく最後が予想されるだけに
歴史物はどうしてもそういうジレンマがありますよね。
でもそれを読ませてくれるのが名作だと思ってますので!
ぜひぜひ続きを読んで下さいね。

こちらこそ、引き続きよろしくお願いいたします(^^)。

あけましておめでとうございます。
470冊!すごすぎます。
ってことは、感想を書いていらっしゃらない本も
まだまだあるのですね?
いいなあ。
私なんて読んでは書く、読んでは書くの自転車操業。
つらいです(笑)
『本格小説』は買おうと思っているのですがまだ。
四季さんのベスト本なら、これは買わねば。
今年も仲良くしてくださいね♪

お邪魔します。皆さん書いていらっしゃいますが、470冊というのは大変な数です! 「本格小説」、私も好きな一作で、うれしくなりました。この人は寡作なのがまた、憎いですよね…
また面白い本、教えてください!

>LINさん
あけましておめでとうございます!
旧年中は本当に色々とありがとうございました。
こちらこそ、今年も仲良くして下さいね~。

あ、感想はほとんど書いてると思うんですが…
サイドバーのカテゴリーの「books(2005)」は、336エントリになってますね。
これは、1つのエントリに2冊3冊と一緒に書いてることも多いからじゃないかと。
本当は、もっと面白い本だけ厳選して書けばいいんでしょうけど、
微妙なラインで迷うのも、なんだか面倒なんですよね。
それに詰まらなかった本は、それはそれで文句を書きたくなったり…(^^;
(逆にすごく良くても、「面白かった」「良かった」しか書くことがなかったり・笑)
ということで、結局自転車操業です。(笑)
新刊だけ書くっていう手もありますが、私はあんまり新刊読みじゃないですしねえ。

「本格小説」、LINさんのお好みに合うといいな。
突っ込みどころもないわけじゃないですが、やっぱり大好きな作品です(^^)。

>COCO2さん
はじめまして。TBとコメントありがとうございます。
「本格小説」、COCO2さんもお好きなんですね! いいですよねえ。
どんどん他の作品を読みたい気もあるんですけど、でも寡作だからこそ、というのもありますよね。
こちらこそ、素敵な本を教えていただければ嬉しいです。
COCO2さんのベスト本も、拝見させていただきますね!

四季さん、あけましておめでとうございます。
読まれている本が知らないものばかりです。
『その名にちなんで』、『遺失物管理所』、『ナラタージュ』がかすった程度(笑)
本の世界は広いですね。
今年もよろしくお願いします。

uotaさん、あけましておめでとうございます~。
あらー、uotaさんとはほとんど重なってないんですね。(笑)
あ、でも「自負と偏見」は、「高慢と偏見」という題名でも出ているので
そちらでご存知かもしれないですね。
この中でuotaさんにお勧めするとしたら、須賀敦子さんかしら。
読んでいてとても心地良い文章を書かれるので、大好きなんです。
まだ数えるほどしか読んでないですが、その中でもこれは一番好き。
一度ぜひ手にとってみてくださいませ。

今年もどうぞよろしくお願いいたしますね!

須賀敦子さんは『コルシア書店の仲間たち 』のときに読もうかと思ってそのままにしてました。『ヴェネツィアの宿 』は是非一度読んで見ます。『自負と偏見』もですね。
お薦めありがとうございます。

「自負と偏見」は、200年ぐらい前の作品なのに全然古さを感じさせないんですよ。
お話自体は、比較的単純なんですけどね。でも普遍的なんですね。
サマセット・モームの十大小説にも選ばれているのだとか。
uotaさんにも楽しんでいただけるといいなあ。読まれた時は、感想を楽しみにしてますね。

四季さん、こんにちわ。
こちらのベストは読んでない本が多いので(5位までだと『最後の願い』しか…)、今年の読書の参考にしっかりさせていただきます。φ(。。)
特に『アナン』は読了の時のコメントを見て以来気になってるんだし…。
ベストに限らず、今年も参考にさせていただきますので、よろしく?。

むつぞーさん、こんにちは。
TBありがとうございます。今、こちらからも無事TBできたみたいです。良かった!
「アナン」は、どうやら2月に文庫になるらしいんですよ! 講談社から。(ハードカバーは角川だったのに)
いい機会なので、その時にぜひ手に取ってみて下さいませ。
こちらこそ、色々と参考にさせて頂きますのでよろしくです~。

こんにちは~♪
わたしもようやくベスト本決めましたのでTBさせていただきま~す(はぁと)。

それにしても、去年の四季さんがベスト1に挙げたのがわたしも紹介した『本格小説』だなんて、たら企画に参加した冥利につきますわ!!(どんな冥利だ/笑)
火怨を含む三部作は、実はまだ未読ですが、今年中にはなんとか読みたいな…と思っています。ほかにも、相変わらず四季さんの挙げてくださる本はわたしの読書指南にぴったり♪
今年もますます頼りにさせていただきますっ。

わあい、ちょろいもさんのベスト本ですね! 待ってましたよ~。
去年はちょろいもさんのおかげで「本格小説」に出会えて、本当に良かったです!
この本を紹介されたのって、確か私がたらいまわしに参加した最初の回だったんですよね。
たらいまわしに誘って頂けたことも含めて感謝感謝ですよ~。あれがなかったら、今頃かなり違ってたかも…

わわ、読書指南だなんて! そんな恐れ多いですっ。
こちらこそ色々と教えて頂こうと思っておりますので、よろしくです~。

四季さん、こんばんは。
ようやくベスト本UPしましたので、
TBさせていただきました。

何冊かかぶっているのが嬉しいですね^^
本格小説は四季さんにオススメいただいて
出会えてすごく良かった!という本です。
私も冊数を数えてみたのですが、ざっと1/4
くらいですかね(笑)
今年もいろいろな本を教えていただきたいなと
楽しみにしてます♪

瑛里さん、こんにちは!
ベスト本、お待ちしてましたよ~。TBありがとうございます。
あ、何冊かかぶってますか? それは嬉しいなあ。
やっぱり好みがかなり重なりますよね♪ うふふ。
「本格小説」も気に入っていただけたようで良かったですし~。
こちらこそ、今年も瑛里さんの感想は楽しみにしてます。
色々な本を教えていただこうと目論でますし~。(笑)

では、早速拝見しに伺いますね。ばびゅーん!

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.