「もちろん返事をまってます」ガリラ・ロンフェデル・アミット

Catégories: /

 [amazon]
小学校5年生の女の子ノアが、アリザ先生の「よその学校の子どもたちと文通するっていうのは、どう?」という言葉をきっかけに、ドゥディという脳性マヒの少年と文通する物語。ガリラ・ロンフェデル・アミットは、イスラエルの人気作家なのだそう。この本は、天浮船のswimさんに教えて頂きました。児童文学です。

いやー、良かったです。障害者が登場する物語というのは、作者の立ち位置からして難しいと思うんですが、この作家さんの視線はすごく自然。同情もいじめもなく、説教臭さもなく、ましてやドゥディが天使のように良い子ということもなく(笑)、視線が同じ高さにあるという感じです。脳性マヒのこと良く知らないノアは、自分の思いがけない言葉でドゥディを傷つけてしまってびっくりしたりもするんですが、でもその都度自分の気持ちや考えをきちんと説明していくんですよね。そういうノアの態度がとても清々しくてよかったし... 文通が進むにつれて、ノアはドゥディに会いたいと思うようになるんですが、自分の姿を見られたくないドゥディは頑固に断り続けるんです。その時に、ノアの言う言葉、「ドゥディの家を訪ねてほしくないのね。オーケーです。訪ねません。わたしが会いたいっていうたびにおこるのね。オーケー。もう、いいません。だけど、それでどうなるかしら? どうなるか、きっちりいってみましょうか? わたしの手紙は、わざとらしくなるはずです。ひとこと書くたびに、ドゥディを傷つけやしないかおこらせやしないかって、十回も迷うから。なにか、いいことを思いついても、ドゥディをおこらせるかもしれないって、十回も考えこんじゃうだろうから。」という言葉がすごく良かった。
まあ、実際に会うことがベストな選択とは言い切れないと思うんですけど、その辺りにまだ小学校5年生というノアの若さが出ていますね。この2人の関係がその後どのように変化するにせよ、ノアの率直な態度は、きっとこれからのドゥディにとって良い方向に働いていくんだろうなと思えるラストでした。(岩崎書店)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「もちろん返事をまってます」ガリラ・ロンフェデル・アミット へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.