「78」「十字路のあるところ」吉田篤弘

Catégories: /

  [amazon] [amazon]
去年の暮れに出た、クラフト・エヴィング商會の吉田篤弘さんの2冊。「78」は、78回転の古いSPレコードにまつわる物語。そして「十字路のあるところ」は、題名の通り十字路を感じさせる6つの街の物語に、坂本真典さんの写真を合わせたもの。
どちらも吉田篤弘さんらしい世界なんですが、私としては「78」の方が断然好み。こちらには13の短編が収められていて、語り手も、舞台となる場所や時代も様々な物語が立体的に交錯していきます。登場する人物や小道具が次の物語へと繋ぐ役割をしていて、まるで物語同士が響き合っているみたい。こういうのは大好き。ほんと吉田篤弘さんらしいですね。読み終わった後も、またつらつらと読み返して余韻に浸っていました。
33回転や45回転のレコードは知ってますが、蓄音機や78回転のレコードというのは、私にとっては本来未知の世界。でも先日、古道具が好きな親戚の家に行ったら、古い蓄音機を修理したところだと言って、78回転のレコードをかけてくれたところだったんですよ。そんな風にとてもタイムリーにこの作品を読めたのも嬉しかったです。それに、物語の中に「SPは、空気を聴くためのものだから」「演奏者が盤に刻んだ音を聴きながら、同時にそれを繰り返し聴いてきた人たちが刻んだ『傷』の方も聴いている」という言葉が登場するんですが、これは私も(78回転ではないにせよ)33回転のレコードに感じていたこと。なんだか妙に幸せな気分になりました。(小学館・朝日新聞社)


+既読の吉田篤弘作品の感想+
「百鼠」吉田篤弘
「78」「十字路のあるところ」吉田篤弘
「という、はなし」吉田篤弘
「空ばかり見ていた」吉田篤弘
「それからはスープのことばかり考えて暮らした」吉田篤弘
「小さな男*静かな声」吉田篤弘
Livreに「フィンガーボウルの話のつづき」「つむじ風食堂の夜」「針がとぶ」の感想があります)

+既読のクラフト・エヴィング商會の感想+
「アナ・トレントの鞄」クラフト・エヴィング商會
「犬」「猫」クラフト・エヴィング商會プレゼンツ
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「78」「十字路のあるところ」吉田篤弘 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.