「五つの壷」M.R.ジェイムズ/G.マクドナルド 「ビバ!ドラゴン」チェスタートン他

Catégories: / /

[amazon] [amazon]
ハヤカワ文庫FTのファンタジイ傑作集1と2。
「五つの壷」には、M.R.ジェイムズの「五つの壷」、ジョージマクドナルドの「お目当てちがい」「城」の3作、「ビバ!ドラゴン」には、L・フランク・ボームの「王さまの首の不思議な冒険」「ムラサキ・ドラゴン退治」、E.ネズビットの「最後のドラゴン」、G.K.チェスタートン「竜とカクレンボ」、ロバート・ブロック「ドラゴンの執念」、L.P.ハートリイ「コンラッドと竜」の6作が収められています。

この中で一番気に入ったのは「五つの壷」。怪奇小説で名高いというM.R.ジェイムズなんですが、作品を読むのはこれが初めて。おじさんから姪への手紙という形なので、おとぎ話のようでもあるんですけど、とっても幻想的なファンタジーです。森の中で見つけた金属の箱の中には5つの小さな壷が入っていて、その中の液を指示通りに目や耳につけると、森の生き物の声が聞こえたり、不思議な存在を見ることができるようになるんです。この壷を見つけるまでや見つけてからのあれやこれやが楽しくて、でも壷を狙う妖精の一味の存在がちょっと不気味で、昼と夜がくっきりと分かれているような印象の作品。
あと、オズの魔法使いのシリーズで有名なL・フランク・ボームの2作は、オズの国にも通じそうな可愛らしいおとぎの国の物語。王様が竜に首を食いちぎられちゃうんですけど、代わりに砂糖菓子で作った頭や練り粉で作った頭をつけたりして、オズのシリーズにも、お姫さまが毎日日替わりで頭を付け替えるエピソードがあったなあと懐かしかったです。「最後のドラゴン」は、「砂の妖精」「宝さがしの子どもたち」のE.ネズビッドの作品で、これもネズビットらしいユーモアセンス。それと驚いたのがG.K.チェスタートン! ブラウン神父シリーズで有名なミステリ作家さんも、ファンタジー作品を書いてたんですねえ。結構ドタバタなコメディでした。(ハヤカワ文庫FT)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「五つの壷」M.R.ジェイムズ/G.マクドナルド 「ビバ!ドラゴン」チェスタートン他 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.