「妖精詩集」W.デ・ラ・メア

Catégories: / /

[amazon]
ちくま文庫20周年復刊フェアで再版された9冊のうちの1冊。(復刊されたのはコチラ) 西条八十や佐藤春夫、三好達治らが愛してやまなかったというデ・ラ・メアの詩集で、「妖精たち」「魔女と魔法」「夢の世界」の3章に分けられて、60編ほどの詩が収められています。出てくる妖精が、丁度イギリスやアイルランドの伝承に見られるような感じで、子供の頃読んだ童話を思い出すような懐かしい雰囲気。英国では「幼な心の詩人」と評されているというのも納得。でも正直なところ、私にはちょっと可愛らしすぎたかも...。それにこういうのは、やっぱり原書で読んでこそだなと思ってしまいました。荒俣宏氏の訳はとても読みやすいし、詩の1編1編にドロシー・P・ラスロップの挿絵がついていてとてもいい雰囲気なんですけど、でもやっぱり日本語に訳してしまうと、原文にあるはずの韻も失われてしまいますしね。
この中で気に入ったのは、「サムの三つの願い、あるいは生の小さな回転木馬」。妖精に3つの願いを叶えてもらうサムの物語。妖精や魔女に願い事を叶えてもらうという話は、大抵願う本人が自滅してしまうものですが、これは一味違います。そしてその願いがエンドレスで繰り返されていくというのも面白いんですよねえ。(ちくま文庫)


+既読のウォルター・デ・ラ・メア作品の感想+
「妖精詩集」W.デ・ラ・メア
「ムルガーのはるかな旅」ウォルター・デ・ラ・メア

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「妖精詩集」W.デ・ラ・メア へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.