「列仙伝・神仙伝」劉向・葛洪

Catégories: /

 [amazon]
昨日の「山海経」と同じく平凡社ライブラリーの1冊。もとは「山海経」「列仙伝」「神仙伝」「抱朴子」が1冊になってたのを分けたんだそうですが... 「抱朴子」だけは、平凡社ライブラリーから出てないんですよね。なぜかしら。これは「神仙伝」の葛洪の書いた、仙人になるためのハウツー本だそうです。

「列仙伝」では、伝説の黄帝から、漢時代に生きていた仙人まで70人が紹介されていて、太公望や老子、介子推など、歴史的な有名人も入ってます。「神仙伝」で紹介されてるのは92人で、「列仙伝」と重なっているのは老子や彭祖の2人だけ。重ならないようにしたんでしょうけど、太上老君として信仰される老子を外すわけにはいかなかったんでしょうね。それに彭祖もきっと有名人なんですよね。子供の頃に彭祖が出てくる話を読んだことがあるので、私も名前は知ってます。確か、800年も生きたのに、黄河が澄むのを結局1度も見れなかった... と嘆いている話でした。(黄河は1000年に1度澄むらしいです)

大体どの仙人も、基本はまず食事から。木の実や薬草だけで、五穀を絶つというごくごく質素な食生活。もっと霊芝辺りが使われているのかと思っていたんですが、あんまりなかったです。それより石を服用している人が多くて、水晶やら雲母やらを粉末にしたり、他の薬物と混ぜて液状にして服用したり。方解石と良く似た五石脂の場合は、青・赤・黄・白・黒色の石の粉末を酢で練ると粘り気がでるんだそうで、こういう描写も面白かったです。でもどうやって仙人になるかっていうのはほんと人それぞれですね。食事療法をしたり、呼吸法を利用したり、仙丹を作ったり、中には房中術を利用する人も...。他の仙人に見出されて仙人になる人も多いんですが、「素書」は40年に1人にしか渡せないともったいぶる仙人もいれば、子孫に気軽に色々と伝授する仙人もいて、そちらも人様々。そして、一度は漢の武帝に見出されて仕えるようになる人も多いんですが、見切りをつける人も多いんです。武帝って、そんなに人徳がなかったのかしら。(笑)(平凡社ライブラリー)

| | commentaire(4) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「列仙伝・神仙伝」劉向・葛洪 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(4)

うふふ。やはり、これはセットで読まないといけませんね~♪
でも、女子は仙人にはなれないのですよねぇ・・(嘆き?笑)
五石脂は、五行説からきてるのですよね。
もしかして、こちらのが先なのかしら?
中国茶も五色が基本になっていて、茶文化を広めたのは西太后ともいわれてますよね。
仙人をめざしていたのかもしれませんね。

P.-S 十二国記、俄然、読む気がわいてきました!四季さん、ありがとうございます♪

picoさんによれば、セットになってるようなので、こちらにもカキコと。
山海経、列仙・神仙、抱朴子、で一巻になってる本が、むかしあったですヽ(´ー`)ノ

石で丹を練るのは、抱朴子の影響と思われます。
抱朴子は、非常に具体的に書かれた、仙人になる方法のガイドブック。
ちょっと錬金術の本みたいです。

列仙伝・神仙伝も、書いてる人の気持ちを考えると、面白いです。
やっぱり書きながら、自身がまず信じ込んでいったんでしょうか。不思議です。

じつはうちの近所の北白川には、白幽子という仙人が江戸時代に住んでたそうです。
住んでた洞窟も残っています。240歳まで生きたそうです。

http://raku.city.kyoto.jp/kanko_top/hoshokai/hoshokai_3.html

http://tois1.nichibun.ac.jp/database/html2/kijinden/kijinden_88.html

禅の白隠和尚が会って、教えを受けたそうです。
「夜船閑話」という本が、その教えの内容。
これはヨガみたいなもので、けっこう実用性があり、禅では有名な本です。

http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0731.html

白幽子の存在は疑問視されていたのですが、
明治になって、お墓が見つかって、さあ大変(笑)
仙人になりたかった富岡鉄斎が熱心に研究しています。

http://homepage3.nifty.com/so_you/list/148.htm

やっぱり仙人はいるのかもしれないです。
このコメントを書いてるうち、そんな気がしてきました。
私は秋に比叡山に登った時、この人らしき老人に会ったんですよね。。

>picoさん
セットで読んでみました♪
あ、女性の仙人も載ってましたよ! せいぜい5~6人なので、多くはないですが…
古い時代は、女性が学ぼうとすること自体大変だったんじゃないかと思うので
もしちゃんと学ぶ機会が与えられれば、もっと増えるんじゃないかと… ってダメですか?(笑)
だからきっと大丈夫!(って、何が・笑)
それにしても不思議なのは、男性の仙人は大抵おじいさんに描かれてるのに
女性の仙人はことごとく若くて美しいことですね。(この本に限らず)
男性ももうちょっと身だしなみに気をつけたらいいのに、って思っちゃいます。イケメンの仙人とか~。(笑)

五石脂と五行説は、やっぱり五行説の方が先なのでは… と言いつつ、分かりません。(おい)
西太后が仙人を目指す… うわあ、なんだかありそうですね。どうだったのかしら!

十二国記は、講談社X文庫もしくは講談社文庫で出ている順に読むといいと思うんですが
(山田章博さんの挿絵が好きなので、私はX文庫の方が好きです)
最初の「月の影 影の海」は、ちょっととっつき悪いんです。前半は我慢して下さいねえ。
あとそういうのが出る前に新潮社文庫から「魔性の子」というのが出ていて、これも関連本。
でも最初に読んでもワケが分かんないと思うので(笑)
こちらは「黄昏の岸 暁の天」の直前辺りで読むとよろしいのではないかと思います(^^)。

セットのカキコ、ありがとうございます(^^)。
わー、1冊になった本、持ってらっしゃいましたか?
私の中国物好きって、父の持ってる平凡社の中国古典文学全集がルーツなんですけど
これって全部で20巻ぐらいなんですよね。「山海経」とか「列仙伝」は入ってないんです。
どうせなら、中国古典文学「体系」の方を買っておいてくれれば良かったのに…(全60巻)
なんて今頃になって言っても仕方ないんですが。えへへ。(しかも中国古典文学全集も全然読破してないし)
「抱朴子」だけというのも東洋文庫で出てるようなので、いずれ読んでみたいです。
(その前に平凡社ライブラリーから出してくれるといいんですが)
葛洪は自ら仙人になる修行を積んでた方だそうなので、かなり実践的な内容なのかしら…(笑)
錬金術も好きなんですが、仙丹を練る場面というのもなんだかワクワクします~。

えっ、overQさんの身近にも仙人がいらっしゃったのですか!
白幽子が座禅姿で浮遊してる姿、数年前に大騒ぎになった例の宗教の教祖のよう…(笑)
きっとこんな感じになりたかったんでしょうね。
松岡さんは「白隠が勝手に作った話」って書いてますけど、
勝手に作ったとしても、禅では有名な人がさらに箔をつけようとしてる?
そこでわざわざその名前が出てると、逆に白幽子に関する信憑性が高くなるような気がしますね。

去年の秋に比叡山で会った老人の話、そういえばありましたね!
overQさん、もしや見込まれちゃったのでしょうか? 
その時、もし黙って話を合わせていれば、天書の1冊や2冊… わ、勿体ないことしましたね。(笑)
また会えるといいですねえ。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.