「彩雲国物語 光降る碧の大地」雪乃紗衣

Catégories: /

 [amazon]
大好きな中華風ファンタジー、彩雲国物語の第9作目。...とは言っても途中で外伝が1つあるので、本編としては8作目。これで彩八仙の8色が揃うことになって、ここで完結してしまうのかどうなのかというのが最大の関心事だったんですけど、結論から言えば、終わりませんでした!(良かったー) むしろ8色揃ってここからが本番という感じもあります。
今回は影月編の完結編。もう読みながらウルウルきてしまって大変でしたよぅ。何にもないはずのところでもジワ~としてきちゃうんだから、全く手に負えません。でも、それだけ登場人物に感情移入しちゃってるってことなんですよね。登場人物たちそれぞれの決意やら思いやらが泣かせてくれます。ちなみに今回、王都メンバーは顔をちらっと出しただけ。でも次回からはきっともっと登場するのでしょう。楽しみです。(角川ビーンズ文庫)

4月からNHK BS2でアニメ放映ですって。そっちは正直あまり見たくないかも... 絶対絶対イメージを崩して欲しくないシリーズなので!


+シリーズ既刊の感想+
「彩雲国物語 はじまりの風は紅く」「彩雲国物語 黄金の約束」雪野紗衣
「彩雲国物語 花は紫宮に咲く」雪乃紗衣
「彩雲国物語 想いは遙かなる茶都へ」雪乃紗衣
「彩雲国物語 漆黒の月の宴」雪乃紗衣
「彩雲国物語 朱にまじわれば紅」雪乃紗衣
「彩雲国物語 欠けゆく白銀の砂時計」雪乃紗衣
「彩雲国物語 心は藍よりも深く」雪乃彩衣
「彩雲国物語 光降る碧の大地」雪乃紗衣
「彩雲国物語 藍より出でて青」雪乃紗衣
「彩雲国物語 紅梅は夜に香る」雪乃紗衣

| | commentaire(6) | trackback(2)

Trackbacks(2)

「彩雲国物語 光降る碧の大地」雪乃紗衣 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

彩雲国物語 光降る碧の大地/雪乃紗衣 角川書店/500円(税込) ●2月新刊文庫● 奇病の発生した茶州へ戻った秀麗。 しかし現地は、秀麗が奇病の原因... » Lire la suite

奇病の蔓延する茶州に駆けつけた秀麗。しかしそこに待つのは、秀麗が奇病の原因だという噂に躍らされる殺気立った人々の姿だった。それでも危険を顧みず、人々を救おうと奔... » Lire la suite

Commentaires(6)

四季さん、おはようございます!
久々にコメントしますが、感動のクライマックス!ってヤツでしたね。
わたしは、この後直ぐに1巻から読み直してみたくなりました(笑)。
もう重症です。あはは。
何気に燕青ってめちゃカッコいいやん…と思ってしまったわ。
でも、やっぱ静蘭イチオシですけど。(A^-^;)
いやはや、頑張れ静蘭!の想いを再び強くした巻でした。

四季さん、おはようございます?。
私もウルウルがとまらなくって…困りましたよ。
影月編、ホントよかったですっ。
次からは王都に戻って来るし、ここから彼女がどう這い上がって行くのか、次が楽しみですね。
アニメに合わせて、4月頃次巻がでないかと期待してます(笑)
アニメ化は微妙だけど、見てみたいな?と思ってます。
BSは入らないんだけどさッ。

四季さんを初め、みんなうるうるだったのですね。
よかったです。
こんなに泣いちゃって私って、涙腺が緩すぎなんじゃ、と心配してました。
今回は燕青がいいとこは全部持って行っちゃいましたね。
出遅れ感のある静蘭と、憎まれ役の劉輝には、心から同情してしまいました。
私はなかなか影月編の余韻から冷めず、他の小説を読み始めているのに、何度も
この作品を手にとってはパラパラページを繰ってはうるうるしてます。私も重症です。
王都に帰ってのお話、また楽しみですね。

>未明さん
ほんと感動のクライマックスでしたよね~。
それにしても、確かに燕青はめちゃめちゃかっこ良かったですよね。
いいところをすっかり攫ってくれちゃって~~。
あ、でも静蘭も、今回それほどの活躍はないながらも
前回までの迷いをふっきったところが、ちょっと良くなかったですか?
一つの段階を越えた静蘭の姿にもぐっときました、私♪
次巻では、ガンガン頑張って欲しいですね。

>むつぞーさん
今回は今までで一番泣ける巻でしたよね。
登場人物たちみんなの今までの積もり積もった思いが
今回全部いっぺんにどどんと来るようで、もうほんと、たまらなかったです~。
そして次は、ようやく晴れて王都編、楽しみ!
一番どん底へ、っていうのが、あまりにベタな気もするんですけど(笑)
でも頑張る姿が楽しみですね。
4月に新刊… うわあ、出たらいいなあ。どうでしょうね?

>ブラッドさん

ほんと良かったですよねえ。
読み始めた途端に、うるっとき始めてどうしようかと思いました…
…普段、滅多な本じゃ泣かないのに、私!
今回は、ほんと燕青がすっかりいいとこさらってましたね。
あ、でも静蘭は、ここんとこの低迷ぶりに比べたら、まだマシじゃないですか?
今回は、次巻の活躍への序奏って感じで良かったのではないかと♪
(と思ってるのは私だけかもしれないけど… 笑)
王都編、楽しみですね。黄色のあの方は登場するかしら~。
赤いあの方との応酬が見たくて堪らないです♪(期待)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.