「カレワラ物語 フィンランドの国民叙事詩」キルスティ・マキネン

Catégories: / / / /

 [amazon]
フィンランドの叙事詩「カレワラ」を物語の形にしたもの。これは世界三大叙事詩の1つなんだそうです。(他の2つは「イーリアス」と「ラーマーヤナ」) 読むならやっぱり叙事詩の形で読みたかったんですが、手軽に読めるのがこれだけだったので仕方ありません。
他の神話のように、世界の成り立ちも描かれているし、登場するのはフィンランド神話の神々のはずなんですが、神というより普通の人間みたい。最初の1人のヴァイナモイネンなんて、お母さんのおなかに宿ってから700年も経ってようやく生まれるので、生まれた時は既におじいさん。とても賢くて力も強くて、生まれながらの魔術師で、しかも歌も上手くて、神としての素質は十分備えてると思うんですけど、そんな感じはしないです。北欧神話やギリシャ神話なんかとは何かが決定的に違うんですよね... 何だろう? それになんせおじいさんなものだから、結婚したいと思っても相手に嫌がられちゃうんですよね。気の毒。(笑 ←笑っちゃいけません) それにしても、このヴァイナモイネン、お母さんは大気の乙女で、お父さんは大気の乙女が海面を漂っていた時にそこを吹き抜けた風。水も少しは関係してるとはいえ、四大元素の空気ばっかりですか。(笑)
登場する神々は当然お互いに戦ったりもするんですが、その時は腕力よりも魔法がメイン。呪文合戦がよく行われるのが特徴でしょうか。北欧といえばヴァイキングだし、ヴァイキングといえば海賊。武力的なイメージがあるんですけど、調べてみると、ヴァイキングというのは、ノルウェー、スウェーデン、デンマークで、フィンランドは入ってなかったみたいです。それにそういえば、ラップランドって魔女や魔法使いの本拠地と思われてたんでしたっけ。魔法をかけたり、相手の魔法を打ち消すには、物それぞれの「起源の言葉」が必要というのも、面白いところ。博学な人ほど魔法に強いということであって、魔法使いとか魔法とかが特別な存在ではないんですね。
読む前に想像していたほど北欧らしさを強く感じなかったのですが、男性が女性に求婚に行く時に、まずサウナに入るというしきたりは、さすがに北欧ならではでした! サウナに入ることによって目が生き生きと輝き、頬が赤くなり、手足が白くなり、男前に変身するのだそうです。(笑)(春風社)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「カレワラ物語 フィンランドの国民叙事詩」キルスティ・マキネン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.