「失楽園」上下 ミルトン

Catégories: / / / /

  [amazon] [amazon]
17世紀の詩人・ジョン・ミルトンによる、イギリス文学史上最も偉大な作品の1つとされる叙事詩。スペンサーの「妖精の女王」を読んでいたら、妙に読み返したくなりました。旧約聖書の「創世記」に題材を取った、神に創られた最初の2人の人間アダムとイーヴ、そして彼らを巡る天使と悪魔の物語。

以前読んだ時は割と素直に読んでたと思うんですが、今回読み返してみて改めて感じたのは、堕天使たちの魅力。ものすごく個性的で、変な話ですが人間味があって(笑)、すごくいい味出してるんです。彼らを前にすると、完全な存在であるはずの神やその御子、天使たちがまるで無個性のつまらない存在に感じられてきちゃう。特にサタン(天上にいた時の名はルシファー)、いいですねえ。神の次の座に位置していたルシファーの反乱の理由は「驕り」であるとも「嫉妬」であるともされてますけど、でもいくつか天使と悪魔の話を読んでるうちに、どうもそれだけとは思えなくなってきました。この「失楽園」でも、サタンの姿にアダムとイーヴの姿が重なるんですが、ミルトンが書いてるほど、楽園追放は「悲劇的」な出来事とは思えないですね。アダムもイーヴも自分たちの罪深さにただ絶望していたわけじゃなくて、最後には喜びや希望も持っていたし... どうも親離れをして自立していく子供のようにも見えます。もちろん神の庇護下にいさえすれば安全で安心なんでしょうけど、案外自立への期待もあったんじゃないでしょうかね? そしてそれこそが、ルシファーの中にもあったもののような...。(なーんて読み方をしてたら怒られそうだな)
「失楽園」の中で最大のポイントと思えるのは、神の「わたしは彼を正しく直き業を用いて、堕ちることも自由だが、毅然として立つにたる力に恵まれた者、として造った。いや、かかる者として、すべての天使を、正しく立てるものをも過ちを犯した者をも共に造っておいた」という言葉。人間はもちろん、ルシファーもまた選択の自由を持った存在だったんですね。でもね、エデンの園に命の木やら知恵の木やら植えておいて、それで食べたらダメだなんて性格悪いですよぅ。いつ切れるか分からない蜘蛛の糸を戯れに垂らしてみるお釈迦さまみたい。...神様ってそんなもの?(笑) (岩波文庫)

次はダンテの「神曲」か...?と思ったんですが、こちらは本を持ってませんでしたー。本屋に探しに行ったんですけど、岩波文庫版しか置いてなくて、そのまま帰って来ちゃった。集英社文庫ヘリテージシリーズと比べてみたかったんですけど... 訳を読み比べた方、いらっしゃいます? オススメの訳があれば、ぜひ教えて下さい!

| | commentaire(8) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「失楽園」上下 ミルトン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(8)

うーーん。。いきなりアンタッチャブルな、お題に
アレでしたが、「勝手にコラボブルー」てなカテゴリーを
作って、しまいました。(^^ゞ

あはは、やっぱり書きにくいお題ですよね。
どんなのだったら書きやすいんでしょう?
と聞いてみたところで、読書傾向が変わるわけでもないんだけど… わはは(^^;。

うーーん・・何を持って来ても書きやすいネタなんて
無いと思えるので、どうぞ、四季さんは突っ走ってください(笑

で、こっちは、こっちで、隙を見て、寝枕を奪うみたいな(オイ..

まあ、時には書きやすいネタもあるかもですね。(笑)
今は本当は海外古典文学をがっしり読みたい気分なんですけど
積読本はそれ以外のジャンルばかりだし
右に左に振り回して差し上げますわ~。(おほほほほ)

「失楽園」って、よくも悪しくも、ハリウッド映画みたいです。
SFXはすごいけど、今ひとつ深みに欠ける…というか(;・∀・)
悪魔の名前がいっぱい出てきたり、天を揺るがすような大戦争があったり、
見てる時は楽しいけど、見終わった時はすっきり何も残らんような(´д`;)

この作品の主人公がサタンであることは、昔からよく指摘されてきました。
サタンを描く時はやる気満々で、それ以外との所は聖書の祖述みたいになるのが、ミルトンさんのかわいいところ(* ^ー゚)

たぶんミルトンって、文学がわかってない(笑)
人間も物語も、紋切り型というかシステマティックというか。
ミルトンを読んだ後でシェイクスピアなんかを読むと、
「おお、人間が描けてる!」と妙に感動します。


ダンテ「神曲」は、「失楽園」とちがい、めっさ文学ですヽ(´ー`)ノ
翻訳は、入手しやすいのは、岩波文庫(青空文庫にも)、寿岳訳、平川訳の三つでしょうか。
あとネット販売してるのが二種類ほどあるようです。

じつは、集英社の寿岳文章訳は最悪です(;・∀・)
アマゾンのカスタマーレビューで「迷訳」と書いてる方の意見、まったく正しいです(笑)
となると、岩波のは思いっきり文語だし、平川 祐弘訳(河出)しかないということに。
やや消極的な消去法ですが。。

イタリア語の原文は、そんなに難しくないという噂です。
英語はいい訳があります。
ただ、地獄篇などは、当時の人がいっぱい登場して、
それがどんな人だったかを簡単に知っておかないと、意味がわからんです。
簡潔な註はどうしても必要なんですね。

ネット上で翻訳をしてる方もおられます。http://hccweb6.bai.ne.jp/dante/

わー、ハリウッド映画。(笑)
確かに人間は書けてないのかも… アダムやイブも紋切り型ですものね。
でもこの頃の文学ってそういうのが多くありません?
…あ、そうか、だからシェイクスピアがあそこまで評価されたんですね!
シェイクスピアって、何冊読んでも今ひとつその凄さが分からなかったんですが
あの頃の作品群と読み比べると、その真価がはっきり分かるのかも。(笑)

悪魔に関しては、感じた通りで良かったんですね。
安心しました… が、昔から指摘されていたとは! 全然知りませんでした。(勉強不足~)
ネットを検索しても、あんまりそういう記述が見つからなかったので、ちょっとドキドキだったんです。

わ、寿岳訳の「神曲」は最悪でしたか。
「迷訳」と書かれてるからどうなんだろうと思ってたんですが、
岩波の方のカスタマーレビューでは、そっちが読みにくいと書いてあったり…
3人の訳の比較を書いてらした方もいらっしゃいましたけど、実は良く分からなかったんです。(^^ゞ
でも、岩波版は、文語という以前にあのフォントが読みにくくて…
最近の出版だと、以前のより読みやすいフォントになってるようなんですが
「神曲」に関しては、私の苦手なフォントのものしか見つからなくて
あれだと訳の文語が実際以上に文語に見えちゃう。って意味不明ですが。(笑)
(ヘリテージシリーズにしても、あの文字の大きさに引いてたんですが・笑)
じゃあ、河出の平河訳にしてみますね。ありがとうございます!
ネットでも読めるというのは嬉しいけど、1冊丸ごとそれで読むのはどうしてもツライものがあるし…
でもすっごいですねえ! 文章も読みやすそうでした。

イタリア語ではそれほど難しくないんですか。
でも英語ならまだしも、イタリア語では読み通せない…(笑)
フランス語がある程度身に付いたら、次はイタリア語がやりたいんですけどね。
脚注も、多すぎると読みにくいですけど、やっぱり必要ですよね。
特に私の場合、その辺りの知識にかなり難がありますし。(溜息)
あ、註釈だけネットのものを利用するという手もありますね。って、それは訳してる方に申し訳なし。(笑)

四季さん、こんにちは。
絶賛叙事詩祭りの一環で選んだつもりが、思いっきり現代語訳でした( ´д`)
それにしてもサタン、ぢごくに堕とされてもすごく前向きで可笑しかったです。
>エデンの園に命の木やら知恵の木やら植えておいて、それで食べたらダメだなんて性格悪いですよぅ。
ほんとにねぇ(笑)四季さんの仰るとおりです。でもほんとに何で植えていたのかなあ?二人に与えた試練だったのでしょうか。キリスト教ってけっこうツッコミどころ満載な気がして興味が尽きないです。

あの、コメントに横から入ってしまうのですが、難解で名高い上にoverQさんが最悪と呼ばれた寿岳訳で『神曲』を何ヶ月か前に読んでしまいました。詩の形で読みたい人には勧めても問題ないかと思いますが、僕みたいな詩の苦手な人間にはやはりちょっと問題があるみたいです。
トラウマになって再読できないかもしれません(´Д`;) 

kyokyomさん、こんにちは。腰は大丈夫ですか~?
おお、「失楽園」読まれたんですね!
あれれ、思いっきり現代語訳でしたか。ってか、詩の形ではなかったですか?
私が知ってるのは、ほとんど平井正穂さんの訳のものなので
kyokyomさんがどの版を読まれたのか、気になります。
…って、実は同じものだったりして。(笑)

サタン、いいですよねえ。ほんと前向きで、堕ちてからの方がなんだか幸せそうだし。
幸せそうといえば、アダムやイヴもそうですよね。
そういう感覚って聖書にはない部分なので、そういう意味でとても面白かったです。
あ、キリスト教はツッコミどころ満載ですよ。そして聖書は、読み物としても面白いです。
この場合、オススメはやっぱり旧約聖書。創世記でしょうか。
新約聖書みたいに優等生じゃなくて、神様も人々も激しくて荒々しくて、でも勢いがあって楽しいの。
今のキリスト教(そして多分ユダヤ教も)とは、まるっきり別物です。(笑)

大学に行く時に、欧米の文学を勉強するならギリシャ神話と聖書は必須だと言われたんですが
確かに知っておくと理解できる部分が確実にあると思います。読んでて損はないかと。
(その場合は、新約聖書の福音書とかも必要になりますが)

「神曲」も読んでらしたのですねー! 寿岳訳を読まれたのかあ。
詩が苦手とはいっても、抒情詩に比べるとかなり読みやすいと思うのですが、
トラウマになってしまうなんて、それだけ難解だったということなのでしょうか。
一体どんな訳だったのか、怖いもの見たさで気になっちゃいます。(^^ゞ

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.