「黄金の羅針盤」上下「神秘の剣」上下 フィリップ・プルマン

Catégories: / /

    [amazon]
ライラは、生まれてすぐに両親を飛行船の事故で亡くし、おじのアスリエル卿にオックスフォードのジョーダン学寮に預けられている11歳の少女。その日もダイモン(守護精霊)と一緒に、普段は絶対に入ってはいけない奥の間に忍び込んでいました。ふいの話し声に慌てて隠れたライラが見たのは、その日やってくるアスリエル卿のために用意されたワインに、学寮長が白い粉を流し込んでいる場面。そのまま部屋から出られなくなってしまったライラは、衣装ダンスの中に隠れて様子を伺うことに。

以前睡猫亭の睡さんに教えて頂き、壹萬壹阡之本のヤマボウシさんにもオススメ頂いていた、ライラの冒険シリーズ。全6巻なんですが、とりあえず先に4巻を。(ダンテの「神曲」とか言いながら、いきなり普通の本に戻ってます(^^;)
いやー、読み始めてびっくり。初っ端からミルトンの「失楽園」が引用されていました。わあ、読んだばかりですよー、なんていいタイミング! 解説を見てみると、どうやらこの作品はミルトンの「失楽園」を始めとするキリスト教的神話に大きなインスピレーションを受けたプルマンが、叙事詩のようなモチーフを持った冒険ファンタジーを描こうとした作品なんだそうです。ええと、叙事詩のような重みは、まだ全然感じられないですが... どちらかといえば展開の速いハリウッド映画のようなジェットコースター感覚。
主人公の1人・ライラの住む世界は、私たちの住むこの世界にそっくりのパラレルワールド。地名も共通してるし、この世界と同じように聖書も存在しているんですが、色々細かい違いがあるようです。その中でも決定的な違いは、人間がそれぞれダイモンと呼ばれる守護精霊を持っていること。この「ダイモン」(この言葉を見るたびにどうしても「デーモン」という言葉が頭にちらついて困っちゃう・笑)、どうやら人間の魂が具現化した存在のようです。子供の頃のダイモンは様々な動物に姿を変えるんですが、大人になると一定の姿に固定し、それはその人間の本質的な姿を表していて、この辺りは物語が進めばもっとその暗示するものが見えてきそうです。
鎧を着た北極熊や、ジプシーならぬジプシャンたちといった面々が魅力的。夜空を覆うオーロラの向こうには見知らぬ町並みが見えるという北の地の情景も素敵。でも肝心のライラが...。どうも魅力を感じられず、なぜ周囲の人たちがライラを可愛がるのか分からなくて困りました。ただの嘘つきの女の子なのに!(実際「ライアー(嘘つき)」と掛けられているらしいです) でも「神秘の探検」が始まって、普通のこの世界の少年ウィルが登場して、ぐんと面白くなったし、バランスも良くなったような。「失楽園」からのインスピレーションもようやく具体的な形を見せてきたし、後2冊でどんな展開を見せてくれるのか楽しみです。(新潮文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「黄金の羅針盤」上下「神秘の剣」上下 フィリップ・プルマン
「琥珀の望遠鏡」上下 フィリップ・プルマン

+既読のフィリップ・プルマン作品の感想+
「かかしと召し使い」フィリップ・プルマン
「マハラジャのルビー サリー・ロックハートの冒険1」フィリップ・プルマン
「仮面の大富豪 サリー・ロックハートの冒険2」上下 フィリップ・プルマン

| | commentaire(4) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「黄金の羅針盤」上下「神秘の剣」上下 フィリップ・プルマン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(4)

わ、ライラシリーズ読み始めたのですね~♪
これ、わたしは大好きな作品です。
第二部はいいところで終わってますよね~。
第三部を読んだ後ちょっとウルウルしてしまい
ましたわ~。

お久しぶりです^^。
おお,ライラシリーズ読者がここにも!w
紹介した人の中に入れてもらって光栄です^^。

ライラは…正直,微妙ですよね。相方が超がつくほどイイ男(子どもだけど)なので余計にライラの嘘つきっぷりが目立ってみえますね。でも,まあ,彼女の嘘は大半がその場を生き抜くための嘘ですし,あの度胸はすんばらしいと思います。あんまり嫌わないでやってください(笑)。

>ちょろいもさん
わあ、ちょろいもさんがお好きな作品でしたか!
あ、そうですよね、第1部は割とキリがいいところで終わってるのに
第2部は、こんなところで切らないで~って言いたくなりましたよ。
と言いつつ、本はちゃんと手元に揃えてるので、大丈夫なんですが。(笑)
ええと、ちょろいもさんの感想は… うーん、サイトにはないようですね。
その前に読まれた作品なのかしら? 残念です~。

>睡さん
わ、ご報告に伺わなくちゃと思っていたのです。
先に見てくださってありがとうございます~。
勝手にお名前出してしまってすみません。(^^ゞ
ライラは… うーん、微妙です…
嘘もそうなんですけど、もしほんとに魅力を感じられたら
嘘つきでも何でも構わないはずなので(笑)
何かがぴったり来なかったってことなんだろうと思います。
でもウィルが登場してからのライラは、ぐんと良くなりましたよね。
このままラストまで突っ走りますよ~。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.