「愛の妖精」「ばらいろの雲」ジョルジュ・サンド

Catégories: / / / /

 [amazon]
ショパンの恋人だったことでも有名な男装の麗人・ジョルジュサンドの作品。フランス文学が気になってることもあって、ちょっと読み返したくなりました。今回読んだ「愛の妖精」は新しい本なんですけど(篠沢教授訳ですって!)、「ばらいろの雲」はとっくに絶版になってる本。子供の頃から持ってる岩波少年文庫です。古すぎてamazonにもデータがないよーと思ったら、BK1にはありました。コチラ

「愛の妖精」は、一卵性双子の兄弟シルヴィネとランドリ、そして「こおろぎ」と呼ばれる不器量な野生児・ファデットの3人の物語。双子、それも一卵性双子って、これまでほとんど身近にいなかったせいもあって、惹かれるんですよねえ。片方が怪我をすると、もう片方も痛みを感じるとか色々言いますよね。自分ともう1人って、どんな感じがするんでしょう。
産婆のサジェットばあさんは、お互いに相手が分かるようになったらすぐに引き離し気味に育てるようにと忠告するんですが、なかなかそういうわけにもいかず、結局いつも2人だけでべったり一緒にいることになっちゃうんですよね。でも2人が大きくなると、家の都合で1人が奉公に出されることになって... 奉公に出ることになったランドリは仕事が忙しいこともあって、だんだん兄弟の関係から自立していくんですが、家に残されたシルヴィネが悲惨。暇だから色々と考えちゃう。そしてそこに登場するのが、ファデットという少女。...とは言ってもシルヴィネがファデットに恋してランドリを忘れるとかそういう話じゃなくて、彼女のせいで事態がややこしくなるんですが。
フランスの農村地帯が舞台のせいか、美しい自然と素朴な人々に囲まれて、とても柔らかく、それでいて地に足が着いた力強さもありました。ランドリやシルヴィネ、そしてファデットがその中で色んな経験をしながら成長していく様子が、濃やかに描かれていて美しいです~。良いことばかりが起きるわけじゃないのに、なんだかずっと柔らかい日差しに包み込まれているような印象。とっても分かりやすい展開だし、違和感を感じる部分もあるのですが(特に財産の件!)、すごく暖かな読後感。

そして「ばらいろの雲」には、「ものをいうカシの木」「ばらいろの雲」「ピクトルデュの館」の3編が収められています。こちらも美しい田園地帯を舞台にした作品。晩年のサンドが孫のために作った童話なのだそうですが、今読み返してみると、あまり子供っぽくなかったです。3編の中で一番好きだったのは、子供の頃と変わらず「ピクトルデュの館」。誰も見たことはないけれど、ヴェールをかぶった女性が招いた人間だけが入れるという荒れ果てた館、主人公のディアーヌが体験する、立像や絵画から抜け出した神々や水の精たちが舞い踊る幻想的な情景... そして話が幻想的なだけじゃなくて、現実的な部分とも綺麗に絡み合っているのがまたいいんですよね。(中公文庫・岩波少年文庫)


+既読のジョルジュ・サンド作品の感想+
「愛の妖精」「ばらいろの雲」ジョルジュ・サンド
「フランス田園伝説集」ジョルジュ・サンド

| | commentaire(4) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「愛の妖精」「ばらいろの雲」ジョルジュ・サンド へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(4)

四季さん、こんばんは。
「愛の妖精」・・懐かしいです。小学校の時、私も読んで大好きでした。なのに、ストーリーは朧気ながらしか覚えてないんです。
野生児ファデットがおしとやかに変身する所とかはがすごく印象でした。
四季さんの記事を読んで、これもフランスが舞台だったんだと、美しい自然とか雰囲気を思い出しています。
私の記憶では、ランドリーとファデットが恋人同士で、ひねくれていたシルヴィネがファデットによってたくましくなって、入隊していったような?合ってるでしょうか?

ワルツさん、こんにちは~。
「愛の妖精」、なんと小学生の頃から読んでらっしゃいましたか!(驚)
ワルツさんの記憶で間違いないですよん。ちゃんと覚えてらっしゃるんですね♪
そうそう、ファデットがお淑やかになっていくところは印象的ですよね~。
篠沢教授の訳では、お淑やかになった後の口調が、昭和初期の文学作品のようだったんですけどね。(笑)
田園地帯の描写がほんと美しくて、情景が目の前に広がるようでした。
フランス語の勉強がきっかけで、久々に読み返せてよかったです~。
ワルツさんもご一緒にいかがですか(^^)?

世界で一番大好きなお話☆

Fadetteさん、はじめまして。
そうでしたか。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.