「幸福ロケット」山本幸久

Catégories: / /

 [amazon]
山田香な子は、半年前に葛飾区お花茶屋に引っ越してきた小学校5年生。香な子の不幸は、まずクリスマス・イヴが誕生日だということ、山田香な子なんて平凡な名前であること、そして両親の仲が良すぎて、父が母と少しでも長くいるためにと母と同じ職場に転職してしまったこと。そして香な子の通う小学校では、隣の席は小森くん。香な子にとっては、これといって特徴のある男の子ではないのですが、ある日、クラスメートの中でも特に可愛い町野ノドカに、小森くんをデートに誘うのを手伝って欲しいと頼まれて...。

本当はうめさんに「笑う招き猫」をオススメされていた山本幸久さんの作品。「笑う招き猫」も買ったんですが、家に置いてきてしまったんですよねえ。(今は祖母の家です) そしたら父が偶然この本を持っていて、先に読むことに。ああ、もう、なんて可愛らしい初恋物語なんでしょう!
町野さんに協力を頼まれるまでは何とも思っていなかった小森くんのことが、気になっていく過程がとても丁寧に描かれてますし、どのエピソードを取っても、もうほんと可愛いくて~。京成本線での密かなデート、学校で見ているよりも小森くんが大人っぽく見える場面、可愛さでは自称クラスで8番目(笑)の香な子が、自分と町野さんの違いを比べる場面、香な子の抜け駆けに怒った町野さんに逆に闘志を燃やす場面... ずんずんと引き込まれちゃいました。
香な子の両親や義昭オジサン、元モデルで美人でちょっと怖い鎌倉先生、小森くんのお母さんなど、脇役の面々も魅力的。お父さんの前の会社での頑張りぶりや会社を辞めたエピソードも効いてるし、小森くんのお母さんが未来の顔を描くというエピソードもいいですねえ。日下くんが天文にのめりこんでいく様子も微笑ましくて応援したくなります。爽やかでほのぼのとして、気持ちが柔らかくなれるような作品でした。「笑う招き猫」も早く読まなくっちゃ!(ポプラ社)


+既読の山本幸久作品の感想+
「幸福ロケット」山本幸久
「笑う招き猫」山本幸久

| | commentaire(4) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「幸福ロケット」山本幸久 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(4)

mort_a_credit さんの「文体練習」読んできましたよー
なんかどっかで、見た時有るなと思っていたら(笑)
僕のメインのブログにて、1年位かけて複数の同じネタを
延々とループさせて書き方替えていた時期が有りまして
さもありなんと思ったり(ニヤリ

で、言葉と言うか?文章って実際問題、面白いなーとも
思いますし、関わり方は、人それぞれだけど、、頭に入って
来ると言う感覚は、共通の事なんかも??<妙にまともな
コメントだな。。血圧下げる薬の影響か?(笑

でもって、全然話が、変わるけど、大昔に読んだ確か?
「真っ白な嘘」とか言う本の文章が、やたらと面白かった
記憶が、有るのですが、一体全体どんな本だったのか?
記憶が全くナッシング!つーか?薬を飲み始めてからこっち
どうも頭の回転が、鈍ったと言うか?ネセロ(インターネット
リバーシ)してても、コロコロ負けるし(泣)テンションに
しろ、思考力にしろ、どうやら僕の源は高血圧だったのかも?
しかし、新しい自分ちゅーもんも、それなりに面白くも有りまする。

おお、既に実践済みだったとは。
テキスト書きな人なら、自然に思いつくネタだったのかー。
面白いですよね。
同じことでも、色んな書き方ができて、随分印象が違っちゃう。
文章の底力を感じた1冊でしたよ。
で、読んでた時、師匠がやったら面白いだろうなあって思ってたんですが
既にに実践されてたとは、失礼いたしました。(^^ゞ

「真っ白な嘘」ですか。
あ、それはフレドリック・ブラウンの「まっ白な嘘」ですね、きっと。短編集でした?
って、読んだことはないんですけど。(笑)
短編集は基本的にあまり…なんですが、やたら面白いとなると気になるなあ。
↓これですか?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4488146074/

血圧が下がるとゲームにも弱くなる…
ということは、私がゲームに弱いのは血圧のせい?!(笑)
そっかー、じゃあ私ももっと血圧が上がれば違う人生が開けてるというわけですね。
血圧とか体温とか脈拍とか、身体のことだけと思いがちだけど
案外性格を形作る大切な要素なのかもしれないですねえ。(笑)

おお、流石!図書館の専門家!(ちょっと違うか?(笑))
そうそう、それ「まっ白な嘘」です。確かに短編集だった事
までは、覚えているのですが、これほど内容を覚えていない本
つーのは、☆新一に匹敵するなーって、短編は記憶に残りにくい
のかな?でも「文体練習」を見て、それを思い出したと言う
事は、何か?関連が有るのか?うっすらとした記憶の中で、読後
にやたらと感心した類のモノだったとは、覚えているのですが…
<つーか、もう一度読めと言う話ですわな。。。

で、以前に同じネタを書き方変えて、ループさせていた時は
エントリーを保存しないで、10エントリーのみを残していく
やりかた(銘々:10コマンド(えへ))だったので、アレですが
今度、挑戦する時には、記録を残して対比できる式にしてみよう
かと思ったり<以外と乗せられやすい性格なんかも(爆)。。

あはは、図書館の専門家ってぇ。(笑)
やっぱりこの作品でしたかー。いや、どこかで見覚えがあって…
調べてみたら、1991年に出てる「ミステリ・ハンドブック」(ハヤカワの海外ミステリ・ベスト100)で
73位となってました。道理で見覚えがあるはずです。(一時参考にしてたので)
☆新一さんに匹敵する短編ってすごいですね。
でも私も☆新一さんの作品はかなり読んだんですけど、全然覚えてない…
ちゃんと覚えてるのは、「ブランコのむこうで」って、星さんに珍しい長編ぐらいです。ここから入ったので。(笑)
やっぱり短編は記憶に残りにくいのかもしれないですね。(笑)

今度挑戦する時は、ほんとちゃんと保存しておいて下さいね!
きっとまたちょっと違う雰囲気の面白いものができますよぉ~。
楽しみ楽しみ♪ (って勝手に言ってるしぃ)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.