「星空から来た犬」「魔空の森ヘックスウッド」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

Catégories: / /

  [amazon] [amazon]
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ2冊。すっごくファンというわけでもないし(失礼)、私にとっては好きな作品と嫌いな作品がハッキリ分かれる作家さんなんですが、身近なところからどんどん回ってくるので、翻訳されてる単独作品はとうとうコンプリートしてしまいました。
で、思ったんですが、やっぱりダイアナ・ウィン・ジョーンズの作品は初期のものの方が好き! 今回も複雑でヤヤコシイSFファンタジー「魔空の森ヘックスウッド」より、初期の傑作と言われる「星空から来た犬」の方が断然面白かったです。25冊ほど読んだ中で、私が好きなのは大魔法使いクレストマンシーシリーズの「クリストファ-の魔法の旅」と「トニ-ノの歌う魔法」だったんですが、この「星空の犬」を足してベスト3。(他の2作品も初期の作品のはず) 初期の作品の方がシンプルでストレートでぐっときます。(シンプルとは言っても当人比で、実際には十分重層的なんですが・笑)

その「星空から来た犬」は、無実の罪で高位の星官という身分から、地球上に落とされてしまった天狼星シリウスの物語。地球ではなんと子犬として生まれ変わり、地球に落ちたはずの「ゾイ」を見つけられれば以前の地位に戻されるけれど、見つからなければそのまま犬としての一生を終えることになる... という刑に処せられています。ラブラドール・レトリバーの子供として生まれてはみたものの、どう見ても雑種。飼い主は純血種の子犬を期待していたので、兄弟たちと一緒に袋詰めにされて川に流されちゃうし、生まれたところから波乱万丈。でもなんとか袋から抜け出して、キャスリーンという女の子に拾われることになるんですよね。子犬の間のシリウスは、星人だったことなんて全然覚えてないし、まるっきり普通の子犬。拾ってくれたキャスリーンがまるでシンデレラのような境遇なので、なかなか大変なんですけど、シリウスとキャスリーンが心を通わせていく部分がすごくいいです。そして大きくなるにつれて徐々に色んなことを思い出して、形も何も分からない「ゾイ」を探し始めるシリウス。でも、急がなくちゃと分っていながら、時には犬の本能に負けちゃったりして...(笑) ダイアナ・ウィン・ジョーンズって、きっと犬が大好きなんですね。犬好きの人には堪らないのではないでしょうか~。シリウスが外で出会う人たちもすごくいい味出してるし、星の世界が絡んでくる部分も好き。最後は切ないけど、楽しかった!

それにひきかえ「魔空の森ヘックスウッド」は... うーん、ちょっとややこしすぎ。時系列が飛び飛びになったり、行ったり戻ったりする辺りはついていけるんだけど、1人2役どころか一体何役よ?!って辺りですっきり読めませんでした。みんながお芝居を演じてるようで、そういう意味では楽しいんですけどねえ。(アーサー王伝説やゲド戦記のモチーフも!) 全部分かった上で読み返したら、きっと今度は良く分かるんでしょうけど、そこまでするほどでは...。(苦笑)

この2冊は相当長い間積んでたので、ようやく返せて嬉しいわー。(笑)(早川書房・小学館)


+既読のダイアナ・ウィン・ジョーンズ作品の感想+
「魔法使いハウルと火の悪魔」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「アブダラの空飛ぶ絨毯」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「デイルマーク王国史」1~4 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「わたしが幽霊だった時」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法使いはだれだ」「クリストファーの魔法の旅」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔女と暮らせば」「トニーノの歌う魔法」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法がいっぱい」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
留守中に読んだ本(18冊)(「マライアおばさん」「七人の魔法使い」「時の町の伝説」の感想)
「呪われた首環の物語」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「花の魔法、白のドラゴン」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「いたずらロバート」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジーランド観光ガイド」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「バウンダーズ」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「星空から来た犬」「魔空の森ヘックスウッド」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「バビロンまでは何マイル」上下 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ウィルキンズの歯と呪いの魔法」「海駆ける騎士の伝説」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「うちの一階には鬼がいる!」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法!魔法!魔法!」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「ぼくとルークの一週間と一日」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「牢の中の貴婦人」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法の館にやとわれて」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「キャットと魔法の卵」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
Livreに「ダークホルムの闇の君」「グリフィンの年」「九年目の魔法」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「星空から来た犬」「魔空の森ヘックスウッド」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.