「言いまつがい」ほぼ日刊イトイ新聞編

Catégories: /

 [amazon]
ほぼ日刊イトイ新聞に届いた「まつがいネタ」の投稿を厳選して1冊にまとめた本。その数、なんと700発だそうです。いやあ、面白かった。特に「時代物」~「電話」は、涙が出るほど笑いました。...でもそれ以降は、笑いの発作がすっかりおさまってしまったらしくて、ニヤリ程度。太字大文字で強調されてるところより、普通の字で書かれてるところの方が笑えるって、ちょっと笑いのツボがズレてるのかしら? 他の人はもっと全部爆笑できるのかな? でもおじーちゃんおばーちゃんが間違えるネタも可愛いけど、真面目に仕事してる人が予期していない時に放つ「言いまつがい」の方が絶対笑えるんだもん。

そして1つびっくりしたネタ。このネタ、私も体験してます。もしや同じ電車に乗っていたのでしょうか!

○十三
中学時代、大阪の電車に乗っていたときのこと、「次はぁ~、じゅうそう~、十三~」。着いてみたら十三の一つ手前の駅だった。電車が発車し、乗客の混乱がおさまった頃に「次もぉ~、じゅうそう~、十三~」。動揺のカケラもないアナウンスに、こっちが動揺した。

いやあ、あの時はびっくりしました。そして、「うわあ、やるなあ」でした。(新潮文庫)

| | commentaire(8) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「言いまつがい」ほぼ日刊イトイ新聞編 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

言いまつがい糸井 重里 ほぼ日刊イトイ新聞新潮社 2005-03-29売り上げランキング : 1,508おすすめ平均Amazonで詳しく見る by G-... » Lire la suite

Commentaires(8)

この「十三」アナウンス話、私も以前噂で聞いたことあります。
もしかしたら、阪急電車の持ちネタなんではないでしょうか。怪しい。

ほぼ日手帳を使ってるんですけど、下に厳選された「言いまつがい」が書かれてます。
ちょっと読んで、あははって和んでいる私でした。

わ、きみ駒さんもご存知でしたか!
実は有名な話だったんですね。
これね、結構混んでる時間帯だったと思うんですよ。
その乗客1人1人から伝わると、際限なく広がりそうな気もしますが
でも実は阪急電車の持ちネタだったのかしら~。(笑)
阪急電車には相当乗ってますが、あの1回しか聞いたことないんですよ。
…また聞きたい。(笑)

こういうのって、本として読んじゃうと一気に読んでしまうけど
1日に1つ和むネタ、ぐらいが丁度いいのかもしれないですね♪

四季さんこんばんわ(^^)

私も読みました。
私は京阪電車で似たような経験をしました。

個人的には「妄想ーぉ!」が大好きです♪

ねあ。さん、こんにちは♪
えっ、京阪電車でも同じようなことがあったんですか!
もしや大阪には結構あるエピソード?
そこで「次も」と言ってしまうところが大阪人ですね。(笑)

あ、「妄想ーぉ!」も、面白かったですね!
その後の反応が見てみたかったです~。
みんな一瞬きょとんとして、それから大爆笑かな?
一生言われ続けそうですよね。(笑)

こんにちは!
次も十三って!実は私もあるんですよ!友達の家に遊びにいってる途中聞いて爆笑でした。とっても暑い日で日よけから光がもれてまぶしすぎるのを覚えてます!
あの話をしても作り話だといって信じてもらえなかったんですが、ここにイタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

多分鉄道会社の持ちネタかもしれません。
ちなみに「言いまつがい」では「息子いますか?」という中国人留学生の台詞が一番受けました。

えええっ、moji茶さんも経験してたんですか!
うわー、同じ電車に乗ってたんでしょうか。それともやっぱりネタ…?(笑)
でも同じ電車に乗ってたって思う方がなんか楽しいですよね。(笑)
や、暑い日だったかどうかは覚えてないのですが…(^^ゞ

「息子いますか?」、間違ってないだけに可笑しいですね。
という私が一番受けたネタ、そういえば書いてませんでした。
一番好きだったのは、侍シリーズで~す。

∑(`Д´;)

すみません!「言いまつがい」の記事をTBしたつもりが砂漠をTBしてしまいました!
ウインドウをたくさん開いていたので間違えました。すみませんー。(汗

改めて「言いまつがい」と「砂漠」にTBさせていただきます。

あ、そうだったんですね!
あれ~と思いつつ、とりあえずTBしてました、私。(笑)
「言いまつがい」、こちらからもTBさせて頂きますね。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.