「魔法がいっぱい!」ライマン・フランク・ボーム

Catégories: / /

[amazon]
「オズの魔法使い」のシリーズで有名なライマン・フランク・ボームの処女作。14編の短編が収められた連作短編集です。このうち2作は、以前アンソロジーで読んでいて(感想)、まるでオズの国の延長にいるような可愛らしいおとぎ話だなーと思ってたんですが、実際にこのこの国はオズの国に繋がっていたんだそうです。登場人物も共通してるし、この物語の舞台となるモーの国は、オズの国の南東にあるのだとか。そしてこのお話はほんと美味しそうなんです。

<モーの谷>には二筋の河があり、その一つにはとても濃い牛乳が流れています。このミルク・リヴァーの中には島がいくつかありますが、なかにとびきり上等のチーズできている島があり、人々はいつでも食べたいと思うときにシャベルですくっていいことになっています。流れがゆるやかな岸辺の淵には、舌もとろけるようなクリームが牛乳の面てに盛り上がっており、睡蓮のかわりにイチゴの大きな葉が浮かんでいて、よく熟れた赤いイチゴが鼻先をクリームの中にトップリとつっこんでいるさまは、さあここへ来て召し上がれといわんばかりです。河岸を形づくっている砂は、まじりけなしの白砂糖。藪の中にはありとあらゆるキャンディやボンボンが鈴生りで、だれでも気軽に摘み取ることができます。

この他にも、全編美味しそうな描写がたっぷり。でもこういうのは、子供の頃に読みたかったですね。大人になってから読むと、可愛らしいとは思うけど物足りない...。
処女作のせいかオズシリーズではなかなか見られないようなグロテスクなシーンもあるんですが、どこか上品なユーモアに感じられるのが魅力。でも初期のハヤカワ文庫FTって子供向けの作品が結構目につきます。もっと大人向けのが読みたいぞ。(ハヤカワ文庫FT)

| | commentaire(1) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「魔法がいっぱい!」ライマン・フランク・ボーム へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(1)

とても、面白カッタです。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.