「生活はアート」パトリス・ジュリアン

Catégories: /

 [amazon]
フランス大使館から東京日仏学院に転職、その後レストランオーナーシェフを務めたのち、現在はレストランプロデュースや料理家、商品開発、ハウジング、講演、執筆活動など多才ぶりを見せるパトリス・ジュリアンさんのエッセイ。たらいまわし企画第21回「教えてください!あなたのフランス本」でLINさんが挙げてらした本です。(記事

この1冊にパトリス・ジュリアンさんの日々の生活に対する様々な拘りが詰まっていて、「こういう部分に拘るのねー」とか「分かる分かる、そうだよね」「それはちょっと違うんじゃ?」が楽しかったし、大学時代に入り浸ってたFOB COOPを始めとして、知ってる場所が意外と沢山登場したのも懐かしかったんですが、もう少し早く出会ってたら、もっと楽しめたかも。言ってみれば、読んで啓発されて、自分なりのスタイルを作り上げる一助となるような本だと思うんですが、今の私の場合、曲りなりにも生活スタイルも自分自身も確立してしまってるので...。「なるほど」と思いながらも、どこか客観的に読んでしまう部分も多かったような気がします。
とは言っても、「自分」を探している時に読むと、大きな影響を受けそうな本。(もちろん、そっくりそのままこの本の真似をしても仕方ないですが!) 生活がマンネリに感じられたり、何か迷いが出てきた時に読み返すと、また新鮮な気持ちに戻れそうです。(幻冬舎文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「生活はアート」パトリス・ジュリアン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.