「愛のゆくえ」リチャード・ブローティガン

Catégories: / /

 [amazon]
その図書館は、普通の図書館とは違い、人々が大切な思いを綴った本を保管するだけのために存在する図書館。保管された本を調べたり読んだりする人は誰もおらず、図書館に来るのは、自分が書いた本を置きに来る人々だけ。そして「わたし」の仕事は、それらの人々に会って本を受け取り、その本を登録すること。人々は24時間いつでもやって来るので、この職について以来3年間、「わたし」は図書館から一歩も出ない生活を送っていました。そんなある日やって来たのはヴァイダ。並外れて美しい自分の容姿を恥じていたヴァイダですが、「わたし」と恋に落ちて図書館に暮らし始めることに。

一読して感じたのは、まるで村上春樹作品みたい!ということ。そして、人々が書き綴った本は誰にも読まれることなく図書館に保管され、図書館がいっぱいになると洞窟に移され、そのうちに朽ち果てることになるのですが、その部分はまるで「恥」を全て川に流しているボリス・ヴィアンの「心臓抜き」(感想)のようでした。こういう不思議感覚の作品は大好きです♪

でも、読み終えてから原題の「THE ABORTION」を見てびっくり。これは直訳すると「堕胎」のこと。そして訳者解説によると、ヒロインとなる「ヴァイダ」(Vida)の名前は「生命」を表す「Vita」から来ているのだそうです。この作品のテーマは、「生」と「死」だったんですね。
そう思って読み返してみると、物語のモチーフが色々と深い意味を内包していることに気づきます。まずここの図書館は、様々な人々が自分の書いた本を置き去りにする場所。新しい命をせっかく生み出したかと思えば、人々はそれらの命をこの図書館に捨てていってしまうんですよね。まるで「堕胎」のように。そして「わたし」とヴァイダは、本当の堕胎のためにはるばるメキシコまで行くことになるんですが、彼らにとってのメキシコは、本を書いた人々にとっての図書館。結局、その旅によって「わたし」は結局職を失ってしまうことになるんですが、図書館から外の世界に出ようとする「わたし」の姿は、まるで子宮から生まれ出る赤ん坊のようにも見えてきます。
リチャード・ブローティガンの作品は初めて読んだんですけど、いいですね。他の作品も読んでみたいです。(ハヤカワepi文庫)


+既読のリチャード・ブローティガン作品の感想+
「愛のゆくえ」リチャード・ブローティガン
「西瓜糖の日々」R.ブローティガン

| | commentaire(4) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「愛のゆくえ」リチャード・ブローティガン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(4)

この作品好きです。本好きとしては、図書館が舞台なのもたまりません。
でも、なんで中絶しなくちゃいけなかったのか、いまいち納得が行かなかったのですが。

kazuouさん、こんにちはー。
わあ、お好きでしたか! いいですよねえ。
こういう作品って大好きです。図書館が舞台というのもツボですよね。
中絶は… うーん、この時代には、きっと意味があったんだと思うんですよね。
でも多分それは、日本人の私たちが今読んでも
きっとピンと来ない部分なんだろうなあ、なんて思いました。

四季さんこんにちは。
私もブローティガン大好きです。
特に「西瓜糖の日々」は私のエヴァーグリーンです。

確かに村上春樹に似ていますよね。
ブローティガンとヴォネガットの文体を足すと村上春樹のスタイルにかなり近づくのではないかと思います。

keiさん、こんにちは!
ブローティガンがお好きでしたか。
「愛のゆくえ」は、amazonではそれほど絶賛されてなかったし
ブローティガン自身が60年代の英雄っぽいことが書かれてたので
正直どうかなと思ってたんですけど、読んでみてすっかり気に入っちゃいました。
「西瓜糖の日々」もぜひ読んでみたいです!

ヴォネガットは、「タイタンの妖女」の人ですね。実はまだ1冊も読んだことないんです。
ブローティガンとヴォネガットで村上春樹にさらに近づくなんて
それはやっぱり読んでみないといけないですねえ。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.