「チョコレートコスモス」恩田陸

Catégories: /

 [amazon]
今回の作品は、一言でいえば演劇物。書けないで苦しんでる脚本家や、若手の実力派女優や、大学生の劇団員らの視点から物語は進んでいきます。「ネクロポリス」では正直がっかりしたし、「エンドゲーム」では、途中まではものすごく面白かったのに、読み終えみると自分の中に何も残ってなくて、これまたがっかりしていたんですが、これは良かったです。久々の大ヒット! もう、夢中で一気読みしてしまいました。最近すっかり海外物づいてて、日本物を読むのをちょっと躊躇ってたんですが、これは読んで良かったです~。

というのは、きっと私自身がお芝居をとても好きなせいも大きいと思うんですが...。ここ数年はほとんど観てないんですけど、この「チョコレートコスモス」に登場するあの劇場にも、大学時代によく通ってたし、実際に小劇団の公演のお手伝いをしたこともありますしね。(お手伝いとは言っても、ほんのちょっぴりなんですが) そして私自身は大学時代にバンドを組んでいて、ライブハウスの雰囲気が堪らなく好きだったんですが、ライブハウスと小劇場ってあの空気感が共通してたんだなあって、今頃になって思ったりします。そして、これまた今頃気がついたんですけど、私が読んでいて興奮する本って、そういう空気に通じる作品みたいです。どれだけ臨場感があって、どれだけ鮮やかにその情景が浮かび上がってくるかが、私の中での最重要ポイントみたい。いい作品だとは思っても、映像として鮮やかに浮かんでこない作品って、あまり意識や記憶の中に残らないような気がします。

それにしても、役者さんによって演じられている舞台の場面を文章にして、その臨場感や興奮をダイレクトに読者に伝えるのって、とても難しいんじゃないかと思うのに、この作品からは、本当に鮮やかにその臨場感や興奮が伝わってきました。舞台ものとしては、服部まゆみさんの「ハムレット狂詩曲」以来かも。(これも、繰り返し繰り返し「演じる」場面が描かれる作品なんです) 臨場感が肌に直に伝わってくるし、まるで自分もその芝居の場に居合わせているような感覚。それも観客席から見ているのではなく、同じ舞台に立っているかのような、しかも自分も一緒に「向こう側」へと連れて行かれてしまったかのような...。
登場人物の中では、演劇界のサラブレッドで、天才子役から現在や若手実力派女優となっている東響子がすごくいいです。その力やオーラをひしひしと感じます。彼女に比べると、佐々木飛鳥の造形は一見負けてるようにも見えるんですが、でもそれは、彼女がまだまだ卵の段階だから。殻を破って、自分の力で飛び立った後の飛鳥の姿が無性に見てみたくなってしまいます。それに脚本家の神谷の書く芝居がどんな本になるのか、そしてそれがどんな風に演じられるのか、観てみたくて堪らない!
そしてこの作品は、登場する役者さんや劇団について、「これは... もしかして○○?」と考えながら読むのも楽しいです。(毎日新聞社)


+既読の恩田陸作品の感想+
「夏の名残りの薔薇」恩田陸
「小説以外」恩田陸
「ユージニア」恩田陸
「蒲公英草紙」「光の帝国」恩田陸
「酩酊混乱紀行『恐怖の報酬』日記」恩田陸
「ネクロポリス」上下 恩田陸
「エンド・ゲーム」恩田陸
「チョコレートコスモス」恩田陸
「中庭の出来事」恩田陸
「朝日のようにさわやかに」恩田陸
「木洩れ日に泳ぐ魚」恩田陸
「いのちのパレード」恩田陸
「猫と針」恩田陸
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(10) | trackback(6)

Trackbacks(6)

「チョコレートコスモス」恩田陸 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

チョコレートコスモス/恩田 陸 毎日新聞社/1,680円(税込) ●3月新刊● 役者の家族を持ち、才能も実績もある女優・響子は、役者としての自分に迷い... » Lire la suite

チョコレートコスモス恩田 陸 毎日新聞社 2006-03-15売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools (出版社 / 著者からの内... » Lire la suite

誰もが望んでいた。新国際劇場のこけら落としとなる芝居に出ることを。ベテラン女優... » Lire la suite

「チョコレートコスモス」なんて、 かわいらしいタイトルとは裏腹な。 そこには、激しい女たちの闘いが!(笑) 書けなくて苦しんでいる脚本家。 突拍... » Lire la suite

昨日も、恩田陸『チョコレートコスモス』について書いたが(恩田陸『チョコレートコスモス』→サキ「開いた窓」)、どちらかというと、サキという作家の短編小説「開いた窓... » Lire la suite

タイトル:チョコレートコスモス 著者  :恩田陸 出版社 :毎日新聞社 読書期間:2007/03/27 - 2007/03/29 お勧め度:★★★★★ ... » Lire la suite

Commentaires(10)

今日図書館から借りることができました♪
四季さんのレビューを拝見して、ますます
期待が高まりました(*^▽^*)

TBさせていただきました。
この作品、とっても臨場感ありましたよね?。
芝居を見ている感じがしてとってもよかったです。
この後に続く物語をぜひ読みたいな?と思ってます。

>ゆこりんさん
丁度借りられたんですね!
今回はミステリでもホラーでもなく、でしたよ。こういうのも大好きです。
あんまり期待させちゃうような発言をするのは危険かもしれないんですが、
今回は私の好みのど真ん中でした。ぜひぜひ楽しんで下さいね。
ゆこりんさんの感想を、楽しみにしてま~す。

>むつぞーさん
TBありがとうございます。
ほんと、ものすごく臨場感がありましたよね。
あのオーディションの場面なんて、自分も舞台に上がってるのかってぐらい
感情移入して読んでしまいました。(^^ゞ
あの後どんなお芝居になったのかしら… 稽古の場面とかも読みたいですよね。
でも読みたいと思いつつ、ここで止めておくのがいいような気もしたり…
ちょっと複雑な心境です。(笑)

四季さん、こんにちはー♪
ほぼ同時期に読んでいたんですね!

今『ヒストリアン』を読んでるんですが、なかなか進まなくて
息抜きのつもりで読み始めたら止められなくて一気読みしちゃいました~。

私も私も!ほぉんとに夢中になって読んじゃいました!大興奮!
『エンドゲーム』がやっぱりイマイチだったので、余計に面白かったのかも(笑)。
サキの「開いた窓」が未読だったので、ネタばらしされてしまいましたけど、
どう演じて魅せてくれるのか、私まで手に汗握っちゃいました。
響子さん、良かったですねえ。
彼女の演技に対する熱い思いがひしひしと伝わってきて。
その結果の、クライマックスのあの舞台!!!
背筋がぞわぞわしっぱなしでした!感動!

ぜひともシリーズ化して欲しいですね。
このままでは半殺し状態ですもの。
続編で、早く彼女たちのお芝居が見たいです。
「向こう側」へ無事辿りつくことができるんでしょうか。どきどき。

七生子さん、こんにちは~。
ほんと、これはもう一気読みしちゃう本ですね。
読み始めたらもう止まらなくて、どうしようかと思いましたよ。
読んでる最中に本を取り上げられたら、子供みたいに暴れたかも…(笑)
久々に、思いっきり本の世界の中に入り込めて幸せです~。

あ、やっぱり七生子さんも「エンドゲーム」はイマイチでしたか。
今思い返してみても、別に常野の穏やかな雰囲気だけを求めていたわけでもないし
期待しすぎてたってこともないと思うんですけどねえ… 途中まではとても面白かったし。

何はともあれ、そんな欲求不満状態を、この本が一気に吹き飛ばしてくれました!
もう最後の最後まで面白かったです~。
ほんと背中がぞわざわしっぱなしでしたよね。こういう作品は大好きです!!

あ、でも続編に関しては、読みたいような読みたくないような、複雑な心境なんですよ。
もちろん、どんなお芝居が書きあがったのか、どんな風に演じられるのか
飛鳥のその後はどうなったのか、気になる部分はそれこそいっぱいあるんですが…
でも、そこで書かれた作品に満足する自信がなくて。(^^ゞ
それこそ期待が大きくなりすぎてしまいそうで、とってもキケンな状態です。
続編はあるのでしょうか? どきどきしてしまいます。

おはようございますー!
ほんと、ネクロポリス~エンドゲームで、もう恩田さんはやめようかと思ったのですが、読んでよかったです。

恩田さんは、演劇、映画、美術にかなり深い造詣をもってらっしゃいますよね。
このあたりのお話になると文章がすごく立体的にうきあがってくる所が特に好きで。

ところで、四季さん!

四季さんもバンド活動&演劇のお手伝いをされてらしたのですね。
私もですー。
四季さんと同じように、ステージ&ライブの熱にとりつかれたもののひとりです。
四季さんの読書感想が、私にとって、とても参考になっている要因のひとつだと思いました。
これからも頼りにしてますね!!!

あ、このチョコレートコスモスの、新進の演出家って、野田さんですよね?
私の頭の中は、すっかり野田さんのつもりで読んでました。
ああ、贋作・桜の森の満開の下!
今一度、ライブでみたいですね~~~。

picoさん、おはようございます。
本当に、この作品は読んで良かったです~。
情景が立体的に浮き上がってくるのは、恩田さんならではですけど
この作品では、今まで以上にそれが鮮やかだったと思いました。
あの臨場感に、すっかり捕らえられてしまいましたもん。

そうそう、そうなんです。バンド活動&演劇のお手伝い!
picoさんもやっていらしたのですね~。わあい、お仲間です(^^)。
ステージ&ライブの熱は、一度体感してしまうとダメですね。
しかもあの熱を一度舞台側で感じてしまうと、もはや観客席側だけでは満足できなくて…!
バイトに追われながらも演じることがやめられない役者さんの気持ちが、ものすごく分かってしまいます。
という私も、いいライブに行ったりすると、羨ましさで息ができなくなりそうになることが…
今は、すっかり足を洗ってしまってるので、自業自得なんですが…(^^;
でもpicoさんは、ちゃんとそこに繋がるお仕事をされてるのですね~。素敵です♪

そういう体験も、本の好みに影響してるんですねえ。
あの一体感を、どこかで探し求めてるのかもしれないですね。(笑)

あ、野田さん! 私もそう思いました! てか、確信してました!
「贋作・桜の森の満開の下」、懐かしいです…
夜長姫の毬谷さん、ほんと素敵でしたものねえ~。あれは忘れられないです。
またぜひライブで観たいです~。

読了しました。
もう言葉では言えないくらいよかったです。
読み終わった後も胸がドキドキしていました。
文句なく五つ星です(*^▽^*)

ゆこりんさん、こんにちは~。
読まれたんですね! TBありがとうございます。
文句なく五つ星だなんて、感想を拝見するのが楽しみです。
今からお伺いしますねえ♪

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.