「終末のフール」伊坂幸太郎

Catégories: /

 [amazon]
8年後に小惑星が地球に衝突して世界が滅亡するというニュースが流れて以来、地球上は大混乱。ここ仙台でも、人々はパニックに陥り、秩序は崩壊していました。暴動や殺人、強盗、放火、自殺も日常茶飯事に。...そして5年が経過。多少の落ち着きを取り戻した街に、今なお住む人々は...。地球に残された時間はあと3年。

またまた凄い設定ですねー。伊坂さんらしいです。でも、地球滅亡まであと8年なんて発表されたら、本当に世の中はここまで荒んでしまうんでしょうかねえ。だってまだあと8年もあるんですよ! スーパーに食糧の確保に走るのならまだしも、ここまでタガが外れてしまうなんて。人間、元々明日の命だって分からないじゃないですか。8年後に地球が滅亡するとはいっても、本来はもっと短い寿命かもしれないのに。しかも衝突なんて、結局起きないかもしれないのに。...という私は、おそらく日々の生活を規則正しく続けようとするのではないかと思うんですが... でも、世の中そういうわけにもいかないんでしょうね。たとえ一部の人でも、そういう興奮状態に陥ってしまったら、それが伝染してみんな熱に浮かされたようになってしまうんだろうなあ... そういえば、これって新井素子さんの「ひとめあなたに...」の逆パターンかも。「ひとめあなたに...」は、確か、骨肉腫で右手を切断しなくちゃいけないと分って彼氏が荒れるんですけど(彫刻家か何かを目指していたので、右手切断は死亡宣告と同じだった)、そんな時に1週間後に地球が滅亡すると分って(これも隕石か惑星の衝突)、そんな細かいことがふっとんじゃう話。

でもニュースが発表された直後でもなく、地球が滅亡するまさにその時でもなく、騒ぐだけ騒いで、世の中が少し落ち着いた頃という設定がいいですねえ。残された時間は3年。自暴自棄のまま突っ走るには長丁場すぎるし、そのまま何もしないで終わらせるにも勿体ないような長さ。一時の混乱の中を生き延びた人々の中を流れるのは、かりそめではあるにしても、静かで穏やかな時間。皆それぞれに何かを失いつつも、きちんと前向きに人生と向き合っています。ただ生きるということが、生物の一番の基本だということを改めて感じさせてくれるようです。 (集英社)


+既読の伊坂幸太郎作品の感想+
「死神の精度」伊坂幸太郎
「魔王」伊坂幸太郎
「砂漠」伊坂幸太郎
「終末のフール」伊坂幸太郎
「陽気なギャングが地球を回す」「陽気なギャングの日常と襲撃」伊坂幸太郎
「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(6) | trackback(8)

Trackbacks(8)

「終末のフール」伊坂幸太郎 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

  ◎ 『オーデュボンの祈り』 ◎◎ 『ラッシュライフ』 ◎◎ 『重力ピエロ』   ◎ 『陽気なギャングが地球を回す』   ○ 『アヒルと鴨のコインロ... » Lire la suite

 多分、帰っちゃうんだろうなあ・・・。  今、もし、8年後に惑星が地球に衝突し、人類は滅亡しますという話になれば、高校生男子の“まだ”の人たちは大変である... » Lire la suite

終末のフール伊坂 幸太郎 集英社 2006-03by G-Tools , 2006/05/13 「じたばたして、足掻いて、もがいて。生き残るのっ... » Lire la suite

        終末のフール 『いいか、俺は理由なんて知らねえけどな、とにかく自殺なんてしたら、ぶっ殺すか... » Lire la suite

終末のフール ■やぎっちょコメント いや?。すがすがしいお話でした!! 小惑星が地球にぶつかるまで3年。仙台郊外の各家庭を舞台に8つの短編から成っています... » Lire la suite

終末のフール伊坂 幸太郎 (2006/03)集英社 この商品の詳細を見る 伊坂幸太郎氏の『終末のフール』を読み終わりました。 物語は短編だけど、 ... » Lire la suite

タイトル:終末のフール 著者  :伊坂幸太郎 出版社 :集英社 読書期間:2006/08/07 - 2006/08/11 お勧め度:★★★★★ [... » Lire la suite

終末のフール (集英社文庫)クチコミを見る 出版社: 集英社 (2009/6/26) ISBN-10: 4087464431 評価:90点 ... » Lire la suite

Commentaires(6)

これは目のつけどころが本当にいいですよね。
他の作家だったら、人類滅亡の知らせでパニックになった社会の混乱を描くでしょう。
そもそもそうしたスペクタクルもなしで、人々の日常を描いているだけなのに、これだけ読ませるとは、作者の非凡な才能を感じさせられます。

おお、kazuouさんも読んでらっしゃいましたか。
海外の文学にあれだけ造詣が深いのに、日本のものもおさえてらっしゃるんですね。(尊敬)
でもほんと、伊坂さんは、他の作家さんとは目のつけどころが違いますよね。それはしみじみ思いました。
映画だったら、絶対大スペクタクルシーンを撮りたいところでしょうし… 新「日本沈没」?(笑)
毎回色んな作品で驚かせてくれて、やっぱり伊坂作品は大好きです。

こんにちは。
四季さんのおっしゃるとおり、この設定が絶妙なのかもしれないですね。
私ならどうする・・・?というのは怖くてあまり考えられない私です・・・。
TBさせていただきました。

EKKOさん、こんにちはー。TBありがとうございます。
ニュースが流れてからの混乱はきっと凄かったんでしょうけど
ここまできたらみんなそれぞれに腹を括っているようですよね。
でも8年という期限にもっと近づいたら、それはそれでまた大変になりそう。(笑)
5年目の小休止期間というのが、すごく伊坂さんらしいなーと思いました。

こんにちは。ようやく読めました。

混乱した世の中が凪いだ期間の出来事って設定がうまいですよね。
みんな、右往左往するのに疲れてしまったんでしょうね。
そのときが来ても、慌てず騒がず、日ごろの生活を送っていられればいいなぁと思います。。

あおちゃんさん、こんにちは。
「凪いだ期間」という言葉がいいですね。すごくぴったり。
8年という時間は、ただ右往左往して過ごすには長すぎるので
本当にこんな混乱が起きるのかしらと、やっぱり思ってしまうんですけど…
きっと新興宗教の天下になりますよー。(笑)
それでもこういった時期を描くというのが伊坂さんならではで上手いなあって思いますね。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.