「神様ゲーム」麻耶雄嵩

Catégories: / /

 [amazon]
その頃、神降市で起きていたのは、野良猫の連続殺害事件。猫はただ殺されているだけでなく、そのたびに首や手足が切り取られて持ち去られていました。芳雄のクラスメートが可愛がっていた猫も、3日前に4匹目の犠牲者となったばかり。そんなある日、トイレ掃除で一緒になった転校生の鈴木君に話しかけた芳雄は、鈴木くんが自分のことを神様だと言うのを聞いて驚きます。鈴木くんが真面目なのか冗談を言ってるのか判断がつかなかった芳雄は、自分や周囲の人々のこと、そして猫殺しの犯人について訊ねることに。

ミステリーランドの7回目の配本。同時配本は、田中芳樹氏の「ラインの虜囚」。小学校最後の夏休みの冒険譚、みたいな話ばかりが続いて食傷気味だったミステリーランドなんですが、違うタイプの作品も増えてきたようですね。「ラインの虜囚」は、「三銃士」や「紅はこべ」が好きな人には堪らない作品だし(感想)、こちらの「神様ゲーム」もまた一味違いました! これはともっぺさんのオススメ。そういえば「ラインの虜囚」も、ともっぺさんにオススメいただいたんですよねえ♪
そしてこの作品は、一言で言って、「さすが麻耶さん!」 かなりブラックではあるんですけど、ミステリーランドというレーベルに相応しくとても分かりやすい展開。それでも麻耶さんの作品なので油断せずに読んでいたんですが... うわあ、最後の最後が! そうきましたか! さすが「夏と冬の奏鳴曲」の作者だー。うわー、この感覚は久々です。実は麻耶さんの作品は、最初に読んだ「夏と冬の奏鳴曲」のインパクトが強すぎて、他の作品にやや物足りないものを感じていたんですけど... いえ、普通は他の作品の方が読みやすいと思うんですが、「夏と冬の奏鳴曲」の、不可解さに頭がぐるぐるしてしまうような感覚が忘れられなくなってしまった私にとっては、ということです。そしてこの作品は、それ以来のぐるぐる感。もう、嬉しくなってしまいましたー。

でも本当にワケ分かんないです。これは結局どういうことだったの...???(ヲイ)

この作品で一番面白かったのは、やっぱり鈴木くんの存在ですね。自分のことを神様だと言い、「きみといろいろ話せて楽しかったからね。そのお礼だよ」と、簡単に犯人の名前を明かしてくれる鈴木くん。神様を前にしてしまうと、ミステリ的な論理的な推理は存在しません。そこにあるのは、ただ「真実」だけ。でも、鈴木くんは本当に「神様」なのかどうか... 信じていいのか分からない読者(芳雄もですが)にとっては、それは逆に持て余してしまうような真実。
この作品は子供には読ませたくない、という意見は多いし、その気持ちも分かるんですけど... ええと、やっぱりダメですかね? 私自身は、別に構わないんじゃないかなって思うんですけど... 少なくとも第1回目配本の某作品みたいな後味の悪さはなかったと思うし、これなら許容範囲かと... でも、そんな意見は少数派なんでしょうね。限りなくゼロに近かったりして。(笑)(講談社ミステリーランド)


+既読の麻耶雄嵩作品の感想+
「神様ゲーム」麻耶雄嵩
Livreに、これ以前の作品の感想があります)

| | commentaire(8) | trackback(4)

Trackbacks(4)

「神様ゲーム」麻耶雄嵩 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

 あちこちで物議を醸しだしている衝撃の問題作、『神様ゲーム』の感想をこちらに。さすが麻耶雄嵩、少年少女を容赦なく奈落に突き落とすような物語。ミステリとしても普通... » Lire la suite

小学四年生の芳雄の住む神降市で、連続して残酷で意味ありげな猫殺害事件が発生。芳雄は同級生と結成した探偵団で犯人捜しをすることに。そんな時、転校してきたばかり... » Lire la suite

 掻き立てるミステリーは、いい。たいしてミステリーを読まぬくせに、むしろ苦手なくせに、ふいにそんなことを思う。“かつて子どもだったあなたと少年少女のためのミステ... » Lire la suite

■本文は事件の「真相」に「触れて」います!  ……しかし、「真相」には至っていません(涙)  麻耶雄嵩『神様ゲーム』〔注1〕のポイントは、 「神様」た... » Lire la suite

Commentaires(8)

こんにちはー♪
四季さんがこの作品読んでいなかったことがちょと意外でした(笑)。
でもって、わたしもこの作品、子どもに読ませるのはアリだと思ってます。
限りなく少数派であることに変わりはないですが(笑)。

四季さん、こんにちは^^

これはすごく好きでした。
やっぱり麻耶さんはこうでなくちゃ!
ラストのオチは
腰が抜けちゃいそうなほど
ビックリしましたよ。
なんでそっちやねん?と(笑)
やっぱり麻耶さんは
貴重な存在ですよね♪

>ちょろいもさん
こんにちは~。そうなんです、未読だったんです。
ミステリーランドにもすっかり飽きて(をい)、まだ当分いっか、と思っていたら
このミスなどのランキングで上位になって、図書館でも予約がどっさり。
実は4ヶ月待ちぐらいで、ようやく手元に来たんですよ~。

あ、やっぱり子供に読ませるの、アリですか?(笑)
わーい、同意見の人がいて嬉しいな。
そりゃオススメして回ったりはしませんけど、子供の目から隠そうとは思わないです。
もし興味を持ったら、読んでもいいんじゃないかしら…
…そういうのって、鬼畜ですかね?(笑)

>かなめさん
こんにちは~。
ほんと、このラストには驚かされましたよ。
度肝を抜かれたという表現がぴったりかも。びっくりです。
>なんでそっちやねん?と(笑)
そうそうそうそう。(笑)
でも、これが麻耶さんなんですよねっ。
久々にこんな感覚を味わえて、すごく嬉しかったです。
やっぱり貴重な存在ですよね~。いいわあ~。

すみません~
トラックバックが重複してしまいました(T_T)

子供向けの本でも、麻耶雄嵩独特のクオリティが落ちないところが凄いですね。

満足感いっぱいです。

ど~じ~さん、こんにちは。
ほんとすごいですよね。麻耶雄嵩らしさが全開!
こんな風に驚かせてもらえるとは思いませんでしたよ。
こういう作品は大好きです♪
「夏冬」以来の満足感でした~。

四季さん、コンニチハ。
記事を拝見したら、オススメしてくださった「夏と冬の奏鳴曲」、
ますます読みたくなってしまいました!
ありがとうございました。

わたしはどうも本のセレクトがおかしいんですよ…
ミステリが苦手なのにもかかわらず、この作品に手を出した理由というのが、
実は“猫”で検索して見つけた、というものだったりして。
なんだかホント、ただの猫狂い女だったりします。
でも、ミステリ。少しずつ克服しているようです。
たぶん、いや、きっと。

ましろさん、こんにちは~。
わあ、ますます読みたくなって頂けたとは嬉しいな。
すごく妙な話なんですけど、でも大好きなんですよ。
私の中では、「夏と冬の奏鳴曲」が、ベストオブ麻耶雄嵩さんです。
決して、読みやすく理解しやすくはないんですけど、ね。
ましろさんが、どんな印象を持たれるのか楽しみです。
気に入らなかった時も、それはそれとして教えてくださいね♪

ミステリと一言で言っても、色んなミステリがあるので
お好きなタイプのミステリもきっとあるんじゃないかと思います。
あ、猫をキーワードに探すというのもいいですね。
猫が出てくるミステリ、いっぱいあるじゃないですか!
ミステリーランドでいえば、西澤保彦さんの「いつか、ふたりは二匹」は、
ポール・ギャリコの「ジェニィ」へのオマージュ作品ですし…
今はもう全然読まなくなっちゃったんですけど、
以前、リリアン・J・ブラウンのシャム猫ココのシリーズにハマってました。
やっぱり猫はいいですよねえ。大好きです♪

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.