「アコギなのかリッパなのか」畠中恵

Catégories: /

 [amazon]
元大物国会議員・大堂剛の事務所に勤めている佐倉聖は、21歳の大学生。両親が早くに離婚し、中学の頃からぐれ始めた聖でしたが、高校卒業も間近に控えた頃に更生。今では、保護司に連れて来られたこの事務所で、真面目に働きながら大学にも通い、年の離れた腹違いの弟を養う生活。年は若いながらも経験は豊富に積んできた聖が、様々な日常の謎を解いていく連作短編集。

しゃばけシリーズの楽しさとは裏腹に、現代物では立て続けにがっかりさせられてきていた畠中さんの現代物の新作。「とっても不幸な幸運」を読んだ時に、もう二度と現代物は読むもんか!とまで思ってたんですが、今回はあまり評判が悪くないようだったので、恐る恐る読んでみました... 確かにそれほど悪くはなかったです。というか、まずまず面白かったです。
謎自体は小粒すぎる気がするし、政治家の先生方があまりに良い人に描かれすぎている気もかなりしたんですけど、この人間関係の楽しさと、雰囲気の良さは、やっぱり畠中さんならではでしょうね。元不良で腕っぷしが強く、機転も利く聖自身もなかなか良かったし、嫌味な二枚目議員・加納も、結構好きです。まあ、続編を読みたいかと聞かれると、これ1冊で十分と答えてしまいそうなのですが... 元々政治家絡みの話があまり好きじゃないというのもありますしね... 聖がその後どうなるのか、その辺りだけは知りたいんですが。
一時はもう、「しゃばけ」だけの作家さんになってしまうのかも、と危惧してた畠中さんなんですけど、それだけでは終わらなさそうな所を見せてくれてほっとしました。というか、「しゃばけ」シリーズであれだけ書ける方が、なんで、これまでの現代物であの出来だったのかが、私としてはすごく不思議なんですけどね。畠中さんなら、もっともっと書けるはず! これからも頑張って頂きたいな~。(実業之日本社)


+既読の畠中恵作品の感想+
「ゆめつげ」畠中恵
「とっても不幸な幸運」畠中恵
「おまけのこ」
「アコギなのかリッパなのか」畠中恵
「うそうそ」畠中恵
「みぃつけた」畠中恵
「まんまこと」畠中恵
「つくもがみ貸します」畠中恵
「ちんぷんかん」畠中恵
「こころげそう 男女九人お江戸の恋ものがたり」畠中恵
「いっちばん」畠中恵
Livreに「しゃばけ」「ぬしさまへ」「百万の手」「ねこのばば」の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(3)

Trackbacks(3)

「アコギなのかリッパなのか」畠中恵 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

アコギなのかリッパなのか 畠中 恵 元・不良で元・大物国会議員・大堂剛の事務所に事務員として勤めて、腹違いの弟を養っている佐倉聖が主人公。 大堂の... » Lire la suite

すらすらすらりんと読めました。ノリが軽いのであっという間です。日常の謎系の短編集なので、手に取るにはお手ごろかも。キャラクター造形はライトノベル風なので、キャラ... » Lire la suite

アコギなのかリッパなのか # 出版社: 実業之日本社 (2006/1/14) # ISBN-10: 4408534870 内容(「BOOK」データベー... » Lire la suite

Commentaires(2)

こんにちは♪
畠中さんの現代モノは、これが初めてです。
う~ん、時代物のほうが作風にあってるんじゃないかなあ、と思わないでもなかったですが、(ちょっと謎が今一)キャラクター小説として読めば、ちゃんと面白かったと思います。

>「とっても不幸な幸運」を読んだ時に、もう二度と現代物は読むもんか!とまで思ってたんですが

なんだか、返って読みたくなってしまいました(笑)

かずはさん、こんにちは。はじめまして、ですよね?
TBとコメント、ありがとうございます。
あ、「とっても不幸な幸運」が、そんなひどいというわけじゃないんです。
私はともかく(笑)、この作品なら、楽しく読めた人は多いはず。

むしろ、その前の「百万の手」ですね。これが、私にとっては、かーなーりー強烈だったので…(^^;。

でも、現代物3作が、どんどんいい感じになってきてるので
今後の作品には、もっといい作品を期待できるのではないかと思ってます(^^)。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.