「夏期限定トロピカルパフェ事件」米澤穂信

Catégories: /

 [amazon]
小市民としての道を追求してやまない小鳩くんと小山内さん。周囲は2人のことを恋人同士だと思っているのですが、実は2人の関係はお互いをかばい合うためだけのもの。そして高校2年生の夏は、甘いものをこよなく愛している小山内さんのたっての希望で、小山内さんの夏の運命を左右するという「小山内スイーツセレクション・夏」を完遂することに。

「春期限定いちごタルト事件」が好評だったため、「夏期限定」も書かれることになったという小市民シリーズの2作目。
謎までもがあまりに小市民的で小粒、謎解きのための謎といった遊びの要素が強いように思えた「春期限定いちごタルト事件」は、どうにも物足りなかったんですけど、こっちは面白かったです! 今回も日常の小さな謎から始まるんですが、思わぬ方向へと発展していってびっくり。小鳩くんと小山内さんの目指す「小市民」についても、前作ではどこか地に足が着いていないような違和感を感じてたんですが、こちらでは十分納得。いやー、いいですねえ。しかもまさかこういうエンディングを迎えるとは...。最後まで読んでまた最初に戻ると、各所にきちんと伏線があったのも分かるし、同じ情景がまた全然違った風に見えてくるのが怖いほど。前作が小粒すぎるほどの日常の謎だったことも、今回の驚きに一役買っているんでしょうね。前作が出た時点では、シリーズ化は決定していなかったはずなのに、まるで全てが計算づくのようじゃないですか! そして、ここで終わり、というのも私としてはアリだと思うんですけど(ブラックだ~)、次は「秋期限定モンブラン事件」が出るようですね。ここから一体どんな展開を見せてくれるのか、どきどき。ここから話をどう持っていくかって、難しそう。
ただ、甘い物があまり得意ではない私には、読んでいるだけで胸焼けしてきそうな作品でした。(あのシャルロットなら、いけそうですが) 次回のモンブランも、私には食べられないのよ~。でも、甘い物好きの人にはきっと堪らないんでしょうね。(創元推理文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「春期限定いちごタルト事件」米澤穂信
「夏期限定トロピカルパフェ事件」米澤穂信

+既読の米澤穂信作品の感想+
「犬はどこだ」米澤穂信
「クドリャフカの順番 『十文字』事件」米澤穂信
「ボトルネック」米澤穂信
「遠まわりする雛」米澤穂信
「インシテミル」米澤穂信
Livreに「氷菓」「愚者のエンドロール」「さよなら妖精」の感想があります)

| | commentaire(8) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「夏期限定トロピカルパフェ事件」米澤穂信 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

「春期限定いちごタルト事件」につづく<小市民シリーズ>2冊目。 前作で小鳩くんと小佐内さんのキャラ(抑えている性格?)は、 分かっているので、それがどんなふう... » Lire la suite

Commentaires(8)

四季さん、こんにちは。

この本、ラストがすごくビックリしましたよね。
古典部シリーズに比べると
どうしても地味な印象があったんですけど
こりゃ続きが気になって仕方ない!
っていうこの展開に驚きました。
素晴らしい作品だとは思うんですけど
ただちょっと小佐内さん
やりすぎじゃないかなぁ
と思ったのも事実です(^^;

かなめさん、こんにちはー。
ネットでも「最後が…!」という感想を見かけてたんですが
実際読んでみて、まさかそっちに流れていくとは思ってなかったので、ほんとびっくりです~。
でも、確かに小山内さん、ちょっとやりすぎですよね。
小山内さんにはどんな秘密があるんだろうと思ってたけど、まさかここまでやっちゃうとは…
とは言っても、その後味の悪さも含めて結構好きでした。(あらら)
続きも楽しみですね~。(笑)

夏季限定、面白いですよね!私も好きです。
あのラストから、どうつながるのか、
次作が今から楽しみです~。

四季さんは、甘い物、あまりお好きではなかったのですね。
何だか意外な感じ。

慮柳涼さん、こんにちは~。
夏期限定、面白かったですよね。春期限定よりずっと好きです。
でもほんと、秋期限定はどうなるのかしら。今からワクワクしてしまいますね。

で、そうなんです、甘い物、特にクリーム系は苦手なんですよ。
生クリームもアイスクリームもソフトクリームもダメ。
特に濃厚な生乳をウリにしてるものほど、食べられないです。
意外でしたか~?(笑)

わたしも濃厚な生乳系はちょっと苦手です。
でもシャルロットは、美味しそうでした。
それにしても今回はこんなところで終わるとはー!

tamayuraxxさん、こんにちは。
おお、tamayuraxxさんも生乳系は苦手でしたか。
でもあのシャルロットは美味しそうでしたよね。
甘い物はそれほど… の小鳩くんが絶賛なんですもん。(笑)
でもほんと、最後はびっくりでしたよね。
最後がすごいという評判が、読む前からちらほら入ってきてたんですけど
これはほんと予想以上でした。こういうラスト、好きです。(笑)

どもども、こんにちは~(と書いてるけど、深夜だったりする(^^ゞ)

予想外のエンディングでしたね。
でも、次回作は「秋季限定マロングラッセ(仮)」だそうな。
(となると、その次は「冬季限定クリスマスケーキ」になるのかな?)

どんな始まり方をするのか、“私、気になります”(って、これは千反田えるby古典部(^O^))

TBさせていただきました~

でわでわ~

ど~じ~さん、こんにちは~。
早朝でも深夜でも、大抵「こんにちは」の四季です。(笑)

あ、モンブランじゃなくてマロングラッセなんですね。
私が書き(聞き)間違えたのかな? それとも途中で変わった… なんてことはないかな。
冬季限定は、クリスマスケーキを一ひねりして、ブッシュ・ド・ノエルなんていかがでしょう♪

次がどんな始まり方をするのかも気になるし、
最終的にどんな終わり方をするのかも、“私、気になります”。(笑)
こちらからも、TBさせて頂きますね。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.