「クランベリー・クイーン」キャスリーン デマーコ

Catégories: / /

 [amazon]
ニューヨークの有名企業で働くキャリアウーマンのダイアナは、3年以上も前の失恋を未だに引きずっている状態。それでも占星術師で霊能力者のマーガレットおばさんに、これから3年間は人生でも最高の時だと約束されて、楽しみにしていました。しかしそのそんな時、両親と兄の乗った車が酔っ払い運転のトラックと激突。ダイアナはいきなり家族を3人とも失ってしまいます。どん底まで落ち込んだダイアナは仕事を辞め、車でふらふらと旅に出るのですが、しニュージャージーの田舎道で、バイクに乗った老女・ロージーをはねてしまい...。幸いロージーは無事で、ダイアナはロージーと彼女の孫・ルイーザの家に滞在することに。

私にとってアメリカ人、それもニューヨーク在住のキャリアウーマンといえばドライなイメージなので(単純思考)、これほどウェットな人もいるのかと少し驚きましたが、自分でも感情を持て余しているダイアナの気持ちは伝わってきましたし、ダイアナがロージーやルイーザに、なかなか自分の家族の事故のことを言おうとせずにいた気持ちも良く分かります。本当に悲しいことがあった時は、下手に同情の言葉をもらっても困ってしまいますものね。でもそんなダイアナに投げつける、ルイーザの大人気ない言動は傍から見ていても見苦しいほど。いくら美人で魅力的でも、言葉の暴力というのは決して許されるべきことではないはず。...とは言え、この時のダイアナに限って言えば、ルイーザの存在が逆に良かったような気もします。人の振り見て我が振り直せではないですけど、自分よりも困ったお嬢さんであるルイーザの相手をして振り回されているうちに、ダイアナはいつの間にか元の自分を取り戻しつつあったのですし。
水面に浮かんだ何千何百というクランベリーの赤い実の色と水の青、紅葉した木々と長靴の黄色、コバルトブルーの空。でもこの作品の文章からは、今ひとつその情景が思い浮かべられなかったのだけが残念。実際に見てみたくなりました。(ハヤカワepi文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「クランベリー・クイーン」キャスリーン デマーコ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.