「レ・コスミコミケ」イタロ・カルヴィーノ

Catégories: / / / /

 [amazon]
宇宙の成り立ちから太陽系の誕生、そして生物の進化といった壮大な物語が繰り広げられる、12の奇妙な物語。
語り手は、宇宙が出来る前から生き続けているというQfwfq老人。さすがビッグバンの前から知ってるだけあって、老人の物語はちょっと凄いです。とにかく壮大。そしてユーモアたっぷり。だって、ある女性の「ねえ、みなさん、ほんのちょっとだけ空間(スペース)があれば、わたし、みなさんにとてもおいしいスパゲッティをこしらえてあげたいのにって思っているのよ!」という発言がきっかけで、ビッグバンが起きたなんていうんですよ! なぜビッグバンの前に人間が存在していたのか、しかもスパゲッティを作るって... なーんて言ってしまうのは、あまりにも野暮というもの。カルヴィーノはよくこんな荒唐無稽な話を思いつきますねえ。Qfwfq老人は、「二億年待ったものなら、六億年だって待てる」なんて簡単に言ってしまいますし、1億光年離れた星雲と気の長いやりとりを続けていて、時の流れも雄大。子供の頃は、友達と水素原子でビー玉のような遊びをしてるし、友人とは「今日、原子ができるかどうか」という賭け事をしています。しかもこの原子が誕生するかどうかという凄い賭けが、サッカーチームの試合の結果の賭けと同列に並んでるんです。(笑)
この本は、元々はハヤカワ文庫SFに入っていたそうです。SFがちょっと苦手な私は、SF寄りの作品よりも、やっぱり幻想的な情景が描かれてる作品が好きですね。12編の中で一番好きなのは、「月の距離」という作品。水銀のような銀色に輝く海に船を漕ぎ出し、脚榻の上に載って月へ乗り移る描写がとても素敵。あと、月に行って、大きなスプーンと手桶を片手に月のミルクを集めるというのも。この月のミルク、成分を聞いてしまうと実は結構不気味なんですけど、この作品の中で読むとまるで夢のようです。
そして河出文庫から出ている「柔かい月」は、これの続編と言える作品なのだそうです。訳者さんが違うので文章がやや読みにくいらしいのですが、やっぱり気になります。(ハヤカワepi文庫)


+既読のイタロ・カルヴィーノ作品の感想+
「宿命の交わる城」イタロ・カルヴィーノ
「不在の騎士」イタロ・カルヴィーノ
「レ・コスミコミケ」イタロ・カルヴィーノ
「なぜ古典を読むのか」イタロ・カルヴィーノ
「まっぷたつの子爵」「木のぼり男爵」イタロ・カルヴィーノ
「イタリア民話集」上下 カルヴィーノ
「魔法の庭」イタロ・カルヴィーノ
「見えない都市」イタロ・カルヴィーノ
「マルコヴァルドさんの四季」カルヴィーノ
「冬の夜ひとりの旅人が」イタロ・カルヴィーノ
「柔かい月」イタロ・カルヴィーノ
「カルヴィーノの文学講義」イタロ・カルヴィーノ
「パロマー」カルヴィーノ
「くもの巣の小道」イタロ・カルヴィーノ
「むずかしい愛」カルヴィーノ

| | commentaire(2) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「レ・コスミコミケ」イタロ・カルヴィーノ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

レ・コスミコミケ ハヤカワepi文庫イタロ・カルヴィーノ 米川 良夫  イタリアの作家イタロ・カルヴィーノは、ユニークな小説を数多く書いています。ファンタスティ... » Lire la suite

Commentaires(2)

TBありがとうございます。
ほんとうにユーモアたっぷりで楽しませてもらいました。Qfwfq老人の親戚や知り合いが、やたらと下世話なところも笑えます。
『柔らかい月』はうーん、いちがいにオススメできないんですよね。あっちの本は、まるで違う話みたいに思えますよ。Qfwfq老人の登場しない話はそんなに違和感がないんですけど。翻訳者によってこれほど印象が変わるんだ…という好例です。ただ『柔らかい月』はファンタジー味よりはナンセンス味の勝った感じがするので、とっつきにくいのは確かですね。

kazuouさん、こんにちは!
そうそう、そうなんですよね。>Qfwfq老人の親戚や知り合い
それと恋物語が多かったのが、ちょっと意外でびっくりでした。
「柔らかい月」は、まるで違う話みたいでしたか。やはり訳者さんが代わると難しいんですね。
これが同じ出版社なら、文章の雰囲気を統一したりという配慮もあるんでしょうけど…
それにファンタジーよりもナンセンス味が勝った感じということは、私には少しツライかも?
「月の距離」みたいな作品をもっと読みたいです~。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.