コーヒー・オベーション&ホワイトピーチ・オベーション(薔薇)@百花繚乱No.032&No.033

Catégories:

coffee_ovation02.jpgオランダのデルイターが作出したオベーションシリーズ2つ。
茶系のシックな薔薇にはテディ・ベアとかジュリアとか、他にも色々ありますが、うちにあるのはコーヒー・オベーションとカフェ。そしてこのコーヒーオベーションは、もう1ヶ月ぐらい前から咲いてるんですが、なかなか上手く写真が撮れなくて、遅くなっちゃいました。(今年最初のカフェの写真も撮りそこなってしまったので、見てみたい方は去年の写真をどうぞ。こちらです)
coffee_ovation03.jpg
さて、このコーヒーオベーションの花の大きさは5~6cm、カップ咲き。
買った当初はコーヒーブラウン色だったこの薔薇も、うちで何年も過ごすうちに少しずつ赤味が強くなって、時にはちょっとシックな赤色って感じに咲くことも。でもこの写真だと、比較的最初の頃の色に近いような気がします。シーズン初めの花だからかな? 綺麗なブラウンを保つためには、きっと土になにか混ぜてやらなければならないんだと思うんですが、その辺りの努力をほとんどしていない私ってば... どうすればいいのか、今度きちんと調べてみなくちゃ。
そして咲いているうちに、だんだん色が褪せていきます。かなり変わるなあとは前から思ってたんですけど、改めて写真に撮ってみてびっくり。全然ちがーう。これだとほとんどラベンダー色じゃないですか!(右の写真ね)
でも一緒に写ってる蕾は、やっぱりコーヒー・オベーションの色なんですよね。


white_peach_ovation01.jpgそしてこちらは、ホワイトピーチ・オベーション。
数年前に同じ園芸店で2つのオベーションシリーズを購入したんですが、最初買ったのは、コーヒー・オベーションだけだったんです。ホワイトピーチ・オベーションも、まあ可愛かったんですけど、あまり好みじゃなくて。でも同じように思ったお客さんが多かったようで、コーヒー・オベーションはすぐに売り切れてしまったのに、その後何度行っても、ホワイトピーチ・オベーションの方は売れ残ってたんですよね。そうこうしているうちに花も終わり、見る見るうちにヨレヨレになって... ますます誰も買わなさそうになったのを見かねて、思わずうちに引き取ってしまったのでした。white_peach_ovation02.jpg
でも、お店にあった時も確かに同じ花だったんですが(同じ苗なんだから当たり前)、うちに来てからの方が、花は断然可愛くなりました! 白い花びらの上に、ささっと刷毛でピーチ色をのせたような花びらの色合いといい、薄い花びらがひらりひらりと開いていく形といい、その時よりもずっと繊細になったと思うし、今はすっごく好み! こんなに綺麗な薔薇だったのね~と、改めて愛でています。あの時思い切って連れて帰って本当に良かった。大切にしなくっちゃあ。
この写真、俯き加減も含めて、純情な乙女って感じがしませんか?(笑)→
ええと、こちらもコーヒーオベーション同様、花の大きさは5~6cmですね。ミニバラと呼ぶには少し大きいこのぐらいの大きさの薔薇は、パティオ ローズと呼ばれているようです。

オベーションシリーズ、他にはスカーレット・ オベーションやブルー・オベーションなんかもあるみたい。一度実物を見てみたい気もするけど、とりあえずこの2つで満足してる私です。

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

コーヒー・オベーション&ホワイトピーチ・オベーション(薔薇)@百花繚乱No.032&No.033 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.