「セントラル・パーク事件」クレイグ・ライス

Catégories: /

 [amazon]
セントラル・パークで通りゆく人々の写真を撮って生計を立てているビンゴとハンサム。アパートの家賃にも困っている2人でしたが、ある日現像した写真にサンデー・ピジョンの姿が写っていることに気づきます。サンデー・ピジョンとは、7年前に忽然と姿を消して話題になった男。友人と東洋アンティークの輸入会社を経営し、日曜日にセントラル・パークで鳩に餌をやるのが習慣だった彼が姿を消してから7年、次の日曜日までに現れなければ、共同経営者のペニースが50万ドルの死亡保険金を受け取ることになっていました。ビンゴはサンデー・ピジョンを自分たちで探し出し、死亡保険金の分け前にありつこうと考えます。

大好きなクレイグ・ライスの作品。ミステリ作家さんもたくさんいますが、海外のミステリ作家さんの中で私が一番好きなのは、このクレイグ・ライスかも。...なーんて考えはじめると、いや、コリン・デクスターも捨てがたい、ハリイ・ケメルマンはどうした? ローレンス・ブロックにだってハマってるでしょ、ピーター・ラヴゼイだっているし、他にもあの人は? あの人は? あの人は? なんて他の作家さんの名前がどんどん出てきちゃって困るんですけど(笑)、少なくとも私の中では、海外ミステリ部門でトップ5に入る作家さんです。古き良き時代が舞台のコージーミステリ。特にヘレンとジェイクのシリーズの、粋でお洒落な雰囲気が堪りません~。
でも、創元推理文庫とハヤカワ文庫HMから出てる作品は全部読んでるんですが、実はハヤカワのポケットミステリに手を出したことがない私、この作品もポケットミステリから出ていたので未読なんです。また違うシリーズらしくて、今度はどんな雰囲気なのかドキドキ。

ということで、チビでやせっぽちで赤毛のビンゴと、長身で男前、超人的な記憶力の持ち主だけど頭の回転は鈍い、元新聞社のカメラマン・ハンサムのシリーズです。これが1作目。
保険金目当ての誘拐や脅迫などを企んではいても、いっぱしのワルぶっていても、主人公がワルになりきれないお人よしの2人なのが、とてもクレイグ・ライスらしいところ。いくら食費や家賃に困っていても、今にも部屋を追い出されそうだからといっても、誘拐した相手からお金を取るなんて!と、2人は妙なところで筋を通してますし、ピジョン氏ともすっかりお友達になってしまって、ピジョン氏が朝食に作ったオムレツのできばえにも感動して和気藹々と食事をしてるし、とっても和やか~。もちろん殺人事件も起きるし、2人も悪いヤツらに狙われ続けるんですけどね。そして、一見ビンゴがもっぱら計画を立てて、ハンサムをひっぱっているように見えるんですが、ふとしたところでハンサムの天然な言動にビンゴが助けられてるのも楽しいところ。でも今回はシリーズ1作目のせいか、話の展開自体はあまり...。今後の2人の活躍ぶりに期待、ですね。(ハヤカワ文庫HM)


+既読のクレイグ・ライス作品の感想+
「暴徒裁判」クレイグ・ライス
「セントラル・パーク事件」クレイグ・ライス
Livreに「マローン御難」「マローン殺し」の感想があります)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「セントラル・パーク事件」クレイグ・ライス へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.