「陽気なギャングが地球を回す」「陽気なギャングの日常と襲撃」伊坂幸太郎

Catégories: /

  [amazon] [amazon]
映画化もされてしまった「陽気なギャングが地球を回す」とその続編。
人間嘘発見器・成瀬、相変わらずの演説振りをみせる響野、天才的なスリ・久遠、体内時計の持ち主・雪子の4人が再登場。今回は4人がそれぞれに関わった事件が最終的に繋がりをみせるという作り。せっかくなので、「陽気なギャングが地球を回す」を再読してから、「陽気なギャングの日常と襲撃」を読んでみました。

前作では、響野の喫茶店は登場するものの、他の3人の日常の生活についてはほとんど書かれていなかったんですよね。それがいいところでもあったんですが、やっぱり4人が普段どうしているのかという部分にも興味があったので、今回4人の普段の仕事っぷりや日常生活が垣間見えるのが楽しかったです。題名にも「日常」という言葉がある通り。そして前作と同じく、章のタイトルとか、辞書の言葉の意味のもじりも楽しいです。
でも、相変わらずのテンポの良さで、全体的に楽しく読めたことは読めたんだけど...
私としては4人の颯爽とした強盗ぶりや、響野の演説を楽しみにしていたのに、それが物語の中心とはなっていなかったので、ちょっとがっかり。もっと強盗と本筋と密接に絡み合っていれば、もっと楽しめたんじゃないかと思うんだけどなー。これじゃあ、強盗がまるでオマケみたい。前回の方がオチも良かったし、伏線の回収具合も好きでした。もちろん、こちらもさくさく読めるんですけどね。ちょっとさくさくいきすぎちゃったのかもしれないです。(祥伝社文庫・祥伝社ノンノベル)


+既読の伊坂幸太郎作品の感想+
「死神の精度」伊坂幸太郎
「魔王」伊坂幸太郎
「砂漠」伊坂幸太郎
「終末のフール」伊坂幸太郎
「陽気なギャングが地球を回す」「陽気なギャングの日常と襲撃」伊坂幸太郎
「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「陽気なギャングが地球を回す」「陽気なギャングの日常と襲撃」伊坂幸太郎 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

四季さん、こんにちは♪
今回の『陽気なギャングの日常と襲撃』は
本業のシーンかほんのちょっとだったので
続編というより番外編みたいな感じだった
気がしました(^_^)
個人的には『陽気なギャングが地球を回す』
のほうが面白かったですね。

かなめさん、こんにちは~。
ほんと、本業のシーンがほんのちょっとでしたものね。
しかもそれが中心じゃないんですもん。
続編というより番外編、確かにそうかも!
考えてみたら、「日常」という辺りもそれっぽいし。(笑)

私も「陽気なギャングが地球を回す」の方が面白かったです~。
もう一度あんな感じの続編が出て欲しいですね♪

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.