「権力と栄光」グレアム・グリーン

Catégories: / /

 [amazon]
1930年代のメキシコ。共産主義革命が起こり、カトリックの教会は全て破壊され、司祭たちが踏み絵を強要されていた時代。ほとんどの司祭たちは国外に逃亡し、潜伏していた者たちは見つかりしだい銃殺に処せられていたこの時、国内に残っていたのは2人の司祭だけでした。1人は結婚することでカトリックの戒律を破ったことを周囲に示したホセ神父。そしてもう1人はカトリックへの信仰を捨てきれず、しかし殉教者となる勇気もないまま逃亡を続ける不良神父。彼は年老いた騾馬に乗りながら、警察の捜索を網を縫って北を目指します。

グレアム・グリーンの代表作の1つで、遠藤周作の「沈黙」に大きな影響を与えたという作品。今までの4冊では一番面白かった気がするんだけど... まだあんまり消化してません。
神父は、逃亡する前から既に祭日や断食日、精進日といったものを無視するようになっていたし、妻帯を許されないカトリックの神父でありながら、6歳になるブリジッタという娘がいるんですよね。破戒神父です。逃亡し始めてからは聖務日課書を失くし、携帯祭壇を捨て、通りすがりの百姓と自分の司祭服を交換。神父としての彼に残っているのは、司祭叙任十周年のときの原稿だけ。そこまで堕ちながらも、彼が依然として神父でしかないというのはどういうことなんだろう? この極限状況の中で神父であり続けることに、一体どれだけの意味があるんだろう? なんて思いながら読んでました。彼には、守り通さなくちゃという信念を持つほどの信仰はないし、そもそも主体性がないんです。告解したくとも、自分の娘(罪の結晶)を愛してるから、祈りはどうしても娘へと向けられてしまうし。
「権力と栄光」という題名なので、「権力」というのは当然国家権力で、国家とカトリックの対比なのかと思ってたんですが、訳者あとがきによると「神の力と光」というのが正しい意味なのだそう。(原題は、「THE POWER AND THE GLORY」)...そうだったんだ! この題名が定着してしまってるから、変えるに変えられなかったみたいですね。それと訳者あとがきで、この作品とキリストの生涯との共通点が挙げられてるのが面白くて、なるほどなあーなんて思いながら見てたんですけど、「そうした読み方はあまりほめたものではないし、慎むのが当然だと思われる」とあるんです。なんでなんだろう? 私がグレアム・グリーンをまだ良く分かってないからかな?(ハヤカワepi文庫)


+既読のグレアム・グリーン作品の感想+
「第三の男」グレアム・グリーン
「おとなしいアメリカ人」グレアム・グリーン
「負けた者がみな貰う」グレアム・グリーン
「権力と栄光」グレアム・グリーン
「事件の核心」「二十一の短篇」グレアム・グリーン
「ブライトン・ロック」グレアム・グリーン
「ヒューマン・ファクター」グレアム・グリーン

| | commentaire(2) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「権力と栄光」グレアム・グリーン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

ファイル 74-1.pdfたまたま「貧しさにおける宣教」について考えていたときだったので、貧しさにおいて現される主の「力と栄光」を主題として書かれたこの作品に出... » Lire la suite

Commentaires(2)

はじめまして。『権力と栄光』についてどんな感想が書かれているのか調べていて、行き当たりました。訳者のコメントに疑問を呈されていますけれど、私もおかしいと思います。↓は、学校のレポートとして書いた私の感想です(冒頭の"http://"を略しています)。

kumanomi.ferio.net/diary2/data/upfile/74-1.pdf

くまのみさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
レポート、早速拝見させていただきました。
3年前に読んだ作品なので、記憶が薄れかけていたのですが
レポートを拝見していて、くっきりと鮮やかに蘇ってきました。
そして長年の疑問も氷解!
読みきれていなかった部分も色々残っていたので、なるほどなあと改めて感じています。
そうか、この作品はキリストの「受肉」そのものだったのですね。
主題に関しては、さらにじっくりと読ませていただこうと思ってます。
ありがとうございます!

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.