「銃とチョコレート」乙一

Catégories: / /

 [amazon]
リンツ少年の住む国では、その頃、怪盗ゴディバによって富豪の家から高価な宝物が盗まれるという事件が相次いでおり、ゴディバを追う名探偵ロイズの活躍が注目されていました。リンツもロイズに憧れる1人。そんなある日、リンツは近所に住む新米新聞記者から、ゴディバがいつも現場に残していくカードの裏に、実は風車の絵が描かれているということを聞きます。それは犯人自身とごく一部の人間しか知らない情報。そしてそのことを聞いたリンツは、以前父と一緒に露店で買った古い聖書の表紙の破れ目に入っていた、1枚の地図のことを思い出します。その地図の裏にも風車小屋の絵があったのです。早速リンツはロイズに手紙を書くことに。

ミステリーランド第10回配本。
主人公が「リンツ」で、怪盗ゴディバや名探偵ロイズが登場することからも分かる通り、登場人物の名前とか地名はチョコレート関係の名前ばっかり。そのほかのこと、例えば濃い白い霧の現象は、地元では「ホワイトショコラ」と呼ばれてますし、ほんと全編チョコレートでいっぱい。でもチョコはチョコでも、ミルクチョコレートではなく、ブラックチョコレートなんですよね。かなりビターな味わいでした。平田秀一さんの挿絵がまたダークで、雰囲気を盛り上げてるし...。(怖かった)
ある意味、あっさりネタが見える部分もあったんだけど、でもこの展開はすごいですね。さすが乙一作品。一筋縄ではいかなくてびっくり。正直、こんなことでいいのか?!という部分はあったんですけど、でも面白かったです。読んでいて一番気に入ったのも、とんでもない悪がきの彼だったし...。戦争や移民問題などもさりげなく盛り込まれてるんですが、説教臭くないところがポイント高し。

ただ、世界各国のチョコの名前が入り乱れてるせいで、読んでいて「ここは一体どこの国?」的に落ち着かなくて、それだけはちょっと閉口しました。だってイギリス名やらドイツ名やらロシア名なんかが入り乱れてるんですもん。まあ、子供だったら気にしないでしょうけどね。
何も知らないでこの本を読んだ子供が、あの名前は全てチョコレート絡みだったのか! と後で気づいたら、楽しいでしょうねー。そういうの、ちょっといいかも。(講談社ミステリーランド)


+既読の乙一作品の感想+
「銃とチョコレート」乙一
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(3)

Trackbacks(3)

「銃とチョコレート」乙一 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

 ミステリが苦手と云いつつも、つい気になってしまう“かつて子どもだったあなたと少年少女のためのミステリーランド”のシリーズ。乙一著『銃とチョコレート』(講談社)... » Lire la suite

≪採点(読むなび!参照)≫ 合計:95点 採点内訳へ ≪梗概≫ 名探偵ロイズはぼくらのヒーロー!はたして名探偵ロイズは、怪盗ゴディバをつかま... » Lire la suite

銃とチョコレート 乙一 講談社 2006-05-31 久しぶりの、乙一さん。今回は、うちの市の図書館では児童文学の棚にはもちろん、YAコーナーにも... » Lire la suite

Commentaires(2)

四季さん、おはようございます!
久しぶりに読んだ本が重なった!!!ということで、
それだけで早朝からウキウキとしているわたしです(笑)

恥ずかしながらわたしはチョコレートについて疎いので、今頃になって、
ほうほうなるほど、的な感じになっております。
何冊もずっと積読本がほったらかしのまま、
この乙一作品がこの乙一デビューになりました。
ミステリをあまりに読まないゆえに、移民問題にばかり注目してしまいましたが、
この先、乙一作品を読んでみたい、いや、読まなければ…
なんて思い直しました。

ましろさん、おはようございますー。
おお、重なりましたか! それは嬉しいですね♪
でも、ましろさんが乙一さんの作品を読まれるとは珍しいなあ…
と思ったら、これが乙一さんデビューでしたか。
乙一さん、いいですよー。好きなんです。
切ない路線もあれば、思いっきりブラックな路線もあったりして
選ぶ作品によって、印象は両極端かもしれないです。
ましろさんだと、どちらがお好きかしら?
私は、本当は切ない系の作品が好きで、
どちらかといえば、こういうブラック系は苦手なんですが
でもこの「銃とチョコレート」は好きでした。
ぜひ色々と読んでみてくださいませ♪

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.