「神統記」ヘシオドス

Catégories: / / / /

[amazon]
原初に混沌(カオス)が生じ、続いて大地(ガイア)、奈落(タルタロス)、エロスが生じ、続いて幽冥(エレボス)と夜(ニュクス)、澄明(アイテル)と昼日(ヘメレ)が生じて... という、宇宙の始まりから、様々な神々の誕生、そしてゼウスがオリュンポスで神々を統べるようになり、絶対的な権力を得るまでの物語。
ホメロスと並ぶ最古の叙事詩人、ヘシオドスによるギリシア神話です。あくまでも詩の形態を取りながらも、どんどん生まれて来る神々を系統立てて説明し、宇宙観まで解き明かしてしまうというのがすごい!

でも、一読してまず思ったのは、やっぱりこういうのは詩の形で読んでこそだなあ、ということでした。「イリアス」を散文で読んだ直後というのもあるでしょうね。元の文章は六脚律(ヘクサメトロス)と呼ばれる形で書かれていて、それは日本語には表しようのないものなんですけど、やっぱり詩はあくまでも詩の形で読まなくては! その方がイメージもふくらみますしね。大学の時に授業で古代ギリシャ語の朗読を聞かせてもらったことがあるんですが、古代ギリシャ語って、ほんと歌ってるような、とても綺麗な言葉なんですよー。そういうので歌ってもらったら、さぞ素敵なんだろうなあ。なんてことを思ったりもするわけです。(古代ギリシャ語自体は、文法が難しすぎて、結局私には太刀打ちできませんでしたが...)
それに詩人がその詩を歌っているのは、あくまでも神々からの言葉だという、そういうギリシャの古い叙事詩ならではの部分もとても好き。この「神統記」だと、オリュンポスの9人の詩歌女神(ムウサ)によって神の言葉を吹き込まれたヘシオドスが歌っているという形。だから詩はまずその詩歌女神(ムウサ)たちへの賛歌から始まるわけです。(私は様式美に弱いタイプだったのか)
この辺りは、積読山脈造山中さんの記事が分かりやすいので(特に六脚律について)どうぞ。→コチラ

それに、例えば昨日読んだ「イリアス」では、「アイギスもつゼウス」と出てるだけで注釈もなく、「アイギスって何よ?」状態なんですが、こちらでは「神盾(アイギス)もつゼウス」のように書かれているのが分かりやすくて良かったです。あ、こういう枕詞も好きなんですよね。ゼウスの場合は「神盾(アイギス)もつ」や「雲を集める」、ポセイドンは「大地を震わす」、アテナは「輝く眼の」... 他にも色々とあります。でも、「ポイボス・アポロン」は、そのまま... これは例えば「輝ける」でも良かったんじゃないかと思うけど、ダメだったのかしら。

ただ、神々の名前が次から次へと、どんどん出てきてしまうんです。ちょっとちょっと子供産みすぎだってば!と言いたくなるぐらい。
海(ポントス)の長子・ネレウスなんて、大洋(オケアノス)の娘ドリスとの間に、娘ばっかり50人もいて、その名前がずらずら~っと並んでるんですよーっ。(ちゃんと50人の名前があるかどうか数えてしまったわ) それでも「足迅(はや)いスペイオ」「愛らしいタリア」「薔薇色の腕(かいな)もつエウニケ」みたいな言葉が付いてるならまだいいんですが(でも「薔薇色の腕」は1人だけじゃないんですよね...)、名前しか出てない場合は、もう右から左へと抜けていっちゃいます。...とは言っても、巻末には神々の系譜図もあるし、神々や人間の名前の索引もついているので、途中で混乱しても大丈夫なんですけどね。親切な作りです。(岩波文庫)


+既読のヘシオドス作品の感想+
「神統記」ヘシオドス
「仕事と日」ヘーシオドス

| | commentaire(6) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「神統記」ヘシオドス へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

昨日、今日ともに昼近くまで寝る。まだ新しい仕事に体が慣れないのかな。単純な肉体労働だからそのうち慣れたら早起きして休日をもう少し充実させたい。 2K(キツイ、... » Lire la suite

Commentaires(6)

アイギス。
もともとの意味は、蛇とか、噛むじゃないかと思います(ほんまかよw)。

信じてもらえないと思いつつ書けば、日本語の「えぐる」が同語源ッ!(小さいツがポイントです)

アイギスは、アテナのまとってる毛皮のブラジャーです。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/antiGM/aigis.html

メドゥーサの蛇首が、アクセントとして飾られてたそうです。

アテナは、アジア=ヨーロッパの大地の女神が大元。
中国では西大母。
地母神信仰は、新石器時代から続くもの。
母は、いつも蛇に守られている。

蛇は、唐草模様であり、ケルトの組紐模様にいたります(嘘800でおおくりしていますw)
護符のようなもの。

「鳩のように無垢で、蛇のようにずるくなければならない」
と、アポクリファの中で、キリストは言っています。

カミナリ様であるゼウスが、アイギス=盾まで、身につけてしまう…
これは、古代の地中海地域が文明として成立していく過程で、
タテもホコも両性具有できるくらい、めちゃめちゃ強かったことの反映じゃないかと思います。

アイギスは、じつは、今も言葉として、使われています。
イージス。
「亡国のイージス」のイージス。
最も完成度の高い戦艦の名称。
でも、専守防衛なんで、テポドンには勝てない…。

古代神話の世界が、いきなり現実になってきます。
やっぱり、タテもホコもいるんだろうか。
タテだけがタテマエだった国で、そんな議論が、浮き足立って、され始めています。

アテナの頃からすでに、防御といいつつ、メドゥーサと同等に攻撃的だったアイギス。
ちょっと考えこんじゃう。。
攻撃こそ最大の防御なのかなぁ…そうやって、戦争の泥沼は始まるんでしょうか。。

わー、そうでした、イージス!!
「亡国のイージス」を読んだ時に意味を調べたというのに、すっかり頭から飛んでました…
そうですよね、同じ言葉ですよね。英語だとAegisですもん。
英和辞典でも「ゼウスの盾」というように出てきました。
…同じAegisでも「Aegisthus」になると、アガメムノンの奥さんを誘惑して
アガメムノンを殺すことになった「アイギストス」になるのが、なんか可笑しいですが…
やっぱりここでもタテはホコを兼ねていたのでしょうか(^^;。

でもその語源が「蛇」とか「噛むとは、ぜんぜん知りませんでした!
それもメドゥーサの逸話から来てるのでしょうかー。
でもでも、「えぐる」ですか?!?(わ、わからない・汗)

メドゥーサの髪の毛が全部蛇になっちゃったりする割に、この時代、蛇を大切にしてますよね。
先日読んだブラッドリーのトロイア戦争物にも、蛇が沢山出てきました。
そう思うと、メドゥーサの蛇ってって怖ろしい意味だけだったのかなあ… と、ちょっと不思議になります。
だって、蛇って古代から信仰の対象になってますものね。生命力とか多産の象徴だったりするし
キリスト教やユダヤ教だと悪者扱いですけど、昔からジュエリーなんかにも良く登場するモチーフだし…
恋人同士の愛の象徴とかじゃないかな?
あと、蛇の指輪は金運アップ、なんていうのもありますね。(笑)
唐草模様やケルトのあの模様が蛇だというのは、ものすごい説得力です。本当に嘘800?(笑)

アテナのブラジャー(笑)って、あのウロコみたいなヤツですか?
真ん中についてる顔、どうもまことちゃんにしか見えないんですが…(笑)
あれがそんなパワーを持っていたのかー。
でも普通の左手に構える盾じゃないと、メデューサの首をつけるには不便ですよね。
あれじゃあ、話す人話す人、みんな石になっちゃう。
これこそ、攻撃こそ最大の防御ってわけですね…(^^;。
(そんな神様がパリスの林檎を一緒になって争ったんだから、不思議だなー)

四季さん、こんにちは。
>あ、こういう枕詞も好きなんですよね。
おお、同感です。なんていうか、文章に心地よいリズムを生む気もするし、何よりカッコイイ。
でも「足首の優しい~」ってのもあって、これは「?」です。なんでしょうかね。古代ギリシア人の美人の尺度に足首の美しさか何かがあるのでしょうか。

kyokyomさん、こんにちは。あまり迷いを知らない四季です。(笑)
ええと、迷わないわけじゃないんですけど… 一旦定まったら潔いです。多分。


さっき、そちらにTBさせて頂いちゃいました~。
私の周囲には、あまりこういう作品の同好の士がいないので、すごく嬉しいです。
(またまた分からない本を読んで!って、色んな方に言われてますし・笑)
枕詞、いいですよね。うんうん、リズムもあるしかっこいいし。
でもそうなんですよ、「足首の優しい」!! しかも足首関係は、結構沢山あるでしょう?
ギリシャ人って足首フェチだったのかもしれないですね。(笑)
今度からギリシャ関係の絵画とか彫刻を見る時は、足首をチェックしてみなくっちゃ。

それと「オデュッセウス」。
やっぱり、あらかじめ大体の流れを掴んでおいた方が読みやすいかもしれないですね。
でも「イーリアス」も読んでらっしゃるkyokyomさんだし、心配無用のような気がします(^^)。
(って、こっちに書いてごめんなさいー)

四季さん、僕もTBさせて頂きました。でも、あんな記事TBしていいのか?ってちょっと迷いましたが。
実は僕は、今のところギリシア神話やギリシア古典劇に興味があります。なんとなく時代が古ければ古いほど、簡素ではあっても原始的な力強さに満ちているのだろうかって気がして興味を惹かれるようです。でも「神統記」を読んでもそこらへんはよく解らなかったのですが。
そして中世の叙事詩と古代ギリシアの叙事詩って何か違いがあるのかな~って気になっています。中世のものだと「ベーオウルフ」を途中で挫折してしまったので、よく解らないです(解らないだらけです)
とりあえず今はブルフィンチの「ギリシア神話・ローマ神話」を読み始めました。

>一旦定まったら潔いです。
ふふ、解ります。四季さんのブログを見ていると、記事の並びでそんな印象受けます。

TBありがとうございます~。もちろんオッケーですよ! 嬉しいです。

>簡素ではあっても原始的な力強さに満ちているのだろうかって気がして
ああ、なるほど。分かります。
原始的というには、古代ギリシアは洗練されてしまってるかもしれないですが…
そういう意味では、「ベーオウルフ」の方が原始的な力強さを感じさせると思うのですが、
先日読んだギリシア悲劇「タウリケーのイーピゲネイア」には、それをすごく感じましたよ!
よくある話なのに、現代人がこんな話を書いたらいかにもな話になりそうなのに、ものすごく面白かったんです。
これが原点なんだなあという力強さをすごく感じました。単純なんだけど、新鮮!
だからギリシア悲劇は、もっと色々と読んでみようと思っています。
ソフォクレスの「オイディプス王」なんかも、以前読んだ時はそれほど感心しなかったんですが
今読んだら、もしかしたらものすごく面白く感じられるようになってるかも? 楽しみです~。

ギリシア神話に一番感じるのは、人間くさい生々しさですね。
多分、ギリシア人という人々の特性を一番端的に現してるんだろうなあ、なんて思うんですけど
そういうところがとっても好きなんですよー。ギリシア神話に限らず、神話全体に言えることですね。
あ、私が子供の頃によく読んだギリシア神話物語も、ブルフィンチのものでしたよ。
19世紀の人なので、色っぽい部分はかなりカットしちゃってるみたいですが(笑)
語りの上手さには定評があるようです。
私も今度一回読み直してみようかなあ。今なら「完訳」も出てますもんね。これもいいかも♪

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.