「エルガーノの歌」「パルメランの夢」井辻朱美

Catégories: /

4150303339.jpg [amazon] [amazon]
またまた大好きになっちゃう作品を見つけてしまいましたー!
井辻さんは、叙事詩とか神話がお好きに違いないです。同類の匂いがぷんぷんします。(私なんかに同類とは言われたくないかもしれないけど・笑) もう、とにかくこういう世界は大好き。...と思ったら、あとがきにも、子供の頃から「ロビン・フッドの冒険」「アーサー王」「ローランの歌」のような古い伝承がお好きだったとありました。「もちろんトールキンやC・S・ルイスやマクドナルドも好きですけれど、それは彼らをオリジナルとして好きというよりも、わたしの好きな世界を再現してくれた、ひとつのヴァリエーションとして好きなような気がします」とも。
ああー、分かる...。
あまりきちんと考えたことはなかったですけど、私が「ナルニア」や「指輪物語」をあれだけ愛読したのも、古い叙事詩や伝承に通じる匂いがあるからなんですよね。...ただ、私の場合は、「アーサー王」や「ロビン・フッド」、その他諸々の神話や伝承も大好きだし、「ナルニア」や「指輪物語」も同じぐらいのレベルで好きなので(オリジナルだからこその良さもあれば、小説だからこその良さもある!)、一概にオリジナルが上とも言い切れないのですが。

そして、そういった叙事詩とか神話がお好きだという匂いがぷんぷんするのは、「エルガーノの歌」の方です。こちらは13編が収められた短編集。ごくごく短い短編が12編と、中編と言ってもいいような長さの表題作が収められています。舞台は極北の地だったり、南の砂漠だったり色々なんですが、それぞれにほんと好きな雰囲気で、しかもその世界が、タニス・リーや神月摩由璃さんの描き出す世界のよう。もうほんと困ってしまうぐらい好き♪

そして「パルメランの夢」は、自動人形のパルメランや遍歴の帽子屋・ロフローニョの物語。こちらはどちらかといえば、「エルガーノの歌」よりも、「風街物語」(感想)の雰囲気に近いですね。乾いた風の中に漂う夢の断片のような物語。自動人形のパルメランの中に、チェスの名人の小男や、虹の化石を探している中国人の博士が住み着いていて、そういう設定もいいんですけど、それより帽子屋のロフローニョの作る帽子が素敵なんです。探し物がすぐに見つかる繻子の帽子、黒いタフタに紫のスミレと紗のヴェールがあしらわれた頭痛を取る帽子、ラシャの布のふちのない丸い帽子に星座が銀糸とビーズでかがってある、心の火照りを沈める帽子... 池に投げ込まれて寒天のようにふやけた恋文から帽子を作ってしまったこともありました。形を作り上げた後は凍らせて出来上がり。(笑)

「パルメランの夢」みたいなのも好きなんだけど、「エルガーノの歌」と一緒に読んでしまったので、ちょっと勿体なかったかな。...でもこの方の文章は、なぜか読むのに時間がかかります。オリジナルも翻訳も。きちんと書かれた文章だと思うし、じーっと眺めてみても、一文一文は読みにくいような文章とは思えないのに、何がどう違うのかは、よく分かりませんが...。(ハヤカワ文庫JA)


+既読の井辻朱美作品の感想+
「風街物語 完全版」井辻朱美
「エルガーノの歌」「パルメランの夢」井辻朱美
「幽霊屋敷のコトン」「トヴィウスの森の物語」井辻朱美
「ヘルメ・ハイネの水晶の塔」井辻朱美
「遙かよりくる飛行船」井辻朱美
「ファンタジーの森から」「ファンタジーの魔法空間」井辻朱美
「夢の仕掛け 私のファンタジーめぐり」井辻朱美
「魔法のほうき」井辻朱美
「ファンタジー万華鏡」井辻朱美

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「エルガーノの歌」「パルメランの夢」井辻朱美 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.