「ローランの歌・狐物語」「エッダ・グレティルのサガ」

Catégories: / / /

 [amazon] [amazon]
気がつけば、絶賛叙事詩祭りになってます。(笑)
ちくま文庫の中世文学集IIとIII。ちなみにIは「アーサー王の死」。それ以外に何があるんだろう... と思ったらこの3冊だけで、ちょっと残念。それぞれ2作ずつ入っていて、まさに題名の通りです。

まず「ローランの歌」は、フランク王シャルルマーニュのイスパンヤ(スペイン)侵攻中の物語。カルヴィーノの「不在の騎士」(感想)を読んだ時から、また読もうと思って用意してたんですが、ようやく読めました。11世紀頃に成立したと言われているフランス最古の叙事詩です。778年のロンスヴォーの戦いをという史実を元にしているようなんですが、架空の人物も多数登場、実際はバスク人と戦ってたのに、サラセン人に変えられてます。スペインがサラセン人...? ということはイスラム教徒?! とか細かい部分を気にしたらダメ~。(笑) この時代って十字軍の時代ですしね。敵がイスラム教徒の方が何かと都合が良かったんでしょう。...でも、敵側からの視点の場面でも、「馨しの国フランス」なんて言っちゃったり(本来はフランスが自国のことを讃える言葉です)、自分たちのことを「異教徒」と呼んでしまうのが、お茶目で可笑しい♪ そして、「ローランは剛(つよ)くオリヴィエは智(さと)し。」という言葉が、やっぱりイイ!

「狐物語」は、性悪の狐・ルナールが、鶏や狼、熊といった連中を次々に騙していく物語。私はイソップみたいな動物寓話が苦手なんですよね... しかもみんな思いっきり騙されてるし... これはちょっと騙されすぎだってば(^^;。でも昔の人にはこういう物語が娯楽だったんでしょうねえ。登場するのは動物でも、簡単に人間に置き換えて想像できるので、そういう意味では、当時の宮廷の様子や商人や農民たちといった庶民の暮らしぶりが良く分かる作品。

「エッダ」は、北欧神話です。神々と英雄の物語。17世紀半ばにアイスランドの修道院で「王の写本」が発見されて以来、各地に散在している写本が徐々に見つかり始め、現在は似たような性格の作品が40編ほど集められているのだそう。でもここに収められているのは14編だけ。やっぱり谷口幸男さんの「エッダ-古代北欧歌謡集」を読むべきかしら。あと、初心者向けらしいんですが、図版や解説が充実してるらしいK・クロスリイ・ホランドの「北欧神話物語」も気になります。
そしてこの14編の前半はオーディンやトール、ロキといった神々の物語なんですが、後半は「ニーベルンゲンの歌」の元となった、シグルド(ジークフリート)伝説。私としては、本当は神々の登場する前半の方が好みです。やっぱり英雄譚よりも神話が好きだな。でもこういうのを読むと、「ニーベルンゲンの歌」も再読したくなっちゃいますねー。

そして最後に「グレティルのサガ」は、12~13c頃に成立したという作品。これだけは元々散文で書かれたみたいです。幼い頃から大力の乱暴者で、父親からも疎まれてるグレティル。とうとう人を殺して追放されてしまいます。でも旅に出た先で、海賊や妖怪をやっつけて大活躍することに... とは言っても、かなり運勢が悪いらしくて、いいことをしても裏目に出たりするのが可哀想。正直、あんまり夢中になれるほどじゃなかったんですが、このグレティルが実在の人物だと知ってびっくりでした。そしてこちらを読んだら、「ベーオウルフ」が読みたくなりました。(笑)(ちくま文庫)

ということで、絶賛叙事詩祭りはまだ続きます... が、そういうのって画像が出ない本ばかりなので詰まらない~。次はちょっと違うのに行きます。(って、そんな理由で読む本を選ぶのかっ)

| | commentaire(6) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「ローランの歌・狐物語」「エッダ・グレティルのサガ」 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(6)

いやー、叙事詩祭り続きますねぇ。
私も北欧神話の本(できれば文庫で)を探してるんですけど
ちくまのエッダは14編だけですか。うーん。
40編全部とはいかなくても、
25~30編くらい入ってるのはないかなぁ。
ギリシャ神話に比べて北欧神話関連本はほんとに少ないですね。
曜日の語源になってたり、マンガとかゲームに取り上げられてるのに。

叙事詩祭り向けの本をいっぱい仕入れてしまいましたよ。
ちゃんと祭りの間に読みきってしまわなければー。積みたくないー。(笑)
北欧神話、文庫だと無理なんじゃないかなって気もしてきました。
このちくま文庫にかなり期待してたんですけど、14編だけだし…
それでも十分面白かったですけどね。「グレティルのサガ」なしで、エッダだけにして欲しかった!
今度谷口幸男さんの「エッダ-古代北欧歌謡集」を読んでみようと思ってるので
読んだらまたご報告しますねー。

叙事詩ということであれば,

ギルガメッシュ叙事詩
王書
ベオウルフ
ラーマーヤナ

あたりも是非是非。
ベオウルフ以外は東洋系ですが,
西洋のものとは違った趣があってよいですよー。

森山さん、こんにちは!
オススメ叙事詩のリストアップありがとうございます♪
上から3冊、まさに積んでます。(笑)
おお、やっぱり西洋物とはまたちょっと違いますか。
インドにもペルシャにも、ものすごーく惹かれるのに
東洋系の叙事詩はほとんど読んだことがないので、とても楽しみです。
ちくま学芸文庫の「インド神話」まで買ってしまったし!(笑)

あ、「ラーマーヤナ」ですが、森山さんはどの版を読まれました?
レグルス版か東洋文庫版か、ちょっと迷ってます。
値段的にも流通的にもレグルス版の方がお手軽なので
そちらで十分ならそちらにしようと思ってるのですが…

『王書』は田中芳樹のアルスラーン戦記読んでる人にはたまらないと思います。
まんま元ネタですからね(苦笑)。
ペルシア文学なら叙事詩ではありませんが『薔薇園』も素敵な作品です。
機会があればご一読を。

『ラーマーヤナ』は幼少時に講談社の世界少年少女文学全集収録のものを読みました。
この全集は僕の原典ともいえるもので『アーサー王』『ニーベルンゲンの詩』『ローランの歌』『狐物語』を初め幾多の児童文学・名作文学と出逢わせてくれました。
今は非常に入手困難みたいですけど,図書館にはわりとあるところもあるみたいです。
探してみるのも一興かと思います。
もう50年以上前の全集なんですけどね……。

>森山さん
わー、「王書」は、アルスラーンの元ネタだったんですか!
それは全然知りませんでした。それはますます楽しみになっちゃう。
きっと、好きな世界に間違いないですね♪
あと「薔薇園」も、教えて下さってありがとうございます。
ぜひ読んでみたいです。こちらは東洋文庫で読めそうだし。
やっぱり東洋文庫、気になる本が多い…

市内の図書館には、講談社の世界少年少女文学全集はありませんでした。
50年以上も前の全集だなんてすごいですねー。
そういう全集に、子供の頃に出会えなくて残念です。
大人になってから読むのも、もちろんいいんですけど
子供の頃出会えた本って、やっぱり格別ですよねー。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.