「ニーベルンゲンの歌」前編・後編

Catégories: / / / /

  [amazon] [amazon]
ニーデルラントの王子・ジーフリト(ジークフリート)は、ある日ブルゴントの国に世にも美しい姫がいるという噂を聞き、ぜひその姫を手に入れようと決意を固めます。その姫とは、ブルゴント国王グンテルの妹・クリエムヒルト。ジーフリトは12人の勇士たちを連れて、ブルゴントの国へ向かうことに。

13世紀初め頃に成立された、ドイツの「イーリアス」とも言われる作品。北欧神話の「エッダ」のシグルド伝説が元になってます。
絶賛叙事詩祭り(笑)ということで、叙事詩作品をいくつか読んできましたが、これはやっぱり面白い! クリエムヒルトとブリュンヒルトという2人の女性の口論が思わぬ事態を招いてジーフリトが死に、クリエムヒルトが復讐するという人間ドラマ。基本的に復讐譚は好みじゃないし、その2人の女性の口論の場面も好きじゃないので、今回読むかどうしようか迷ったんですが、読み始めたら面白くて一気に読んでしまいました。現代人にもすごく読みやすい作品だと思います。こういう作品を書いた詩人が無名のままというのが信じられない。

前半はジーフリトの栄華と美しく貞節なクリエムヒルトが中心。ジーフリトの死後、クリエムヒルトは貞節な生活を送りながら復讐を遂げる機会を待つことになるのですが、後半、彼女がフン族のエッツェルの嫁ぎ、実際に復讐への行動をとり始めると、クリエムヒルトがまるで鬼女のように、そしてそれまで卑怯者というイメージの強かったグンテル王の重臣・ハゲネに正義があるかのような描かれ方になって、その変化に驚かされます。前半の宮廷の優雅な華やかさも、後半は壮絶な血みどろの戦いに取って代わられ、これに関してはゲーテも「前編はより多く華麗、後編はより多く強烈」と評しているのだそう。

元となっている「エッダ」とはかなり違うんですよね。クリエムヒルト(「エッダ」ではグドルーン)が復讐を果たすのは一緒なんですが、「エッダ」では、クリエムヒルトよりもむしろブリュンヒルトの方がインパクトが強いんです。「ニーベルング」のブリュンヒルトは美しくても驕慢な女王ですが、「エッダ」では、ただジーフリト(シグルト)のことが好きだっただけというだけで、その純粋さがいいんですよね。
ワーグナーの「ニーベルンゲンの指環」は、話は知ってるものの、本としては未読。こちらも今度読んでみなくっちゃ。(岩波文庫)

| | commentaire(8) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「ニーベルンゲンの歌」前編・後編 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

今日はここ何回か連載した石川栄作教授の「ニーベルンゲン関連」の著作のベースにある... » Lire la suite

Commentaires(8)

四季さん、こんにちは。
この間からの四季さんの「叙事詩祭り」、迫力ありますね。憧れます~。
「ニーベルンゲンの歌」は、ジークフリートとクリームヒルトの復讐譚の部分なのですね。
こういう神話は、伝承によって違いがあって面白いです。クリームヒルトとブリュンヒルトも四季さんの書いてらっしゃる違いが興味深かったです。クリームヒルト、そんなにもこわいこわい復讐の鬼のようになったとは。。
オルフェウスの窓のユリウスが浮かびます。(笑)
ブリュンヒルデ・・・って、ワルキューレの一人で、ジークフリートが炎の岩山に眠る彼女を救い出して妻にした??って事なかったですか。う~記憶が曖昧です。

「ニーベルンゲンの指輪」では、ジークフリートの父・ジークムントと母・ジークリンデ(ジークムントの妹)の物語もドラマチックですよね。

「絶賛叙事詩祭り」楽しそうですね~。このとろころ四季さんが、アップされている叙事詩の記事を読むとわくわくうずうずしてきます。僕も祭りに参加したいと思いつつ、なかなか思うとおりにいきません。積読本を消化するので手一杯です。
今回の記事を読ませて頂いて『銀河英雄伝説』を思い出してしまいました。
ブリュンヒルトという宇宙戦艦がありました。
えと、だからなんなんですか?ですね(笑
失礼しました。

>ワルツさん
叙事詩祭り、いいですよ~。
ワルツさんもお好きなのではないかと思うのですが、ご一緒にいかがですか~?
あ、そうですそうです、ブリュンヒルデはワルキューレの1人で、まさにワルツさんが書かれてる通りです。
でもジークフリートは記憶を失ってしまって、結局ブリュンヒルデを妻にすることはなく
その後あっさりと、クリエムヒルトと結婚しちゃうんですよね。
…というのが北欧神話の方です。
「ニーベルンゲンの歌」では、ブリュンヒルデは他の国の女王なんですよ。
こちらでもジークフリートと何かあったらしくて、途中ほのめかされてはいるんですが、詳細は不明…

そんなこんなの違いから、ジークフリートが殺される理由もかなり違ってきちゃってます。
読んでるとなんだか、いいとこ取りをして、新しく設定し直したくなってきちゃう。(笑)
「ニーベルンゲンの歌」には指輪も出てこないですしね~。(いえ、出てくるんですが、まるで違うので…)

おお、ユリウス! 美しい人が復讐に走ると迫力がありますね~。(笑)
うんうん、「ニーベルンゲンの指環」もドラマティックですよね。やっぱり本を読んでみなくては~。

>kyokyomさん
わあ、楽しそうですか? いやあ、本当に楽しいんですよ~。
記事からも楽しんでる様子が伝わっているようで、なんだか嬉しいです。
私のファンタジー好きは、結局のところ神話と叙事詩がルーツとなっているので
この辺りを読むのは、本当にすごく好きなんですよね。
世界中のめぼしい叙事詩を読んでしまいたいぐらい。(笑)
kyokyomさんにもぜひ参加していただきたいなあ。
その時は、やっぱりこの「ニーベルンゲンの歌」が入りやすいのではないかと思います(^^)。

そうそう、「銀河英雄伝説」~。
先日のたらいまわし「ドイツの文学」でも、菊花さんが「銀英伝」出してらして
名前の相似を指摘してらっしゃいましたよ。こちらの「歌」よりも、もしろ「指環」かな。
http://kiku87.exblog.jp/2641720
田中芳樹さん、きっとお好きに違いありません~。(笑)

こんにちは。トラバさせていただきました。
前編と後編でのクリエムヒルトの豹変が怖いですw

ryotaroさん、こんにちは。トラバありがとうございます。
ほんと、クリエムヒルトはすごい豹変ですよね。確かにコワイです。(笑)

こんにちは、四季さん。  何だか立て続けにTBが送られちゃったみたいですみません ^^;  どうもまだ KiKi は Movable Type の使い方が習熟できていないようです。  ちょこっと編集し直すと必ずTBを送っちゃうみたいでぇ~(汗、汗)

今年の KiKi は「ニーベルンゲン祭り」で明けたっていう感じです。  四季さんお待ちかねの「ドイツ中世叙事詩研究」の前に、次は「エッダ」に行く予定です。  まだ、検索していないんですけど、当然四季さんは抑えていらっしゃいますよね~。  KiKi はちくま文庫(?)のエダ関連本は既読なんですけど、今回は随分前に入手したきり積読状態だった「新潮社の谷口幸男さん訳」のこれまたちゃんとした本系のエッダに初挑戦です(笑)

KiKiさんこんにちは。TBありがとうございます。
編集し直すとTBがまた送られちゃうということは
記事編集画面の「トラックバック送信先URL」欄に
URLが残ったままになってるのではないでしょうか…?
編集する時にそれを消したら大丈夫かも、と思うのですが、どうでしょう。
的外れだったらごめんなさいー。(本来、一度送ったら消えてるはずなので)

「エッダ」読んでますよ~。
何冊か読んでるので、新しいブログにもこっちのブログにも書いてるはずです。
新潮社の谷口幸男さん訳ということは、「エッダ 古代北欧歌謡集」かな?
これはいいですよー。
ちくま文庫の方は抜粋や梗概だけど、新潮社のは全訳のはずですしね。
感想、楽しみにしてますね。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.