「トロイア戦記」クイントゥス

Catégories: / / /

 [amazon]
トロイア軍の総大将だったヘクトールがアキレウスに殺された後、トロイアの町にやって来たのは、アマゾーンの女王ペンテシレイアとその12人の女戦士たち。血みどろの戦いを望む彼女たちは、翌朝早速ギリシャ軍と相対して、凄まじい戦いぶりを繰り広げることに。

叙事詩祭りと言いつつ、かなりの寄り道をしてしまいましたが、また古代ギリシャに戻って来ました。とは言っても、これは3世紀に活躍していたという詩人・クイントゥスによる叙事詩。3世紀の人なので、古代ギリシャではなくてローマ帝国の頃の人です。「ヘレネー誘拐・トロイア落城」(感想)のコルートスやトリピオドーロスよりも少し早いぐらいでしょうか。
ヘクトールの死後からギリシャ軍が帰国するまでを描くという、まさにホメロスの「イーリアス」から「オデュッセイア」へと橋渡しをするような作品ということで、2つの作品では今まで読めなかったエピソードの数々をこの1冊で読めるというのが、何といっても嬉しいところ! トロイア方に駆けつけたアマゾーンの女王・ペンテシレイアのすさまじい戦いぶり、アキレウスの死、アイアースの自殺、アキレウスの子・ネオプトレモスと弓の名人・ピロクテーテスの参戦、パリスの死、有名なトロイアの木馬のことなどなど、次々に描かれていきます。やっぱりホメロスの書いてる部分って、ほんの一部ですものね。書かれていない部分も読みたくなります。もしかして、誰も書いてくれないから自分で書いちゃった、というクチでしょうか。(笑)
でも、この訳文がどうも... 全体的にはとても読みやすいし分かりやすいんですけど、どうもダメ、特に会話文がダメ、と思っていたら、同じく会話文で引っかかってしまった「ヘレネー誘拐・トロイア落城」の訳と同じ方でした。きっと読みやすさに拘ってらっしゃるんでしょうけど、妙に砕けすぎだし、こんな言葉遣い、現代でもしません... せっかくの作品が勿体ないです。美文とまではいかなくても、もう少し格調高く訳せないものでしょうか。せめて、ごく普通の日本語の文章で書いて頂きたいところ。もうこの方の訳文は読みたくないですねえ。(講談社学術文庫)

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「トロイア戦記」クイントゥス へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.