「タウリケーのイーピゲネイア」エウリーピデース

Catégories: / /

 [amazon]
トロイアー遠征のために集結していた船団が風のために出帆できなかった時に、予言者・カルカースの言葉によって、自身の娘・イーピゲネイアを生贄としてアルテミスに捧げたアケーナイ王アガメムノーン。しかしその時、アルテミスはイーピゲネイアを攫い、そこには身代わりの鹿を置いておいたのです。イーピゲネイアはアルテミスによってタウロイ人の国に連れて行かれ、そこでアルテミスに仕える巫女となります。そして10年後のある朝。イーピゲネイアは弟・オレステースの夢を見ることに。

先日アイスキュロスの「アガメムノーン」を読んだ時から(感想)、この続きの話も読むぞーと思っていたんですが、「アガメムノーン」と共に三部作とされている「コエーポロイ(供養する者たち)」と「エウメニデス(善意の女神たち)」が、どこに収録されているのか調べるのが億劫で(おぃ)、結局、手に入りやすいこちらを先に読むことになりました。
いや、でも、これが面白い! ギリシャ悲劇ってなんて面白いのかしら... と、ちょっと感動してしまいます。今の時代に同じような話があっても誰も見向きもしないかもしれない、それほどありきたりな話なんですが、でも面白い! むしろ、「ああ、これが原点なんだなあ」という感じです。(その点、シェイクスピアは全然原点なんかじゃないと思う!) ...とは言っても、以前ギリシャ悲劇をいくつか読んだ時は、それほどの面白さを感じなかったような気もするので、今の年齢も関係してるのかもしれません。(笑)
いかーん、ギリシャ悲劇をまとめ読みしたくなってきてしまったではないですか。と思ったら、ちくま文庫から全4巻でギリシャ悲劇物が出てるんですね。1巻はアイスキュロス。読みたかった2作も入ってる! 2巻はソポクレス。3巻と4巻がエウリピデス。これ、いいかも~♪
ちなみにゲーテの「タウリス島のイフィゲーニエ」は、この「タウリケのイーピゲネイア」を元に書かれているのだそうです。(岩波文庫)

   

+既読のエウリピデス作品の感想+
「タウリケーのイーピゲネイア」エウリーピデース
「ギリシア悲劇III」上 エウリピデス
「ギリシア悲劇IV」下 エウリピデス

| | commentaire(2) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「タウリケーのイーピゲネイア」エウリーピデース へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

四季さんが、アイスキュロス「アガメムノーン」、エウリーピデース「タウリケーのイー... » Lire la suite

Commentaires(2)

はじめまして。
『タウリケーのイーピゲネイア』で検索して、
はじめてブログ拝見しました。
素敵なブログですね。
最近ギリシア悲劇を読みはじめた者です。
『アガメムノーン』とこちらの記事に
TBさせていただきました。
よろしくお願いします。

スフィンクスさん、はじめまして!
ギリシア悲劇で辿り着いて下さる方はほとんどいらっしゃらないので、嬉しいです~。
私もまだあまり読んでないんですが、いいですよね、ギリシア悲劇。ほんと面白いです。
まだ上に挙げたちくま文庫版は、まだ3巻4巻のエウリピデスしか読んでないのですが、
1巻2巻もぜひ読みたいと思ってます。
スフィンクスさんのブログにも後ほどお邪魔させて頂きますね。楽しみです♪

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.