「ラインの黄金」「ワルキューレ」「ジークフリート」「神々の黄昏」リヒャルト・ワーグナー

Catégories: / / / /

[amazon] [amazon] [amazon] [amazon]
ワーグナーによるオペラ「ニーベルンゲン(ニーベルング)の指環」原作、全4巻。北欧神話(エッダ)のシグルド伝説と「ニーベルンゲンの歌」を元に、ワーグナーが作り上げた世界です。本の表紙の画像が出ないのが残念なんですが、これはアーサー・ラッカムの挿絵が沢山収録されてる本。これって、たらいまわし企画・第25回「『ドイツ』の文学」の時に、柊舎のむつぞーさんが挙げてらした本ですね♪(記事) ラッカムの絵はこの世界にぴったり。カラーの挿絵も多くて、うっとりしてしまいます。

話の流れは大体知ってはいたものの、原作を読むのは今回が初めて。「エッダ」(感想)や、「ニーベルンゲンの歌」(感想)を先日読んだところなので、その違いがきちんと把握できてとても面白かったです。古い伝承や叙事詩での矛盾点や語られていない部分を、ワーグナーが見事に掬い上げてるんですね! ブリュンヒルデのこともジークフリートのこともグートルーネのことも、もう本当に納得。物語としての完成度は、きっと一番高いんでしょうね。...とは言っても、そういった完成度だけが作品の魅力というわけじゃないと思うので、逆に、破綻がありながらも読ませてしまう「エッダ」と「ニーベルンゲンの歌」の底力は凄いなあと思うのですが。

今回この4冊を読んで感じたのは、まさにジークフリートが主人公だということ。他の作品でももちろんジークフリートが主人公なんですが、この「指環」では、ジークフリートは3冊目でようやく登場なんです。呪われた指環の存在を知らしめるために「ラインの黄金」があり、ジークフリートを生み出すために「ワルキューレ」でジークムンドとジークリンデが愛し合い、ジークフリートに目覚めさせられるためにブリュンヒルデは眠らされ、ジークフリートの手で鍛えなおされるために、名剣ノートゥングは破壊されたんですね。
でもこのジークフリート、私はあんまり好きじゃないです。侏儒のミーメに育ててもらった恩がありながらも、ミーメを憎んでいるジークフリート。確かにミーメがジークフリートを育てた背景に下心がなかったとは言えませんけど、ジークフリートがミーメを憎んでいるのは、ミーメが侏儒で、外見が醜いから? そんなんでいいんでしょうか...?(関係ないかもしれないけど、さすがヒットラーに愛された作品だなーとか思ってしまうー) これじゃあ肉体的には英雄の条件を満たしていても、本質的な英雄とは言えないのでは。その行動を見てても、単なる子供としか思えないです。これじゃあ、ジークフリートが殺されても、全然同情できなーい。自業自得なんじゃ...?

楽劇は、上演にほぼ14時間、4夜を要するという超大作。一度観てみたい... とは軽い気持ちでは言えませんが、やっぱり観てみたい。せめて読む時にCDを用意しておくべきでした。(新書館)


+既読のリヒャルト・ワーグナー作品の感想+
「ラインの黄金」「ワルキューレ」「ジークフリート」「神々の黄昏」リヒャルト・ワーグナー
「タンホイザー」リヒャルト・ワーグナー
「さまよえるオランダ人」「ローエングリン」リヒャルト・ワーグナー

+既読のアーサー・ラッカム作品の感想+
「ラインの黄金」「ワルキューレ」「ジークフリート」「神々の黄昏」リヒャルト・ワーグナー
「シンデレラ」「不思議の国のアリス」「ウンディーネ」「リップ・ヴァン・ウィンクル」「ピーター・パン」アーサー・ラッカム
「真夏の夜の夢」アーサー・ラッカム絵&「テンペスト」エドマンド・デュラック絵

| | commentaire(12) | trackback(3)

Trackbacks(3)

「ラインの黄金」「ワルキューレ」「ジークフリート」「神々の黄昏」リヒャルト・ワーグナー へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

さて、今年はリングで幕を開けた KiKi。  で、その元本でもある「ニーベルンゲ... » Lire la suite

さて、iPod にまつわる様々なトラブル発生のため、ちょっと忘れかけていた企画(... » Lire la suite

KiKi がLothlorien_山小舎でガス給湯器の修理に立会い、あれやこれ... » Lire la suite

Commentaires(12)

あっ、ジークフリートが嫌いって、言っちゃいましたね~。
でも、確かに彼が、「指輪の呪いに勝つ英雄」であるはずなのに、ミーメを嫌うというのはおかしいと思います。(心が貧しい!いくら強くても)
それに、私も、ジークムントとジークリンデの兄妹の苦難の物語の部分が好きなので、ジークフリート、どうでもいいや。(きゃあ、同じく言っちゃった。)
でも、ワーグナーの曲は、彼の部分、すごく魅力的なんですよね。
ジークフリートが出生の秘密を知る『森のささやき』…第二夜楽劇「ジークフリート」第2幕や
『ジークフリートのラインの旅』…第三夜楽劇「神々の黄昏」第1幕、とか~♪

きゃ~、ワルツさん~♪
そうそう、心が貧しい! それですよ、それ。
こういうのって、ゲルマン人と日本人の感覚の差なんでしょうかねえ…?
ワーグナーも、所詮は金髪碧眼が好きなゲルマン人なのねって思ってしまいました。(^^ゞ
あ、ジークムントとジークリンデの部分は、私もすごく好きでした~。素敵ですね。
それとブリュンヒルデも。
「ニーベルンゲンの歌」ではタカビーだし、「エッダ」では、ちょっとエキセントリックなブリュンヒルデですが
「指環」での彼女は一番可愛くて、一気に好きになっちゃいました。(話もすごく納得できるし)
だから2巻目の「ワルキューレ」が一番好きです。
あ、「神々の黄昏」の、最後のあの火のシーンも♪
…ただ、あのワルハラ炎上は、舞台的には一番盛り上がるところなんでしょうけど
なんでワルハラも炎上しちゃうのか、イマイチ納得できないんですが…(^^ゞ

ワーグナーの… というか「指環」のCDが欲しいなあって思ったんですけど
何かオススメってあります? あったらぜひ教えて下さいませ~。

四季さん、こんばんは。
ニーベルングの指輪のCDを買われる(?)とのこと。わ~、どれがいいかなぁ。私も目移り(聴き移り。笑)しちゃって・・、
全曲か、ハイライトかでも違ってきますが、定番というと・・
(↓)
・ショルティー&ウィーンフィル 
・カラヤン&ベルリンフィル
・バレンボイム&バイロイト祝祭劇場管弦楽団
など。如何でしょうか?

●バレンボイムは、ワーグナー初演の伝統あるバイロイトと演ってます。ハイライトも全曲もどちらも入手可能です。(ハイライトは、有名な曲が抜粋して分かりやすいです。本格的に聴かれるなら全曲がよいでしょう。(堪能できますね。)
【全曲】
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005QYW5/250-3572387-2406629?v=glance&n=561956&s=classical
【ハイライツ】
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005QYVU/250-3572387-2406629?v=glance&n=561956&s=classical

●ショルティ&ウィーンフィル
全曲は、名演といわれてお宝ものです。(お値段も名演!笑) 本気の本気で買って下さい?(爆)
【全曲】
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005FM1T/250-3572387-2406629?v=glance&n=561956&s=classical
【ハイライツ】
えへへ、私は、こっちです。(^^ゞ
結構簡単に聴けるので重宝してます。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000091LAY/250-3572387-2406629?v=glance&n=561956&s=classical

●カラヤン&ベルリンフィル(ハイライツ)
四季さんは嫌かもですが、安定したカラヤンで、ワーグナーのドイツの音が楽しめます。
検索したら、今、入手困難のようで残念でした。残念。。
【全曲に近い、抜粋】
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005HO2P/250-3572387-2406629?v=glance&n=561956&s=classical

って、こんな感じです。楽しんで下さいね。(*^。^*)
今日の朝顔とユキノシタ、本当に美しいですね。私んちの朝顔も毎朝、咲いてくれています。それと、また今年もプチトマト。(笑)

わあ、ワルツさん、ありがとうございます~。
ほんと沢山あるので、選びようがなくて困ってたんです。
オーケストラに関しても指揮者に関しても、もうほんと無知なもので…(^^;

…おお、全曲だとCD14枚にもなってしまうのですね!
それだけあったらすごいでしょうねえ。確かに堪能できそうです。お値段的にも素晴らしい~。
(本を全部読み終わっても、まだまだ曲は流れ続ける?! 笑)
でも、一度は全曲聴いてみたいなと思うんですけど、
それだけあると、逆になかなか聞き込めなくて、1曲ずつの印象が薄くなりそうですね。
やっぱり初心者には、まずはハイライトの方がいいかも… お財布にも優しいし。(笑)

となると、バレンボイムかショルティ&ウィーンフィルか。迷いますねえ。
2枚組というのも手頃な感じがするし、でもショルティは素晴らしそうです。
何より、ワルツさんが聴いてらっしゃるのと同じ!というのが魅力的~。

これに決めちゃおうかな。…うん、これに決めちゃいます!
ということで、たった今、ショルティをポチッとしてしまいました。えへへ。
いや、もう、突然厚かましいお願いをしたのに、色々と丁寧に教えて下さって
本当にありがとうございました。m(__)m

お花の写真も見て下さってありがとうございます。
ユキノシタは、夏休みになる前に咲いてたのに、今頃アップ? なんですが…(^^ゞ
あ、ワルツさんのおうちでも、毎朝朝顔が咲いてるのですね♪
プチトマト! いいですねえ。見た目も可愛くて、食べても美味しい♪
今年は育てるのをすっかり忘れてました。…忘れていたといえば、ゴーヤも…
ゴーヤって、実の収穫が遅れるとすごいんですよね。ご覧になったことあります?
まるで「エンド・ゲーム」で裏返されたみたいになっちゃうんです。
一度写真を撮りたかったのにな。来年こそ!です。(笑)

こんにちは、四季さん。  エッダの前にこちらになっちゃいました。

ラッカムの挿絵のこの本、素敵ですよね~。  とは言うものの今は絶版で
なかなか手に入らないシリーズでもありますよね。  KiKi もここ1年ぐらいの間に
少しずつ、少しずつ見つけることができて
ようやく全冊入手できたっていう
感じです。  

今回、この本を読みながら音楽を聴いてみたんですけど、
昨今のヘンテコな演出のものよりもず~っと楽にこの物語の世界観に
没頭することができたような気がします。  それもこれもラッカムのおかげ・・・・
かもしれませんけど。  

並行してエッダも読み進めています。  今月中にはエントリーを
書きあげる予定(未定?)です(笑)

KiKiさん、こんにちは~。
コメントのお返事もTBも全然追いついてなくてごめんなさいーっ。

ラッカムの本は本当に素敵ですね。
物語をより一層深めてくれるというか、文字だけではない本もいいものだなあと思わせてくれるというか…
私は基本的に本は文字だけでいいと思ってるんですけど、ラッカムの本は挿絵がある意味というか
きちんとプラスアルファを感じさせてくれるような気がします。
KiKiさんは1年かけて揃えられたんですねー。それはもう本当に宝物ですね。^^

オペラ系はよく知らないので、最近のヘンテコな演出がどんなのかよく分からないんですけど
ワーグナーの作品は、やっぱりその音楽を聴きながら読むべきだという気がします…
とは言っても、これも相当当たりハズレがあるんでしょうから、一概には言えないでしょうけど。(^^ゞ

KiKiさんのエントリを拝見するのが楽しみです♪

四季さん、こんにちは。

たびたび本当にごめんなさ~い!  今日は KiKi は1度しかデータを送っていないんですけど、なぜかTBが4本になっちゃっています。  こちらのPCの動作は確かにおかしくて、私の方のログを見る限りではこちらにTBを送ることさえできなかったことになっているんですけど、結果は4本・・・・。  何がどうしてどうなっちゃっているんだろう???

今後、ジークフリート、神々の黄昏と進む予定なんですけど、毎度毎度ご迷惑をおかけするのは忍びないので、そちらはTBを送らないようにした方がいいかもしれませんね。

本当に申し訳ありません。
  

KiKiさん、こんにちは~。
いえいえ、全然大丈夫ですよ。ダブっても消せばいいんですし、大した手間じゃないです。
でも1度送信しただけで、しかも送信できなかったことになってるのに、何度もだなんてスゴイ。
それはうちに送る時だけですか? だとしたら、ブログ同士の相性もあるのかもしれないですね。

送る送らないはお任せしますが、うちは全然構わないですよ。
それより、のちほどそちらのブログにお邪魔させて頂きますね。
楽しみです。^^

四季さん、こんばんは♪

これまでの傾向からすると、四季さんの新しい方のブログではそんなことは発生していないんですけど(あちらで複数のTBが送られているケースは単なる KiKi の Operation Miss です ^^;)、こちらの古いほうのブログだと1度送信しただけでも複数のTBが送られちゃう傾向があるみたいです。  で、必ず、KiKiのブログではまず「トラックバックできませんでした」というエラーメッセージが出て、その後ログを確認しても「トラックバックできませんでした」って書いてあるんだけど、こちらにお邪魔すると複数のTBが送られているんですよね~。  何が起こっているんだろ???

ホント、お手数ばかりおかけして申し訳ないです・・・・     

KiKiさん、こんにちは~。
新しいブログとこちらでは使ってるサーバーが違うので
そういうところで、何かちょっとした違いがあるかもしれないですね。
今までも、時々複数のTBが送られてくることはありましたし…
や、一度に4つというのはなかなかありませんでしたが…(笑)
そこは同じmovable typeということで、何かあるのかも。
全然気になさらなくても大丈夫ですよ!
じゃんじゃんTBを送って下さい!^^

四季さん、こんばんは♪  暫く、時間との関係で読書 & 音楽鑑賞のコラボエントリーを書くことができずにいて、そうこうしているうちにこちらのブログで発生しているTBトラブルの件をすっかり忘れてしまっていましたぁ(涙)  今回はこれまた数が半端じゃないみたいで、ごめんなさぁ~い。  でもね、一応言い訳しておくと今回もTB送信の操作は1回きり!でしたから!!!   

でも、前回四季さんが「じゃんじゃんTBを送ってください!^^」と仰ってくださったので、そのお言葉に甘えちゃったということで許してやってくださいまし~ ^^;

そう言えば、ハイライト盤、あれからどれを聴いてみるか決められましたか??  KiKi もね、あれから色々考えたり物色してみたりもしたけれど、結局 KiKi の一番のオススメは「カラヤン盤」かもしれません。  一応有名どころはほぼ網羅されているし、ラインの黄金の冒頭の動機も入っているし、「森のささやき」の美しさたるや必聴モノですから!(笑)

KiKiさん、こんにちは~。
TB、大丈夫ですよ。いくつ重なっても消す時は一括ですから!
どちらかといえば、1つだけ残す、というところでヘマしそうでコワイです…。(^^ゞ

ハイライト盤ね、結局まだどれにするか決めてないんですー。
一度はお店でカラヤン盤を手に取ってはみたものの、ふんぎりがつかなくて…
あ、やっぱりカラヤン盤はいいですか。じゃあ、やっぱりそうしちゃおうかしら…
解説はKiKiさんのブログということで!^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.