「夢はトリノをかけめぐる」東野圭吾

Catégories: /

 [amazon]
突然ネコから20歳前後の青年になってしまった夢吉。同居している作家のおっさん(東野さんご本人)には、なってしまったものは仕方ない、せっかく人間として生きてみろと言われ、なぜか冬期オリンピックの様々な選手たちに話を聞きに行くことに。

前半は、冬季五輪競技の紹介、後半は実際にトリノに行ってのオリンピック観戦記。
冬季五輪は嫌いじゃないんですけど、時差があったりすると、すぐに観るのが億劫になってしまう私。それぞれの競技をきちんと観たら、きっとハマるんでしょうけど、一度タイミングを逃してしまうと、どうでもよくなってしまうんですよねえ。それにオリンピックの場合、メダルの数を数えたがるマスコミが鬱陶しいし。結局、トリノ五輪も全然観ないまま終わってしまいました。そんな状態だったので、この本も、まあ、そこそこ。全作品を読んでる東野さんの本だから読んだけど、そうでなければ読まなかったんじゃないかと...。夢吉の視点で書かれていくのは楽しいんですが、やっぱり私はエッセイよりも小説がいいな。
ということで、この本の中で予告されていた、アルペンスキーヤーが主人公という「フェイク」が楽しみです。今はマイナーでも、実は面白い競技って色々とあると思うんですよね。「鳥人計画」(スキーのジャンプ競技の話)だって面白かったんだし、この本の中では「書いても出してくれる出版社がない」と否定的でしたけど、ぜひ小説の中でそういう競技を取り上げて頂きたいものです。こういうエッセイよりも、小説の方が遥かに効果的なのではないかと思うんですけどねえ。(光文社)


+既読の東野圭吾作品の感想+
「ちゃれんじ?」東野圭吾
「さまよう刃」東野圭吾
「黒笑小説」東野圭吾
「容疑者Xの献身」東野圭吾
「さいえんす?」東野圭吾
「夢はトリノをかけめぐる」東野圭吾
「赤い指」東野圭吾
「たぶん最後の御挨拶」東野圭吾
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(2)

Trackbacks(2)

「夢はトリノをかけめぐる」東野圭吾 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

夢はトリノをかけめぐる 冬季競技が大好きな作家東野圭吾が、人間となった(!)猫の夢吉と共に、競技を取材し、オリンピック開催中のトリノへ向かう。 強行スケジュ... » Lire la suite

夢はトリノをかけめぐる (光文社文庫)東野 圭吾光文社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『夢はトリノをかけめぐる』を紹介します。本書は、冬季五輪である... » Lire la suite

Commentaires(2)

はじめまして。苗坊と申します。
四季さんのHPはいつも拝見させていただいています。
私はまだブログを初めて日が浅いので、是非参考にさせていただきたいと思います^^

この作品ですが、私は北海道に住んでるにもかかわらず、冬季競技のあまりの知らなさに驚いてしまいました。
最近、いい結果を日本は残せていませんが、だからといって、東野さんの言うように韓国や中国のように1つの競技だけ集中的に訓練を行うって言う考えは嫌だなぁと思いました。
今度の冬季は、もうちょっと勉強してテレビ観賞しようと思っています^^

苗坊さん、はじめまして!
いつも見て下さってるだなんて、ありがとうございますー。
最近どんどん路線がズレていってるので、参考になるかどうか… でも嬉しいです(^^)。

苗坊さんは、北海道の方でしたか。
冬期五輪の選手には北海道や信州出身の方が多いという印象があるので
そちらの方には、もっとずっと身近なのかなと勝手に思ってたのですが、そうでもなかったんですね。
私も知らない部分がとっても多くてびっくりでした。冬戦教なんていうのも初耳だったし。
でも、そうなんですよね、1つの競技に集中しちゃうなんて、絶対詰まらないです。
今はメダルが取れなくても、底辺が広い方が結果的に競技者も多くなるし、観ていて楽しい五輪になりそう。
そのためにも、たまに小説に取り入れていただけると楽しいのにな~、なんて。
(映画の「クール・ランニング」のように… 冬期じゃないけど、森絵都さんの「DIVE!!」も大好きです♪)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.