「王書 古代ペルシャの神話・伝説 」フェルドウスィー

Catégories: / / / /

 [amazon]
今でもイラン人なら誰でもその一節を暗誦することができる、と言われているほどイランの人々に愛されているペルシャ英雄叙事詩。11世紀初めにフェルドウスィーによって作られたものです。本来は「神話」「伝説」「歴史」の3部構成だそうなんですが、この本では「神話の王たちの時代」「伝説英雄の時代」の2部に分かれています。

3部構成の最後の「歴史」の部分(全体の5分の2程度)が丸々省略されてるし、「神話」「伝説」部分も部分部分で省略されているので、本来の形からみると4分の1ほどの量になっているのだとか。訳も散文形式だし、岩波文庫に珍しく注釈もものすごーく少なくて(全体で23だけ!)、読みやすさにこだわった簡易版といった感じですね。今のところ完訳版は出てないようなので仕方ないのですが。
基本はペルシャ初代の王・カユーマルスからの歴代の王の紹介で、随時英雄伝説が挟まっています。解説に「ある意味では、私たちの『古事記』に当たる」と書かれていたんですけど、なるほどそんなものかもしれないですね。ちょうど古事記の、山幸彦の孫(だっけ)が神武天皇になって、歴代の天皇のエピソードが神話交じりに書かれていくような感じ。さだめし、初代の王・カユーマルス王が神武天皇で、英雄ロスタムがヤマトタケルってところでしょうかー。こちらの「王書」には、天地開闢だの天地創造だの神々の誕生だのといった部分はありませんが。
結構面白かったし、注釈が少ないのは読みやすかったんですけど、読んでいると、つい気になってしまう部分いくつか...。ここの説明が読みたい!ってところには注釈がなかったりして、痒いところに手が届かないー。注釈もありすぎると、本文の流れを遮ってしまうから読みにくいんだけど、やっぱりある程度は必要なものですねえ。あと、古代ペルシャで信仰されていたのはゾロアスター教だし、この詩の中でもそうなってるんですが、実際にこの詩が作られたのは、既にイスラム教になっていた頃。その辺りについても、もう少し説明して欲しかったところです。もしかして後から宗教的にいじられたのかな?って部分もあったんですよね。気になりますー。(岩波文庫)

| | commentaire(2) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「王書 古代ペルシャの神話・伝説 」フェルドウスィー へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

岡田 恵美子 「ペルシアの四つの物語 」 目次 王書―サームの子ザールの誕生   フェルドウスィー ホスローとシーリーン          ... » Lire la suite

Commentaires(2)

四季さん、こんばんは。
ゾロアスター教とイスラム教では、確かに後でいじられちゃう部分とかもあったのでしょうねえ。
岩波文庫で、注釈が23しかないというのは、少ないですねえ。笑
あんまりあり過ぎても、あの小さな字を読むのも辛かったりしますけれど。
完訳がないのも不思議ですよね。研究書とかになっちゃうのかしら。

つなさん、こんにちは~。
いつも岩波文庫のあの注釈が読みにくくて苦労してるのに
(結局、1度目は注釈を交えて読んで、2度目に通読することに…)
少なすぎるのも逆に困ったものなのか!と妙な実感をしました。(笑)
なんで完訳がないのか不思議ですよね。出して欲しいなー。
でも、なかなか需要もないのかもしれないですね。(笑)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.