「修道士カドフェルの出現」エリス・ピーターズ

Catégories: / /

 [amazon]
修道士カドフェルシリーズ21冊目。これが本当の最後。「ウッドストックへの道」「光の価値」「目撃者」という短編が収められた1冊。

「ウッドストックへの道」には、まだ修道院に入っていない、40代そこそこのカドフェルが登場。かつてイーヴシャムの修道士だったという男とのやり取りや、その後の出来事によって、シュルーズベリの大修道院に行くことになるという作品。まさにこの本の題名である「修道士カドフェルの出現」です。人生のどんな転機に対しても、さすがカドフェルは常に自然体なんだなあと思わされる作品。そして、まだこの頃は女帝モードの父であるヘンリー1世が生きてるんですけど、作中で後継とされていたウィリアム王子が海難事故に遭うんですよね。そういう意味でもシリーズに繋がる重要な作品と言えそうです。カドフェルが修道院に入るには、これ以上の年はなかったかも。

3作の中では、やはり「ウッドストックへの道」の印象が一番強かったんですけど、「光の価値」も、シリーズの中に長編としてあってもおかしくないような作品だったし、「目撃者」で、ドジなオズウィン修道士が登場するのも懐かしかったし、やっぱりこのシリーズがもう新作で読めないなんて寂しいですー。でもエリス・ピーターズ自身が、誰にも続編を書いてはいけないと遺言しているそうなので... それでもピーターズは、最初はカドフェルをシリーズ物にする気なんてなかったんですね。彼女自身による序文を読んでびっくりでした。
巻末には「修道士カドフェルシリーズ:ガイド」があって、物語の歴史的な背景やシュルーズベリについて、カドフェル以外の主な修道士や修道院での1日、シリーズに出てくる食べ物や薬草、各巻のあらすじなどがまとめてある小事典となっています。(光文社文庫)


+シリーズ既刊の感想+
「聖女の遺骨求む」「死体が多すぎる」「修道士の頭巾」...ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「聖ペテロ祭殺人事件」エリス・ピーターズ
「死を呼ぶ婚礼」エリス・ピーターズ
「氷のなかの処女」エリス・ピーターズ
「聖域の雀」「悪魔の見習い修道士」エリス・ピーターズ
「死者の身代金」「憎しみの巡礼」エリス・ピーターズ
「秘跡」「門前通りのカラス」エリス・ピーターズ
「代価はバラ一輪」エリス・ピーターズ
「アイトン・フォレストの隠者」エリス・ピーターズ
「ハルイン修道士の告白」エリス・ピーターズ
「異端の徒弟」エリス・ピーターズ
「陶工の畑」「デーン人の夏」エリス・ピーターズ
「聖なる泥棒」「背教者カドフェル」エリス・ピータース
「修道士カドフェルの出現」エリス・ピーターズ

| | commentaire(4) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「修道士カドフェルの出現」エリス・ピーターズ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(4)

お久しです~^^
最近,ついにカドフェルシリーズに手を出しました!!
スケルトン探偵と抱き合わせでAmazon一気買い(笑)。初めて積読本ができました。
べ,ベリンガーとラドルファス院長が好きすぎて堪りません。

睡さん、こんにちは! お久しぶりです~。
おお、なんとカドフェルに手を出されましたか! それはそれは。
このシリーズは、本当に楽しいですよね。
当時の歴史や、人々の生活といった部分が見えてくるのもいいし、
ヒュー・べリンガーもラドルファス院長は、私も大好き。
あ、もちろんカドフェル自身も。彼にはドラマがあります。(笑)

スケルトン探偵と抱き合わせって、結構な数になりますよね?
でも他に積読本がないなら大丈夫ですね。楽しんでくださいね~。

こんにちは、
きっと四季さんは読んでいらっしゃると思っていました、修道士カドフェルシリーズ。
最近、シリーズをまとめて読んだところです。

当初シリーズ化する意図はなかった、というのはなかなか興味深いですね。
そういわれてみると、二作目からメインの舞台がシュルーズベリに変わって本編スタートという感じがします。
一作目の聖ウィニフレッド(とその秘密)はシリーズにわたって重要なものとしてとても自然につなげられていますね。

質も量も兼ね備えた、良い読書をしました。

nyuさん、こんにちは!
カドフェルシリーズ、nyuさんも読破ですね! お仲間です~。
ほんと、最初はシリーズの予定ではなかったって、びっくりですよね。
それなのに1巻のあの出来事が、シリーズの中でとても大きな存在感を持ってるんですものね。上手いです。
あの辺りのイギリスの歴史はうろ覚えだったので、そういう意味でもとても面白かったし
カドフェルが聖と俗をきちんと知ってる人間だというのも効いてましたよね~。

次はファルコシリーズを読む予定なんです。先日、14冊をドドンと手渡されてしまいました。(^^ゞ
ローマ時代には、実は微妙に苦手感があるんですが、そろそろ読まなくっちゃ!

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.