「カメレオンの呪文」「魔王の聖域」「ルーグナ城の秘密」ピアズ・アンソニイ

Catégories: / /

4150200319.jpg   [amazon] [amazon] [amazon]
ハヤカワepi文庫に夢中になってたと思ったら(これは完読)、絶賛叙事詩祭りを始めてしまって、お久しぶりのハヤカワ文庫FT。今回手に取ったのは、2年ほど前に1冊読んだっきりになっていた、魔法の国ザンスシリーズです。このシリーズは今のところ16冊出ていて、ハヤカワ文庫FT初期に始まったシリーズにも関わらず、今でも絶版になっていないという貴重なシリーズ。今年は連番の100番までの作品を中心に読もうと思っていて、100冊中71冊が読了済なんですが、なかなか手に入らない本が多いんです。

このザンスというのは、一応異世界でいいのかな... ごく普通の文明国と隣り合っているようなのだけど、存在がほとんど知られていないという意味では、「オズの魔法使い」のオズの国のような存在。
そして「オズの魔法使い」や他のファンタジー物と違うのは、魔法はたっぷり存在するのに、いわゆる魔法使い、呪文を唱えれば何でも叶えることができる万能の魔法使いが存在しないこと。その代わりに、ここに住んでいる人も動植物も、石や水といった無生物に至るまで、何かしら魔法の力を1つずつ持ってるんです。しかも同じ時代に全く同じ魔力を持つ人間は存在しない、なんていう設定のおかげで、この作品に登場する魔法のバリエーションはものすごく豊富。まるで色鮮やかな中身のぎっしりと詰まったおもちゃ箱を見ているようです。もちろん力の強さには個人差が大きくて、相手を他の姿に変身させたり、目に映る全ての物をまやかしの姿にしてしまうという強くて有益なものから、壁に光の斑点を映すだけ、といった弱くて無意味なものまで様々。
そんな国なので、旅をする時は大変。魔力は人だけに限られたことじゃないので、一休みで腰を下ろした場所が肉食草の区域だったり、一見気持ち良さそうな木陰では、心地よい音楽で死ぬまで眠らされてしまったり...。(で、木に食べられてしまう) 泉を見つけて水を飲もうと思っても、飲んで最初に見た相手に恋してしまう「愛の泉」だったり。もちろん悪い魔法ばかりではなくて、「毛布の木」なんていうのもあって、寒い時にはとっても助かるんですけど。(笑)

そんな風に色んなアイディアを見てるだけでも楽しいし、主人公がどんどん世代交代していくし、ザンスの過去に旅することもあるので、ザンスという国の歴史もたっぷり楽しめるんですが... 1冊目の「カメレオンの呪文」は再読で、2回目読んでも楽しかったんですが...
続けて5冊読めればいいなあ、と思って読み始めたんですけど、3冊でおなかいっぱい。面白いことは面白いんですけど、どこか危うい感じがするんですよね。この後もこの面白さは続くのかしら? 一歩間違えれば、ただのお遊び作品になってしまいそうで、読みながら心配になってきました。こういうのって、やっぱり最初の2~3冊が一番いいような気もしますね。(ハヤカワ文庫FT)


+シリーズ既刊の感想+
「カメレオンの呪文 魔法の国ザンス1」ピアズ・アンソニイ
「カメレオンの呪文」「魔王の聖域」「ルーグナ城の秘密」ピアズ・アンソニイ
「魔法の通廊」「人喰い鬼の探索」ピアズ・アンソニイ
「夢馬の使命」「王女とドラゴン」ピアズ・アンソニイ

| | commentaire(2) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「カメレオンの呪文」「魔王の聖域」「ルーグナ城の秘密」ピアズ・アンソニイ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(2)

魔法の国ザンス特集ページやってますが、やはり、私のベストは第3巻です。
巻を重ねるにつれ、レギュラーメンバーが増えてきて、身動きが取れてこなくなっているような気がします。
とは言え、うちのサイトでは常にザンス普及キャンペーンを張っているので、おなかいっぱいと言わずに・・・

オプトさん、こんにちは!
以前にもブログを拝見させて頂いてたんですが、
サイトの方にザンスの特集があったとは知りませんでした… 迂闊。
特集ページを拝見してるうちに、だんだん続きも読みたくなってきました。
ハンフリーにもなにやら色々とあったようですし!(未読部分なので、ざっとしか拝見してませんが)
またちょっと時間をおいて、続きも読みますねー。
ファンタジー系の書評も沢山あったので(嬉)、また参考にさせていただきます♪

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.