「オデュッセイア」上下 ホメロス

Catégories: / / / /

  [amazon] [amazon]
今回の第27回たらいまわし企画「ウォーターワールドを描く本」で、主催者のねるさんが挙げてらした本。(記事) 本当は呉茂一訳が読みたかったんですが、結局「イリアス」(感想)の時と同じ、松平千秋訳で読みました。...いえ、この方の訳に不満があるわけじゃないですし、むしろとてもいい訳だと思うんですけど、詩の形ではないんですよね。呉茂一訳は、確か叙事詩形式で訳してるはずなので...。(以前読んだのは、この方の訳のはず) でもなかなか見つからないまま、結局手軽に入手できるこちらを買ってしまいました。

トロイア戦争で10年、その後10年漂流と、20年もの間故郷のイタケを留守にすることになってしまった、アカイアの英雄・オデュッセウスの物語。もうすぐ故郷に帰れそうなところから話が始まるのが、トロイア戦争末期を描いた「イリアス」と共通点。アカイア人たちはそれぞれに苦労して帰国することになるんですけど、ポセイドンの怒りを買ってしまったオデュッセウスの苦労は並大抵のものじゃありません。一方、故郷の屋敷では、オデュッセウスは既に死んだものと思われていて、奥さんのペネロペイアには沢山の求婚者が言い寄ってます。

「イリアス」も良かったんですが、やっぱり戦争物の「イリアス」よりも、こちらの方が楽しく読めますね~。登場人物も「イリアス」ほど多くなくて、把握しやすいですし。それに「イリアス」では人間だけでなく神々も大騒ぎで、それがまた面白いところなんですが、こちらで全編通して登場するのはアテネぐらい。そのせいか、物語としてすっきりしてます。
序盤では、オデュッセウスがポセイドンの激しい怒りを買ったということしか分からず、その原因が何だったのかは中盤まで明らかにされないので、徐々に徐々に... って感じなんですが、イリオスを出帆してからのことが一気に語られる中盤以降、俄然面白くなります。そして後半のクライマックスへ。構成的にもこちらの方が洗練されてるのかも。それにしても、30世紀も昔の話を今読んで面白いと感じられるのがすごいですよね。細かいところでは、今ではあり得ない部分なんかもあるんですが、やっぱり大きく普遍的なんでしょうね。そしてこの作品こそが、その後の冒険譚(特に航海物)の基本なんですねー。
「風の谷のナウシカ」のナウシカという名前が、この作品に登場する王女の名前から取られてるのは有名ですが、魔女キルケの食べ物によって豚にされてしまう部下のエピソードなんかも、「千と千尋の神隠し」のアレですね。ジブリの作品って、ほんと色んなところからモチーフをがきてますね。「千と千尋の神隠し」にしても、これ以外にも「霧のむこうの不思議な町」「クラバート」の影響が見られるわけで。

この「オデュッセイア」の中に、遙かなる世界の果て「エリュシオンの野」というのが出てきます。「雪はなく激しい嵐も吹かず雨も降らぬ。外洋(オケアノス)は人間に爽やかな涼気を恵むべく、高らかに鳴りつつ吹きわたる西風(ゼビュロス)の息吹を送ってくる」場所。神々に愛された者が死後住むとされた楽園。至福者の島(マカロン・ネソス)。明らかに、海の彼方の楽園伝説の元の1つと言える概念。でも私の持っているアポロドーロスの「ギリシャ神話」には、「オデュッセイア」紹介ページにしか、エリュシオンの野の記述がないんです。これってホメロスの想像した場所なのでしょうか。それともやはり以前からあった概念なんでしょうか? これより後の時代に書かれたウェルギリウスの「アエネーイス」では、このエリュシオンの野は確か地の底にあるんですよね。まだまだ謎だらけです。(岩波文庫)


+既読のホメロス名義作品の感想+
「イリアス」上下 ホメロス
「四つのギリシャ神話 『ホメーロス讃歌』より」
「オデュッセイア」上下 ホメロス
「ホメーロスの諸神讃歌」ホメーロス

| | commentaire(6) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「オデュッセイア」上下 ホメロス へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

Commentaires(6)

四季さん、こんにちは。読みました~。
ふふ、四季さんはイリアスよりオデュッセウスの方がお好きなんですね。
四季さんの感想には色々な情報や考察が含まれていてとても勉強になります。僕のあほみたいな感想とは大違いで驚きました。うむむ、読み手によって本から受け取るものがこんなにも違ってくるのですね~。
ナウシカでてきましたね。そっかあ、ハヤオは色々とパク(自粛)
宮崎駿大好き。いえ、ほんとに(笑)。
ところで、ギリシアの神話、英雄譚というのは、それぞれの独立した作品全体を合わせてひとつの世界観を作り上げているのでしょうか。イリアスを読んだ時に「え、木馬出てこないの?」とちょっと驚いた記憶があります。

わあ、早速読まれたんですねー!
あ、kyokyomさんは「イリアス」の方がお好きでしたか。
そっか、私が元々あまり戦争物が得意じゃないというのも関係あるのかも。
えっ、私の感想は「楽しかったわ~面白かったわ~」ばかりで、全然深みも何もあったものじゃないんですよぅ。
でも確かに人によって感じる部分は違いますよね。だから他の方の感想を拝見するのが面白いわけで♪
kyokyomさんの感想も、のちほどゆっくりと拝見しに伺いますね(^^)。(あほみたいな、だなんてとんでもないです!)
あ、そうそう、ハヤオは色々と。(笑)
いや、モチーフを取ってきても、独自の世界を作り上げていれば、ですよね。
逆に特定の原作を使わない方が、体質的に向いてるんじゃないかなあ…

そうなんですよね、木馬、出てこないですよね。
物語形式のギリシャ神話の本だと、「イリアス」と「オデュッセイア」の間隙もきちんと縫ってるから
私も最初に読んだ時、「えっ、これだけ?」ってびっくりしちゃいました。
ちなみに「イリアス」「オデュッセイア」を含めた8編の叙事詩が「叙事詩の環」となっていて
壮大なトロイア物語を構成してるそうですが…
その他にもギリシャ悲劇とか色々なところで書かれてるから、世界がどんどん繋がって広がるんでしょうね。

ローマ時代の詩人の作品にも、間を描いた作品がありましたよ。
「ヘレネー誘拐・トロイア落城」(コルートス他)とか「トロイア戦記」(クイントゥス)とか。
訳はあまり好きじゃないけど、好奇心は満たされます。(笑)

四季さん、kyokyomさんとも、もう読まれちゃったんですね。
一緒に読みましょうね♪ってお約束だったのにーー(涙)。
私がトロイだけか。・・・トロイや、トロイア(壊れ気味)。
いや、夫にこれから「オデュッセイア」を読むのだ!と宣言したら
「イリアス」から読まなきゃとか、その版(詩のやつ)は難しいだろうから
ダイジェスト版探してあげるよ(子ども用ってことかい?)とか
茶々入れられまして、まだ1ページしか読んでません(^^ゞ。
>オデュッセイアがその後の冒険譚(特に航海物)の基本
うんうん、やっぱりそうなんでしょうねえ。
こんな冒険を語り部の口から聞く人々は、どんなにワクワクしたことか。
まだ何も読んでない私が言うのもなんですが、この後はウェルギリウスですね。

あ、ねるさん、こんにちは~。
>私がトロイだけか。・・・トロイや、トロイア(壊れ気味)。
ぶふっ。お、面白すぎます。楽しくて一日の疲れがとれました(笑)

四季さん、こんにちは~。
書き忘てれたことが。ボケててすみません。
>呉茂一訳は、確か叙事詩形式で訳してるはずなので…
これ、とても興味があります。
以前、ギリシア悲劇集という本を読みました。各作品を色々な人が訳していました。で、その中の呉訳を読んだら、これが読みにくいのなんのって。とにかく読み進めるのにとても苦労した思い出があります。でもこの人の訳が嫌いかというと、全くそんなことはなくて一番読みにくかったのに、一番印象に残る訳でした。

あ、それと『失楽園』なのですが、僕も岩波文庫で読みました。あれは、詩訳なのでしょうか。同じ岩波文庫でも『ベーオウルフ』(挫折中)の方が詩のような雰囲気があったように思えました。
でもどの翻訳で読むかってむずかしいですね。文章から漂う味わいまで追求してしまうと、最終的には原書で読めば?という話になりかねないような気もするし・・・。という言い方は、極端ですね。やはり、名訳というものはあるような気がします。四季さんはどなたか信頼されている翻訳家の方っておありですか?
僕は米文学だと、村上春樹と柴田センセが好きなのですが。

>ねるさん
きゃーっ、ねるさん、可愛い!!>トロイや、トロイア
って、すみません、とっとと読んでしまいまして…(ぺこぺこ)
あ、別に「イリアス」から読まなくてもいいと思いますよ。
お話はもちろんご存知でしょうし、特に繋がる話というわけでもないですし。
それに、せっかく読むのにダイジェスト版というのも勿体ないような…
あらすじも何も知らない話ならともかく!
読めるものなら、私がイタリア語版を読みたいぐらいですよぅ。(絶対無理だけど…)
ほんと、こんな物語を歌ってもらえた昔の人たちは羨ましいです~。

>この後はウェルギリウスですね。
そうなんですよね、ウェルギリウス、読みたいです。
岩波文庫で欲しいんですが、今は絶版中らしくって…
図書館で借りちゃおうかなあ。でもせっかくなら本が欲しいし、と迷い中なんです。
あと、「ユリシーズ」も読んでみたいんですよね。
overQさんによると、とんでもなく下品な作品だそうなので(笑)
本当に読み通せるのか、そこはかとない不安もあるんですが…。

>kyokyomさん
私も以前読んだのがどの訳者さんのだったのか覚えてなかったんですが
先日「イリアス」を読んだ時に教えていただいたんです。
http://usagiya.hontsuna.net/article/1736572.html
あ、「ギリシア悲劇集」、「メデイア」が入っていたという本ですね!
呉訳、読みにくかったですかー。でも印象は悪くなかったんですね。
私が最近読んでる「ギリシア悲劇」も、色んな方が訳してらっしゃる本なんですよ。
本は違っていても、案外同じ訳を読んでるのかもしれないですね。(笑)
松平千秋さんの訳に比べると、呉さんの訳は案外砕けてる部分もあって面白いなという印象でした。
松平さんの方が、きっちりとした文語調って感じがします。この方の訳も好きなんですけどね~。

「失楽園」は、岩波文庫だったんですね。じゃあ一緒ですね。
叙事詩の場合、抒情詩とは違って散文に近いので、ちょっとした訳し方で、詩に感じられなくなっちゃうんですね。
原文で読まないと、韻なんかが全部消えてしまいますし。
名訳は絶対あると思いますが、韻がある文章はやっぱり原文で読んでみたくなっちゃいます。

信頼する翻訳家さんですか。
ケストナーなら高橋健二さん、ローレンス・ブロックは田口俊樹さん。
と、作家別の拘りもたまーにあったりするんですけど…
あ、子供の頃読んでた本は、神宮輝夫さんや瀬田貞二さんがやけに多かったです。
このお2人だと、作品そのものが面白いと約束されてるような気がしてました。(笑)
でも最近まで翻訳家さんに関してはあまり意識してなかったので、詳しくないんです。
と言いつつ、柴田元幸さんはいいですねー。
村上春樹さんの訳本は実は読んだことないんですが、あの文章なら読みやすそうですね。
須賀敦子さんや矢川澄子さんの訳は、日本語が綺麗だなと思います。
あと、ファンタジー系だと、浅羽莢子さんが好きなんですが、そのぐらいかな?
それからエッセイがすごく好みだったので今度翻訳を読んでみたい… という逆パターンもあります。(笑)
これは青山南さんですね。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.