「赤い指」東野圭吾

Catégories: /

 [amazon]
世話になった伯父の隆正に憧れて、警察の仕事を選んだ松宮は、現在は警視庁捜査一課の刑事。練馬の少女死体遺棄事件で練馬署の加賀恭一郎と組むことになります。加賀は隆正の息子。しかし胆嚢と肝臓が癌に冒されて余命いくばくもない隆正の病室に、加賀は近づこうともしないのです。割り切れない思いを抱えながらも、一緒に聞き込みを始める松宮。一方、少女を殺したのは14歳の直巳。パートを終えて家に帰ってきた母親の八重子は、リビングに死体があるのを見て驚き、直巳の将来のことを考えて、夫の昭夫と共に直巳を守ろうと決意を固めるのですが...。

加賀恭一郎物です。ミステリ作品ですが、単に事件を解けばいいというだけのミステリではありませんでした。嫁姑問題や老人介護問題、家族の絆など、家族や家の問題が織り込まれてます。馬鹿親子には、ほんと嫌な思いをさせられますが、事件の解決が、加賀に対する松宮の心情的なわだかまりの解決と見事に重なっているところがいいですねー。加賀も、「刑事というのは、真相を解明すればいいというものではない。いつ解明するか、どのようにして解明するか、ということも大切なんだ」という言葉通りの解決をしてくれますし。
ただ、重いテーマを扱いながらもとても読みやすいんですが、それだけに本当はもっと深いところまで書きたかったのではないかという気も...。270ページというのは、短すぎたのでは? もう少しじっくり書いて欲しかったな。

それにしても、海外物(特に古典)を続けて読んでいて、ふと日本の現代物に戻ると、なんて読みやすい! ほんと毎回のようにびっくりします。海外物の場合、カタカナの固有名詞を覚えるのが大変だし、特にギリシャとかインドとか、固有名詞をきっちり押さえておかないと、すぐワケが分からなくなっちゃうので、食い入るように読むというせいも大きいのですが... 東野さんの作品は元々読みやすいから尚更なんでしょうけどねー。(講談社)


+シリーズ既刊の感想+
「卒業」「眠りの森」「どちらかが彼女を殺した」「悪意」「私が彼を殺した」「嘘をもうひとつだけ」......ブログには感想がないので、よろしければLivreへどうぞ
「赤い指」東野圭吾

+既読の東野圭吾作品の感想+
「ちゃれんじ?」東野圭吾
「さまよう刃」東野圭吾
「黒笑小説」東野圭吾
「容疑者Xの献身」東野圭吾
「さいえんす?」東野圭吾
「夢はトリノをかけめぐる」東野圭吾
「たぶん最後の御挨拶」東野圭吾
Livreに、これ以前の全作品の感想があります)

| | commentaire(2) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「赤い指」東野圭吾 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

赤い指講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『赤い指』を紹介します。本書は、現代の家庭問題、認知症、引きこもり、嫁姑問題、いじめ問題などを扱った社会... » Lire la suite

Commentaires(2)

四季さん、こんにちは^^
久々の加賀恭一郎シリーズでしたね。
結構期待して読んだんですけど
すっごい後味の悪さにビックリしました。
例の親子にうんざりした作品でしたが
現代なら本当にこういう親がいそうで怖いですね。
最後の加賀親子のエピソードで
ちょっと救われた気分になりました。

かなめさん、こんにちは!
最近の東野さん、後味が悪い作品が多いですよね。「殺人の門」辺りからでしょうかねえ?
あの親子、怖いです。きっと、一歩間違えたという自覚もないままに、あんな風になっちゃうんでしょうね。

でも、1つ前の加賀シリーズの「嘘をもうひとつだけ」では、加賀がクールすぎて
なんだか人間というより、だんだん推理ロボットみたいになってきたなあ、と思っていたので(笑)
今回のあの親子のエピソードが尚更効いたような気がしました(^^)。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.