「図書館戦争」「図書館内乱」有川浩

Catégories: /

  [amazon] [amazon]
昭和最終年度に成立・施行された、公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる法律「メディア良化法」。それに対抗して、既存の「図書館の自由に関する宣言」から発展して成立された「図書館の自由法」。そして、それから30年が経過した近未来の日本が舞台。
現在メディア良化委員会に法的に対抗できるのは、唯一図書館のみであり、良化委員会のエスカレートする検閲に対抗するために、図書館も防衛力をアップ。全国の主要な公共図書館は警備隊を持つに至っていました。防衛員配属を第一志望として図書館に採用された笠原郁は、女性ながらも持って生まれた運動神経と陸上部で培った基礎体力で、厳しい新入隊員訓練を乗り切り、エリートと言われる図書館特殊部隊に特殊防衛員として配属されることに。

有川さんの作品は以前「海の底」を読んだだけなんですが、いや、相変わらずなんですね。雰囲気全然変わってないじゃん... というか、そのまんま! やっぱり怪獣特撮映画系の方なのでしょうか。図書館の話なのに、いきなり軍事訓練からなんか始まってびっくり。そしてこの作品が、「図書館の自由に関する宣言」から出来たと知って、さらにびっくり。ある日、図書館に掲げられているこの宣言に気づいて、見ているうちに興味が湧いて、調べ始めたのだそうです。そうそう、「図書館の自由に関する宣言」だの中小レポートだの、私も司書資格を取る時に勉強したよー!

もちろんここに描かれている設定は、現実にはあり得ないですよね。一体なんで、こんな武力行使になっちゃったんですか。良化特務機関と図書館が早くから火器を導入していたなんて。さらにはこの両団体の戦闘に関しては超法規的措置がとられていて、人がどんどん死んでも関知されないなんて!
しかも、ここまで言論統制が行われているような世の中なのに、人々の生活自体は今とほとんど変わりないんです。「検閲」「焚書」なんていうと、思想弾圧に直結しているイメージなんですが、全体的にはみんな相変わらずのほほんとしていて、政治には無関心。平和な暮らしのごく一部分的にだけ、まるで戦時下のような状態があって、でもその状態にもすっかり慣れてしまった... というアンバランスさが何とも怖いです。...作品の中に登場する「本を焼く国ではいずれ人を焼く」という言葉は、元はハイネの言葉でしたっけ。

「図書館戦争」はバトル物。ゴレンジャーのノリ。とっても予想しやすい展開なんですけど、楽しいです。ただ、図書館の話なのに図書館での普通の仕事の場面はほとんどないし、主人公以外の登場人物たちの本への思いも全然伝わってこないんですよね。それが残念... と思っていたら、そういうのは続編の「図書館内乱」に描かれていました。こちらはシリーズ化が決定したせいもあってか、キャラ萌え方向に徹していて、さらにラブコメ。現実的なバトルの代わりに、丁々発止の心理戦。ここまで「売れる小説」に徹しているというのも凄いですね。でも、図書館的にはタイムリーな、新聞・雑誌の閲覧制限問題なんかもちゃんと織り込まれていました。
色々と印象的なシーンはあったんですが、その中で私が一番反応してしまったのは、郁の両親が娘の働いてる姿を図書館に見に来ることになって、実は戦闘部署だなんて言えないままだった郁が、シフトを変更してもらって図書館の通常業務をする場面。郁の父親が、なんと郁とその同期の男の子(超優等生)と上司にそれぞれレファレンスを申し込んで、3人の能力を比べる場面があるんです。こんなこと普通する? 自分の親にこんなことされたら...!(と、ついつい郁の身になってしまう私)
そして「図書館内乱」の中に登場していた、「レインツリーの国」という作品も有川さんが書かれて、今月末に新潮社から発売になるそうです。こっちは恋愛小説みたい。さすがにこちらは、今までの有川さんと、全然雰囲気が違うのでしょうか。(メディアワークス)

ちなみに「図書館の自由に関する宣言」とは、以下の通りです。

一、図書館は資料収集の自由を有する
二、図書館は資料提供の自由を有する
三、図書館は利用者の秘密を守る
四、図書館はすべての検閲に反対する
図書館の自由が侵されるとき、われわれは団結して、あくまで自由を守る。


+既読の有川浩作品の感想+
「海の底」有川浩
「図書館戦争」「図書館内乱」有川浩
「阪急電車」有川浩

| | commentaire(2) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「図書館戦争」「図書館内乱」有川浩 へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

図書館戦争posted with 簡単リンクくん at 2006. 8.31有川 浩著 / 徒花 スクモイラストメディアワークス (2006.3)通常24時間以... » Lire la suite

Commentaires(2)

こんにちは。
私は「図書館戦争」しか読んでいませんが、かなり楽しんで読みました。
もし現実に図書館があんなだったら自分はもう死んでいるでしょう・・・超運動音痴なんで・・・。

娯楽小説としてとてもよかったです。内乱のほうは読もうか読むまいか思案中。
続き物は苦手でつ・・・。

moji茶さん、こんにちは~。
この本が読みたいと思ったのは、実はmoji茶さんが面白いって仰ってたからなんですよ。
なんてったって、図書館を舞台にした話ですからね♪
でもこんな状態の図書館に勤めてるなんて、ほんと命がいくつあっても足りませんよね…
利用者さんたちは、図書館に行くのが怖くないのかな?(私だったら近づけなくなりそうですよぅ)

「内乱」も面白かったですよ~。
続き物ですけど、そんなに後を引かないところで終わっていて、「ここで終わりだなんてそんな殺生な!」より
「ほおほお、次も楽しみねっ」って感じなので、単発感覚で読めるんじゃないかと思います(^^)。

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.