「妖精物語の国へ」「妖精物語について」J.R.R.トールキン

Catégories: /

  [amazon] [amazon]
井辻朱美さんのファンタジー論に引き合いに出されていた、「指輪物語」のJ.R.R.トールキンの妖精物語論。2冊並んでますが、基本的に同じ本です。どちらにもまず妖精物語についての文章があって、C.S.ルイスに宛てた詩「神話を創る」(「妖精物語について」では「神話の創造」という題名)が。そして、「妖精物語の国へ」には「ビュルフトエルムの息子ビュルフトノスの帰還」が、「妖精物語について」には「ニグルの木の葉」が収められています。

なぜ同じような本を2冊読んだかといえば、メインの「妖精物語について」を読んでいても、ちっとも頭の中に入って来なかったから(^^;。
この2冊は訳者さんが違うのです。「妖精物語の国へ」は杉山洋子さん、「妖精物語について」は猪熊葉子さん。最初杉山訳を2回読んでもピンと来なくて、違う訳の本も読めば、きっと頭の中で内容を補い合ってくれるだろうと思って猪熊訳を読んだんですが、訳文はどうも一長一短、結局猪熊訳も2回読み、最後には2冊並べて読み比べてしまいました...。まあ、それだけ読み返した甲斐があって、ようやく頭に入ったんですが。(そこまでしなくちゃ入ってこない頭ってば)

やっぱりメインは「妖精物語について」でしょう。字が読めるようになって以来、妖精物語を愛してきたというトールキン。妖精物語を「子供っぽくてばかげている」「子供用の話だ」と一段低く見ようとする動きに対して繰り広げている、一種の擁護論ですね。妖精物語とは何なのか、その起源と効用とは何なのか、考察しています。これが発表されたのは、「ホビットの冒険」を刊行後、「指輪物語」を書いてる途中、でも壁にぶつかってる最中だったようで、なんだかムキになってるなあ、なんて感じる部分も。(笑)
特に印象に残ったのは、ファンタジーは本来文学に向いているという辺り。例えば絵画の場合だと、心に描いた不思議なイメージを視覚的に表現するのは簡単すぎるので、逆にばかげた作品や病的な作品が出来やすい。これが演劇になると、元々舞台上に「擬似魔術的な第二世界」を作り上げているので、「さらにファンタジーや魔術を持ち込むのは、まるでその内部にもうひとつ、第三の世界を作るようなもの」という理由で相性が悪い。その点、ファンタジーは、言葉で語られるのに向いているという話。映画についても書いてあれば良かったのに。でも、ディズニーは大嫌いだったようですが、映画化についてはやぶさかでなかったようですね。

お2人の訳はかなり違っていて、例えば神話や妖精物語を嘘だと言ったC.S.ルイスの言葉は、杉山訳は「銀の笛で嘘を奏でる」、猪熊訳は「銀(しろがね)のように美しいが嘘だ」。個人的には、日本語として硬すぎるように感じられる部分は多いものの、猪熊訳の方が好みです。(でもやっぱり硬いんだよね...)(ちくま文庫・評論社)


+既読のJ.R.R.トールキン作品の感想+
「農夫ジャイルズの冒険 トールキン小品集」J.R.R.トールキン
「妖精物語の国へ」「妖精物語について」J.R.R.トールキン
「シルマリルの物語」上下 J.R.R.トールキン
「ビルボの別れの歌」「指輪物語『中つ国』のうた」J.R.R.トールキン
「ブリスさん」「サンタ・クロースからの手紙」J.R.R.トールキン
「仔犬のローヴァーの冒険」J.R.R.トールキン
「ホビットの冒険」上下 J.R.R.トールキン
「指輪物語」J.R.R.トールキン
「サー・ガウェインと緑の騎士」J.R.R.トールキン
「終わらざりし物語」上下 J.R.R.トールキン

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「妖精物語の国へ」「妖精物語について」J.R.R.トールキン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.