「ビルボの別れの歌」「指輪物語『中つ国』のうた」J.R.R.トールキン

Catégories: /

  [amazon] [amazon]
「ビルボの別れの歌」は、トールキン生誕100年記念出版の絵本。エルフたちと共に中つ国から船で旅立ったビルボが、その旅立ちの直前に書いたという詩が、ポーリン・ベインズのフルカラーの挿画と共に美しい絵本となりました。「指輪物語『中つ国』のうた」は、「指輪物語」の中に存在する、美しかったり切なかったり楽しかったりする様々な歌を抜き出した本。こちらはアラン・リー挿画。

まず「ビルボの別れの歌」ですが、それぞれのページに、ビルボの詩と指輪物語の最後の旅立ちの場面、そしてページの下には「ホビットの冒険」の場面も描かれて、とても綺麗な絵本です。でも私にとってポーリン・ベインズの絵といえば、絶対にナルニアシリーズなんですよね...! 子供の頃からお馴染みなだけに、どの絵を見ていてもナルニアの場面のように思えて仕方がなかったです。馬に乗るエルフたちの姿は、ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシィたちのようだし、戦いの場面は白い魔女との戦い... というよりむしろ彼らがカスピアン王子や物言う動物たちと共に戦った時かな。そして船は朝びらき丸! それでもトールキンとは長い付き合いだったというポーリン・ベインズなので、その絵にはトールキン自身から聞いたことが色々と描きこまれているそうで、巻末にある各イラストの詳細な説明がとても面白かったです。
そして「指輪物語『中つ国』のうた」は、先日「シルマリルの物語」を読んだ時に(感想)、もう一度「指輪物語」を再読したい、特に歌の部分を重点的に読みたいと思っていた私にとっては、なんてぴったりな本! と思ったんですが... 確かに様々な歌とその歌が歌われた状況を読んでいるだけで、まるで本編をもう一度読んでいるような気分になるんですけど、でもやっぱりこういった歌は本編の中にあってこそでした。やっぱりちゃんと再読しなくちゃいけないな。...本当は「指輪物語」だけを再読するつもりだったんですが、「ビルボの別れの歌」に「ホビットの冒険」の場面の絵があるのを見てたら、こちらから読みたくなってきました。積読本消化のためにも、本当は今はあまり再読したくないんだけど... どうやら我慢できそうにないです。時間の問題。(笑)(岩波書店・評論社)


+既読のJ.R.R.トールキン作品の感想+
「農夫ジャイルズの冒険 トールキン小品集」J.R.R.トールキン
「妖精物語の国へ」「妖精物語について」J.R.R.トールキン
「シルマリルの物語」上下 J.R.R.トールキン
「ビルボの別れの歌」「指輪物語『中つ国』のうた」J.R.R.トールキン
「ブリスさん」「サンタ・クロースからの手紙」J.R.R.トールキン
「仔犬のローヴァーの冒険」J.R.R.トールキン
「ホビットの冒険」上下 J.R.R.トールキン
「指輪物語」J.R.R.トールキン
「サー・ガウェインと緑の騎士」J.R.R.トールキン
「終わらざりし物語」上下 J.R.R.トールキン

+既読の指輪物語関連作品の感想+
「トールキン神話の世界」赤井敏夫
「トールキンによる『指輪物語』の図像世界」W.G.ハモンド/C.スカル
「トールキン指輪物語事典」デヴィッド・デイ
「図説 トールキンの指輪物語世界 神話からファンタジーへ」デイヴィッド・デイ

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「ビルボの別れの歌」「指輪物語『中つ国』のうた」J.R.R.トールキン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.