「指輪物語」J.R.R.トールキン

Catégories: / / /

  [amazon] [amazon]
えへへー、指輪物語を再読してしまいました。
先日「ホビットの冒険」を読んだ後、他の本読みつつ、ちまちまと読み進めてたんです。ええと、前回読んだのが2002年なので、4年ぶりということになりますね。(サイトに記録があると、こういう時にほんと便利) 小学生の時に初めて読んで以来、これで何度目の再読になるのかは分からないぐらい読んでるんですが、この本は何度読んでも、いつも幸せな気分になります。もうほんと大好き。好きすぎて、感想を書きたくないぐらい。とは言っても、結局普通に読むだけで、マニアにはなれないんですが。(笑)
あ、箱のセットは「全9巻」になってますけど、10冊目の追補編も必読です。ここまで読んで「指輪物語」は完結。てか、私が最初に買った旧版の文庫は全6冊で、追補編まで全部入ってたので、どうしても抜かしたくないんですよね。...新版は全10冊、旧版は全6冊。差がありすぎるようにも思えますが、訳がどうこういう以前に、字の大きさや紙の厚みが全然違うので。それはもう笑ってしまうほど。
近いうちに、ロード・オブ・ザ・リングのDVDをまた見ようっと。そして「終わらざりし物語」を読もうっと。でも「終わらざりし物語」はハードカバーだから、持ち歩きできないのがツラいなあ。(評論社)


+既読のJ.R.R.トールキン作品の感想+
「農夫ジャイルズの冒険 トールキン小品集」J.R.R.トールキン
「妖精物語の国へ」「妖精物語について」J.R.R.トールキン
「シルマリルの物語」上下 J.R.R.トールキン
「ビルボの別れの歌」「指輪物語『中つ国』のうた」J.R.R.トールキン
「ブリスさん」「サンタ・クロースからの手紙」J.R.R.トールキン
「仔犬のローヴァーの冒険」J.R.R.トールキン
「ホビットの冒険」上下 J.R.R.トールキン
「指輪物語」J.R.R.トールキン
「サー・ガウェインと緑の騎士」J.R.R.トールキン
「終わらざりし物語」上下 J.R.R.トールキン

+既読の指輪物語関連作品の感想+
「トールキン神話の世界」赤井敏夫
「トールキンによる『指輪物語』の図像世界」W.G.ハモンド/C.スカル
「トールキン指輪物語事典」デヴィッド・デイ
「図説 トールキンの指輪物語世界 神話からファンタジーへ」デイヴィッド・デイ

| | commentaire(6) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「指輪物語」J.R.R.トールキン へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

J.R.R. トールキン, J.R.R. Tolkien, 瀬田 貞二, 田中 明子 新版 指輪物語〈1〉/旅の仲間〈上〉  映画「ロード・オブ... » Lire la suite

Commentaires(6)

す、すごいなあ。こんな長大な物語を再読されたんですねー。僕はかつて一巻で挫折しましたが、四季さんの文章に触れて読みたくなりました。
やはり、本は映画とはまた違う面白さなのでしょうね。

kyokyomさん、こんにちは~。
あ、1巻で挫折ですかー。でも分かります。
私はもう慣れちゃいましたが、最初の方ってほんと読みにくいですものね。
でも、前日譚の「ホビットの冒険」を読んでると、読みやすくなるし…
挫折したのは映画を観る前ですか?
映画を観てから読んで、ようやく読めたという人も多いですよね。

映画の出来は凄いと思いますが、私はやっぱり映画より本です。
映画は、あまりに無駄なく作られすぎてるので…。
本の中を流れる、あのゆったりした時間が好きなんです。

いつ読むのかなぁ…と思っていたら、もう読み終わっていたとは!!
さすがに早いですねぇ。

この本をはじめて読んだのは中学のときで(もちろん6冊版)、本を読む習慣がなかったので、ホビット達が旅に出るまでが苦痛で苦痛で仕方がなかったんですよ。なんでこんな余計なこと(ホビットやエルフの説明など)をつらつらと書いてるんだ、早く旅に出ろ、と(^^;。当時の私はゲームや他のファンタージのおかげでホビットやエルフに対する知識をもっていたからなんですが、それもトールキンが作ってくれていたおかげなんですよねー(笑)

でも、大人になってからは序盤の説明すら簡単に読めるようになりましたよ♪
再読したいけど、まだシルマリルが届きません…(泣)

えへへへへー。
今回は作中の歌とか、過去の伝説を重点的に読んでみました♪

本を読む習慣がなかったのに、読み通せたなんて凄いですね!
毎日のように本を読んでた私にとっても、初読当時、序盤は相当の難物でしたよー。
「ホビットの冒険」なんて作品があるのも、その頃は知らなかったですしね。
知ってたら、そちらを先に読んだと思うんだけど。
あ、エルフだのホビットだのは、まだ全然知らなかったです。この作品が初めてでした。
だから尚更「ホビットって何よ」状態。「ドワーフでいいじゃん」とか。(笑)

あら、「シルマリル」まだなんですね。遅いなあ。早く届くといいですねえ。
こちらを読んだら、ますます再読したくなっちゃうかも♪
という私も、「終わらざりし物語」を借りてこなくては~。

四季さんの『指輪物語』シリーズを見て、はじめてこの大作に挑戦しました。
大学の頃、研究室の先生に「こわいぞ~」と脅されていたのでびくびくしてましたが(^-^)

トールキンっていろいろ書いてるんですね。そちらの方もぜひ読んでみたくなりました。

sayanoさん、こんにちは! わあ、読み始められたんですね。
でも「こわいぞ~」? あれれ、怖いですか…?(笑)

「指輪物語」を読んで気に入られたら、ぜひ「ホビットの冒険」をどうぞ♪
ここから全てが始まってます。
そして、もしこの世界を突き詰めたくなったら、「シルマリルの物語」「終わらざりし物語」ですね。
(でもこちらの2冊は、「中つ国にハマった」という自覚があるファン向けです)

トールキンは絵も素敵なので、「サンタ・クロースからの手紙」という絵本もいいですよん。^^

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.