「石の花」バジョーフ

Catégories: / / / / /

[amazon]
ウラル地方の民話をバジョーフがまとめたもの。表題作「石の花」はプロコフィエフの作曲でバレエにもなっていて有名ですね。私が知ったのも、バレエの方が先でした。でもバレエでは、「山の女王の愛を拒んだため石像に変えられた細工師ダニーロが、許婚カテリーナの深い愛情によって救い出される」という話で、山の女王が悪者になってたと思うんですが、元の話はちょっと違います。石の細工に取り付かれてたダニーロが、山の女王に諭されても聞く耳を持たず、頼み込んで石の花を見せてもらうんですもん。見たら許婚の元に帰れなくなるって知ってたのに。

全部で8編入ってて、どれもおじいさんが昔話を語るという形式。基本的にロシアの銅山での労働者たちの話です。銅や石を掘ったり、石に細工をしたり。彼らの生活はとても苦しいのだけど、山の情景がとても幻想的で素敵だし、作っている細工物は本当に見てみたくなってしまいます。ここで登場する「石」とは、基本的に孔雀石(マラカイト)。不透明の緑色で、縞模様が孔雀の羽を思わせることから、日本では孔雀石と呼ばれる石。古くから岩絵の具や化粧品の原料に使われてきていて、クレオパトラもこのアイシャドーを使ってたという話もあったりします。私自身は、孔雀石ってあまり好きじゃないんですけどね... でも、そのあまり好きじゃないはずの孔雀石が、この作品ではもう本当に素敵なんです。逆に、この本で孔雀石に興味を持った人が、実物を見て「イメージと違ーう!」と思うケースは多いかも...(^^;。

8編中最初の5編には一貫して山の女王が登場するし、人間側も徐々に世代交代して連作短編集みたい。後の3編は少し雰囲気が違うこともあって、私は最初の5編が好きです。山の女王がまたいい人なんですよ。「石の花」のダニーロに対しても、許婚がいるのに石の花なんて見たがってはダメだと言い聞かせてるし、気に入った人間にはその子・孫の代まで色々と世話をやいてあげてますしね。(悪戯好きな部分はなきにしもあらずですが...) ただ、山の女王の世界を人間が一度垣間見てしまうと、人間の世界には存在し得ない美しさにみんな取り付かれてしまうんですね。(岩波少年文庫)

| | commentaire(4) | trackback(1)

Trackbacks(1)

「石の花」バジョーフ へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

» 昔話

Commentaires(4)

うわ~これ、読んでみたいです。
プロコフィエルの石の花もみたことがあるのですが。
こんな原作があったのですね。
小学生の自由研究で、石を集めて提出したことあります。
また、持っていてよい石と悪い石があるようにも感じます。
こちら、岩波少年文庫ということは、子供向けなのでしょうか。
でも、興味深いので、探してみます。

子供の頃、持っていました、この本!
・・・どこにいったんだろう。
細工師に置いて行かれた許婚の娘のところに、削るだけで絵が浮き出る孔雀石が女王から贈られるというような、そんな冷たいのか温かいのか判らない石の女王のエピソードが色々あったような気がします。
石の花(朝顔みたいなの?)とか、石の木の実(すぐり?)とか、ものすごいのを想像してたんですけど、孔雀石って、そんなに期待はずれなんですか?

>picoさん
バレエ、ご覧になったことあるのですね~。
そうそう、原作があるんです。話はちょっと違うんですけどね。
まあ、違うといえば、くるみ割り人形だって原作とは全然違いますものね。
残念ながら、岩波少年文庫版は今は絶版になってしまってるんですが
図書館にならきっとあると思います。他の版も色々あったようですし。
(全部児童書の気配が濃厚です)

自由研究で石を集めるの、楽しそう♪
あ、でも、そうですよね、picoさんは色々感じ取ってしまうんですね。
色んなパワーをダイレクトに受け取ってしまいそう。
私は鈍感なので、あまり良く分からないんですが、
選ぶ時は、何かピピピッとくるものを選ぶようにしています…
って、それが悪いピピピだったらどうしましょう…?(うわーん)

>オプトさん
おお、持ってらっしゃいましたか! それは貴重です!
私は子供の頃に読んだ覚えはあるんですけど、本は持ってなくて…
復刊してくれたら、買いたいんですけどねー。

孔雀石も綺麗なんですけどね。森の緑とも言えそうな緑色で。
でも私が(勝手に)持ってたイメージとは、全然違ってて…。
何かもっと半透明の白色の、水晶のような感じの石を想像していたので
初めてホンモノを見た時はびっくりでした。
(そして記憶を抹殺した私です・爆)

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.