「ホメーロスの諸神讃歌」ホメーロス

Catégories: / / /

 [amazon]
先日岩波文庫の「四つのギリシャ神話-『ホメーロス讃歌』より」というのを読んだんですが(感想)、これはその完訳版。デーメーテール、アポローン、ヘルメース、アフロディーテーはもちろんのこと、ディオニューソス、アレース、アルテミス、ヘーラー、ヘーラクレースなど22の神々への讃歌全33編です。...この本、ホメーロスの著作物のようにも見えるんですが、「イーリアス」「オデュッセイア」のホメーロスその人が書いたのではありません。「ホメーロス風」というだけ。作者も作られた年代もバラバラで、詳しいことは分かっていないようです。

でも、岩波文庫にも収められていた4編以外は、どれも短いんですね。一番短いもので、たったの3行、長くても数ページ程度。そのほとんどはただの描写だったり、祈願的なものだったりで、神話的なエピソードを描いたものではないんです。長大な4編との落差にはびっくり。これを読むと、岩波文庫がその4編しか出さなかったのも分かりますー。...とは言っても、面白くなかったわけではないです。色んな神々の詩を読むのはやっぱり楽しいし、しかもこの本の注釈はとても詳細。アポロドーロスの「ギリシア神話」やヘシオドスの「神統記」、オウィディウスの「変身物語」、ギリシャ悲劇はもちろんのこと、ギルガメシュ叙事詩などの東洋の神話系伝承にまで言及・引用されてるのがすごいのです。各讃歌ごとについている解題も勉強になります。

今回一番楽しく読めたのは、「パーン讃歌」。デュオニュッソスの従者とされながらも、ギリシャ神話ではほとんど名前を見かけることのないパーン神が、ヘルメースの子供だったとは迂闊にも知らなかったので、とても面白かったです。詩全体の雰囲気も陽気で楽しくて、目の前に情景が広がるようでした。(ちくま学芸文庫)


+既読のホメロス名義作品の感想+
「イリアス」上下 ホメロス
「四つのギリシャ神話 『ホメーロス讃歌』より」
「オデュッセイア」上下 ホメロス
「ホメーロスの諸神讃歌」ホメーロス

| | commentaire(0) | trackback(0)

Trackbacks(0)

「ホメーロスの諸神讃歌」ホメーロス へのトラックバック一覧:

URL TrackBack de cette note:

コメントする(要JavaScript)

Note


MAIL FORMBBS

購読する ATOM


Powerd by MovableType4.24-ja
Copyright 2004-2011 四季. All rights reserved.